光コラボのIPoE IPv6対応一覧をご紹介。最もおすすめなのは?

光回線

光回線を契約する際は、IPoE IPv6に対応した光コラボがオススメです。

 

IPoE IPv6は比較的新しい通信規格で、通信速度が速く、光回線のなかでもより快適にインターネットを楽しめるからです。この記事では、なぜ光回線のIPoE IPv6が早いのか、簡単な言葉を用いて仕組みを解説します。

 

記事のなかでは、IPoE IPv6に対応している光コラボ一覧、および、その中でももっともオススメの光コラボについても紹介しているので、どの光回線を契約しようか迷っている人は、ぜひご一読ください。

 

光回線のIPoE IPv6は速い

光回線のIPoE IPv6は、通信速度が速く、安定して利用できます。

 

なぜIPoE IPv6が速いのでしょうか。その理由は、IPoEとIPv6の仕組みに隠されています。

 

この項目では、順を追って、IPoE IPv6について解説します。

 

IP(インターネットプロトコル)とは

IPとはインターネットプロトコルの略で、複数の通信ネットワークを接続し、データを送受信するために定められた規格(=ルール)のことを指します。

 

インターネットは世界規模の巨大なネットワークで構成されており、お互いに通信するためには固有の住所が必要です。『IPアドレス』と呼ばれるものは、ネットワーク上の住所のことを指し、どのネットワークを使っているか、どのコンピューターやルーターを使っているか、などの情報が含まれています。

 

このIPアドレスには、従来のIPv4と、新しいIPv6があります。

 

従来の光回線(IPv4)の概要

今までの光回線は、従来の通信規格であるIPv4を利用し、通信を可能にしていました。Ipv4は1990年代から使われており、割り当て可能なIPアドレスの総数は2の32乗(42億9496万7296個)です。

 

膨大な数のように感じますが、世界規模のネットワークの住所だと考えると、どうでしょうか。近い将来には、この43億弱にのぼるIPv4のアドレスはすべて割り当てられ、不足するだろうと言われています。

 

またIPv4が主流だった時代は、1人のユーザーが複数の機器をインターネットにつなぐ際は、1つのプライベートIPアドレスを各端末に登録して利用していました。

 

パソコンやテレビ、ゲーム機などをインターネットにつなぐ際、設定に苦労した人も多いのではないのでしょうか。

 

以上のようなデメリットを解消したのが、新規格のIPv6です。

 

新規格IPv6の概要

IPv4のIPアドレス不足を解消するために生まれたのが、次世代通信規格のIPv6です。IPv6はIPアドレスのビット数が大幅に増え、割り当て可能なアドレスの総数は3.4×10の38乗となりました。

 

計算すると、340兆の1兆倍の1兆倍(約340澗)にのぼり、事実上尽きることのないアドレス数です。

 

IPv6はアドレス空間が広く余裕があり、かつスマートフォンやパソコンに割り当てられている識別番号を基準に自動で設定されるため、容易に利用開始することができます。

 

IPv4のような難しい初期設定がいらないところも特徴なのですね。またIPv6は、比較的新しい通信規格のため、IPv4ほど利用者が多いわけではありません。広いアドレス空間を少人数で利用するので、IPv4よりも早い通信が可能になるのです。

 

IPoEとは

『IPoE IPv6』の『IPv6』が通信規格を表すことはわかりました。

 

次は『IPoE』について説明します。

 

『IPoE』とはIPv6の誕生とともに普及した新しい通信方式のことを指します。IPoEは従来の通信方式と違い、ルーターやアダプターを介すことなく、直接インターネットに接続できることが特徴です。

 

ルーターやアダプターを通さなくてよいため、インターネットが混雑する時間帯でも、通信速度が遅くなりにくいと言われています。なお新しいIPoEでは、IPv6規格のウェブサイトしか接続できません。

 

IPv4とIPv6(IPoE)では、適用しているルールが異なるためです。しかし現在は「IPv4 over IPv6」という仕組みが使用されていることが多いため、通信規格の違いを気にせずインターネットを利用できるでしょう。

 

従来の接続方式(PPPoE)の概要

PPPoEはIPv4規格で適用されている接続方式です。

 

PPPoEは、インターネットを利用する際、ユーザーIDとパスワードを識別してから接続します。そのためネットワーク終端装置が用いられているのですが、通信量が増加すると、このネットワーク終端装置が混雑してしまう、というデメリットがありました。

 

「夕方になるとインターネットが遅くなる」

「夜は動画が読み込めない」

 

などの問題が起きる理由は、同時にインターネットに接続する人数が増え、ネットワーク終端装置をなかなか通過できないためだったのですね。

 

『IPv6 IPoE』と『IPv4 PPPoE』との違いは、高速道路の料金所をイメージするとわかりやすいでしょう。『IPv6 IPoE』がETC専用レーン、『IPv4 PPPoE』が一般レーンのイメージです。

 

光コラボでIPoE IPv6対応一覧表

 

名称IPoE IPv6提供方式マンション
月額料金
戸建て
月額料金
契約期間
ビッグローブ光V6プラス4,378円5,478円2年・3年
ぷらら光OCNバーチャルコネクト3,960円5,280円なし
So-net光プラスV6プラス4,928円6,138円3年
ソフトバンク光IPv6高速ハイブリッド4,180円5,720円2年
ドコモ光
(ドコモnet)
OCNバーチャルコネクト4,400円5,720円~2年
OCN光OCNバーチャルコネクト3,960円5,610円2年
ニフティ光V6プラス/OCNバーチャルコネクト4,378円5,720円2年・3年
楽天ひかりクロスパス4,180円5,280円3年
@TCOMヒカリV6プラス4,180円5,610円2年

 

上記の表は、IPoE IPv6に対応している代表的な光コラボ回線をまとめたものです。

 

各光コラボについて、簡単に説明します。

 

・ビッグローブ光

 

ビッグローブ光は、BIGLOBE株式会社が提供している光コラボです。

 

スマートフォンとのセット割引や光回線の開通工事費費の無料キャンペーンなどを提供しており、利用者がとくに多いことが特徴です。

 

戸建ての2年契約の場合、基本月額料金は5,478円で、ごく平均的な価格帯です。しかしスマホのセット割は、au、BIGLOBEモバイルに限られており、契約環境によっては実質料金が高くなる傾向にあります。

 

ビッグローブ光 キャンペーン
BIGLOBE提供の光コラボレーションモデル「ビッグローブ光」の当サイト限定キャッシュバックキャンペーン情報

 

・ぷらら光

 

ぷらら光はNTTぷららとコラボした光回線で、ひかりTVとのセット割引が充実しているところが特徴です。2年間戸建てタイプの月額料金は5,280円で、ソフトバンク光やビッグローブ光と比べ少し安い料金設定です。

 

ADSLやISDNからの乗り換え、他社からの乗り換えでキャッシュバックサービスをしており、テレビをよく見る家庭にとってオススメのサービスです。

 

ぷらら光キャンペーン
NTTぷららの光コラボレーションモデル「ぷらら光」の当サイト限定キャンペーン情報。新規・転用・事業者変更の申し込みでお得なキャッシュバック実施中!

 

・So-net光

 

So-net光プラスは、ソニーネットワークコミュニケーションズとコラボした光回線で、割引に力を入れているサービスです。

 

基本月額料金は6,138円で、けっして安いとは言えませんが、キャンペーン適用後の実際の支払い価格は4,000円弱になるケースが多い模様です。

 

So-net 光 プラス
プロバイダ「So-net」提供の光コラボレーションモデル「So-net 光 プラス」月額料金・サービス内容。 当サイト限定キャッシュバックキャンペーンも実施中です!

 

・ソフトバンク光

 

SoftBankとコラボしたソフトバンク光は、もっとも利用者が多く、認知度が高いことが特徴です。大手携帯キャリアが提供しているサービスだけあり、スマホのセット割やキャンペーンが充実しています。

 

SoftBankを利用している人にオススメの光回線ですが、契約時に貸し出されるルーターのクオリティがあまり高くなく、無線通信がイマイチという声が度々あがります。

 

ソフトバンク光キャンペーン
ソフトバンク光の当サイトキャンペーン。新規加入で最大50,000円キャッシュバック!ソフトバンク光の基本契約で50,000円CB、さらに公式キャンペーンで月額料金も大幅割引!

 

 

・ドコモ光

 

ドコモ光も、ソフトバンク光と次いで認知度が高い光コラボです。提供会社は名前からもわかるとおり、NTTドコモです。

 

ドコモキャリアを利用している人は、スマホとのセット割が利用できることと、契約時にプロパイダを選択できることが特徴です。しかしドコモ以外のキャリアスマホを使ってる場合は、ほかの光コラボを利用したほうがお得になる場合があります。

 

・OCN光

 

OCN光はNTTコミュニケーションズとコラボした光回線です。OCN光は、契約プランを2年自動更新型に設定するだけで、毎月1,100円の割引を受けられることが特徴です。

 

2年プランの基本月額料金は5,610円で、最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンや、WiFiルーターのプレゼントキャンペーンなどが充実しています。

 

OCN光 キャンペーン
プロバイダ「OCN」提供の光コラボレーションモデル「OCN 光」の新規加入・転用で最大5,000円のキャッシュバックキャンペーン

 

オススメは利用料金が安くWiFiルーターが無料の「ぷらら光」

上記光コラボのなかでも、とくにオススメなのはぷらら光です。

 

 

ぷらら光はサービスが充実しており実質支払い料金が安く、かつ光回線をWi-Fiとして利用するための対応ルーターが無料で利用できるためです。

 

この項目では、ぷらら光について詳しく解説します。

 

ぷらら光のメリット

ぷらら光を利用する主なメリットは、下記の4点です。

 

・料金が安い

・対応WiFiルーターのレンタル料が無料

・フレッツ光からの転用で工事無料

・契約期間の縛りが無い

 

料金が安い

1つ目のメリットは、料金が安いことです。

 

ぷらら光は、先述の通り、戸建てタイプの料金が5,280円、マンションタイプは3960円と他の光回線より安くなっています。

 

IPoE IPv6の高速通信を利用しながら利用料金を抑えられるので、インターネットを快適に使いたい家族や、在宅ワークの会社員やオンライン授業の子どもがいる家庭にオススメです。

 

WiFiルーターのレンタル料が無料

2つ目のメリットは、IPoE IPv6通信に対応したルーターを無料でレンタルできることです。光回線を快適に利用するためには、無線LAN機能を有したルーターを設置しなければなりません。

 

一口にルーターと言っても、商品によって機能や品質は大きく異なり、低品質のものを使うと、通信が途切れやすくなるなどの弊害があります。

 

ぷらら光でレンタルできるルーターは、高速通信と高いセキュリティ機能がついており、誰でも安心して利用できるため、ぜひ活用してくださいね。

 

フレッツ光からの転用で高額キャッシュバック

3つ目のメリットは、フレッツ光からの転用で工事費が無料で、キャッシュバックも高額なことです。

 

ぷらら光キャンペーン
NTTぷららの光コラボレーションモデル「ぷらら光」の当サイト限定キャンペーン情報。新規・転用・事業者変更の申し込みでお得なキャッシュバック実施中!

 

ぷらら光は、根本的にはフレッツ光と同じ回線を使用しているため、光回線の開通工事が必要ありません。

 

本来光回線の開通工事には10,000~30,000円の工事費用がかかりますが、ぷらら光ならば初期費用がかからないのと、さらに高額キャッシュバックでお得に利用できるでしょう。

 

契約期間の縛りが無い

4つ目のメリットは、契約期間の縛りが無いことです。

 

今回ご紹介した光コラボや他のインターネット回線のほとんどは契約期間が設定されています。契約期間のないプランでは高額になることが多いですが、ぷらら光に関しては人気の光回線の中では唯一契約期間がなく、違約金の設定がない光回線です。

 

 

 

まとめ

IPoE IPv6は新しい通信規格・接続方式で、通信帯域が広く余裕があり、直接ネットワークに接続するため、速く安定した通信が可能になりました。IPoE IPv6を利用するためには、IPoE IPv6に対応している光回線やルーターを選ぶ必要があります。

 

フレッツ光の回線を用いた光コラボのなかでは、IPoE IPv6に対応した専用ルーターが無料で利用できるぷらら光がオススメです。

 

タイトルとURLをコピーしました