【2022年5月最新】光回線12社の料金比較!安い光回線は?

光回線

同じ商品やサービスを購入するのなら、安い方が良いに決まっています。

 

しかし、ポイント活動の「ポイ活」が盛んな昨今では、提示されている販売価格だけでは「安さ」の判断が出来ません。

 

先日のこと、長年お世話になった炊飯器が寿命を迎えたので、ある機種に目星を付けてリサーチをしてみました。

 

A店では29,000円で販売していて、これは安い!と思いましたが、念のため普段よく利用するB店では30,000円で販売していました。

 

単純に販売価格を比較すればB店で買う理由は全くありませんが、迷わずB店で購入を決めたのは、B店では10%ポイント還元をしていたからです。

 

A店では29,000円ですが、B店では30,000円の販売価格に対して3,000円分のポイントが還元されるため、実質価格は27,000円になりA店を大きく下回ります。

 

B店は普段から良く利用しているため、実質3,000円のキャッシュバックを受けた事と、実質的に変わりません。

 

しかし、普段からB店を利用していないユーザーには、この判断を簡単に下すことは出来ません。

 

これがポイントではなく、現金でのキャッシュバックならば、迷う方は居ないでしょう。

 

光回線にも同様の事が言えます。

 

本当の意味で安いのは、単純に月額料金の比較だけでなく、他に掛かる費用に加えて、現金のキャッシュバックも考慮する必要が有ります。

 

光回線サービスのキャッシュバックの仕組みも踏まえて、人気の光回線を比較して、多様な要素から、本当におすすめ出来る安い光回線を解説します。

 

キャッシュバックの仕組み

契約者にキャッシュバックが支払われる仕組みが解れば、どこで契約するのが最もお得なのか?が解ってきます。

 

光回線の契約はどこで行っても同じ?

光回線の契約は、大きく分けて「公式HP」「携帯電話ショップ・家電量販店カウンター」「オンライン代理店HP」の3つがあります。

 

サービス内容は同じ

光回線を上記の何処で契約しても、受けられる回線サービスの内容やサポートは全く同じです。

 

月額料金や回線速度、トラブル時のサポートについても同様です。

 

契約後の問い合わせ先についても、公式サポートセンターが対応する事に変わりません。

 

特典キャッシュバック等は契約場所で異なる

何処で契約しても、公式で行っている特典キャッシュバック等は、同様に受けられます。

 

しかし、「公式HP」では行っていない、独自の特典キャッシュバックを「携帯電話ショップ・家電量販店カウンター」や「オンライン代理店HP」では行っている場合が有ります。

 

その場合は、公式特典に加えて独自の特典が得られるので、お得になります。

 

ここで知っておきたいのは、「携帯電話ショップ・家電量販店カウンター」は、回線ブランドの看板を掲げていますが、公式が運営している事は基本的に有りません。

 

これは携帯電話でも同様で、たとえば街にあるドコモショップは、ドコモが運営しているショップではありません。

 

ドコモと契約している別資本の正規代理店が、店舗の運営を行っています。

 

家電量販店の大型店舗には、光回線の契約を行うカウンターが設けられていて、「×××光」の看板が掲げられていても、同様に別資本の代理店によって運営されています。

 

「公式HP」以外の、「携帯電話ショップ・家電量販店カウンター」や「オンライン代理店HP」は、全て正規代理店が運営しているものです。

 

キャッシュバック特典の財源

代理店が契約者に出すキャッシュバック特典の財源は、回線運営企業からは支払われていません。

 

代理店ごとに費用を捻出するため、キャッシュバック特典内容は代理店ごとに異なってきます。

 

正規代理店は、新規契約ごとに販売手数料コミッションを、回線運営企業から得る事で成り立っています。

 

この販売手数料コミッションの中から、契約者に支払うキャッシュバック特典の費用を捻出する必要が有ります。

 

「携帯電話ショップ・家電量販店カウンター」では、家賃・光熱費・広告宣伝費・スタッフ人件費等の、多くの経費が掛かります。これらの経費は販売手数料の中から負担するため、キャッシュバック費用捻出は簡単ではなく、独自特典を付けることは難しいか、契約者に大きなメリットを提供する事は出来ません。

 

「オンライン代理店HP」では、必要な経費が実店舗に比較すれば大幅に圧縮が可能です。

 

そのため、契約者に支払うキャッシュバック特典の費用を、より魅力的なものに出来ます。

 

通信運営会社から支払われる、販売手数料コミッションは一定ではなく、コンスタントに新規顧客を獲得する優良な正規代理店には、より一層の奮起を期待して有利な条件が設定されます。

 

光回線は、人気のある「オンライン代理店HP」での契約が、最もお得になり結果的に安価に利用出来ると言えます。

 

もう一つのポイントは「スマホの通信料」

「光回線」を安く利用する事と、「スマホの通信料」は一見何の関係も内容にも思えますが、キャッシュバック特典と同様に、安さに大きな影響を及ぼします。

 

通信費は支払いトータルで考える

安い光回線を検討する場合、光回線の月額料金や特典キャッシュバックだけでなく、支払う通信費として考えれば、スマートフォンの料金は大きなウェイトを占めます。

 

光回線を自宅に導入する事で、自宅でのスマートフォンの利用もWi-Fiが利用出来る様になります。

 

そのため、通信会社の回線利用は外出時だけになるため、契約プランの見直しを併せて考えるのが合理的です。

 

2021年8月26日に株式会社MM総研は最新の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2021年7月時点)」を公表しています。

 

 

 

(出典:MM総研

 

このデータ使用量は、自宅以外での携帯電話会社の回線を利用した時のみです。

 

「1GB」31.8%・「2GB」11.7%・「3GB」14.1%で、57.6%のユーザーが3GB以下の通信量で収まっていて、約75.2%のユーザーは累計「7GB」までになっています。

 

単純に平均をとれば8.72GBになりますが、数値の中央値は3GBになります。

 

この3GBから7GB程度の容量は、3大キャリアの無制限・大容量プランは当然必要無く、キャリアの小容量プランへの変更する事で、通信料は下げる事が出来ますが、小容量中容量での3大キャリアプランは割高です。

 

「サブブランド」や「格安SIM」にスマホ契約を乗り換える事で、通信費は更に下げる事が可能になります。

 

この乗り換え先を検討する場合に、「光回線」の「セット割」を考慮する事で、もっと合理的なトータルの通信費用になります。

 

「光回線」は、特定のスマートフォン回線と「セット割」を設けているケースが有り、組み合わせる事で割引きが受けられます。

 

セット割が豊富な「光コラボ」

全国に敷設されている「光回線」の種類は、それほど多く有りません。

 

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2021年3月発表のデータを見ると、全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2256.4万件であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

 

 

(出典:MM総研

 

グラフ中のその他は、限定されたエリアでのサービス展開です。

 

KDDI(au)もNTTグループに続くシェアですが、実際に施設した光ファイバーケーブルのエリアは限られていて、大半のエリアはNTTの光ファイバーケーブルを使用しています。

 

そこでは「ダークファイバー」と呼ばれる、NTTで貸し出されている回線を利用しています。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線「NURO光」も、auと同様にNTT光ファイバーケーブルを利用した「ダークファイバー」を使っています。

 

「フレッツ光」を利用する形態は、2通り有ります。

 

「光回線」のインターネット利用には、接続業者プロバイダの契約が必要になります。

 

「NURO光」はプロバイダがSo-netに限定され、料金もソニーネットワークコミュニケーションズに対して支払い、「auひかり」もKDDIに支払います。

 

「フレッツ光」では、回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払う事が一般的でした。ユーザーにとっては、「フレッツ光」+「プロバイダ」と2箇所で契約を結んで、月額料金も別々に支払う必要がありました。

 

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

 

光回線をユーザーとの直接契約を結ぶシェアが、巨大企業NTTの独占状態になれば、競争原理が働かなくなり、普及が加速しないと考えた国の意向もあって、NTT東西は、フレッツ光回線の卸業務に大きく舵を切りました。

 

その様な経緯で、卸し提供を受けたプロバイダを中心とした事業者が、プロバイダ機能と回線をワンセットにしたサービスを提供する「光コラボ」が、2015年2月から開始されました。

 

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

 

現在、個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ」が主流になっています。

 

スマートフォンと光回線の「セット割」は、「ドコモ光」が「ドコモ」・「auひかり」では「au」と「UQモバイル」・「NURO光」は「SoftBank」に限られます。(NURO光では、スマホ回線をNUROモバイルに同時契約する事で、1年間限定のセット割はあります)

 

これらの回線と比較すれば、「光コラボ」では、膨大な数の企業が「セット割」の割引きサービスを展開しています。

 

光回線12社の料金を比較

ここまで見てきた要素の「キャッシュバック特典」と「セット割」を加味して、人気の「光回線」を具体的に見てみましょう。

 

「光回線」サービスの多くは、「一戸建て住宅」と「マンション集合住宅」で月額料金が異なります。

 

マンション集合住宅の料金比較

 

マンション 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
OCN光月額3,960円
工事費16,500円
5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
ソフトバンク光月額4,180円
工事費26,400円
乗換は実質無料
25,000円SoftBank
Y!mobile
2年10,450円
@TCOMヒカリ月額4,180円
工事費16,500円
実質無料
25,000円
月額割引をCB
換算11,840円
au
LIBMO
UQ mobile
2年13,200円
楽天ひかり月額4,180円
工事費16,500円
→ モバイル加入者は実質無料
月額割引をCB
換算26,400円
(モバイル加入者は50,160円)
セット割無し
(楽天モバイル)
3年10,450円
ASAHIネット光月額4,235円
工事費16,500円
実質無料
月額割引をCB
換算14,500円
au1年16,500円
@nifty光月額4,378円
工事費16,500円
22,000円
月額割引をCB
換算22,550円
au
UQ mobile
3年22,000円
ビッグローブ光月額4,378円
工事費16,500円
実質無料
20,000円au
UQ mobile
3年11,900円
ドコモ光月額4,620円
工事費16,500円
実質無料
20,000円docomo2年8,800円
So-net光プラス月額4,928円
工事費26,400円
実質無料
60,000円au
UQ mobile
2年20,000円
NURO 光月額5,200円
工事費44,000円
実質無料
45,000円SoftBank3年10,450円
+撤去費
auひかり月額4,180円
工事費33,000円
実質無料
40,000円au
UQ mobile
3年16,500円
+撤去費
フレッツ光月額3,575円~
+プロバイダ料
工事費16,500円
東日本 35,000円
西日本 45,000円
(業務用途が適用)
セット割無し2年7,700円

 

 

一戸建て住宅の料金比較

 

戸建て 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
OCN光月額5,610円
工事費19,800円
5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
ソフトバンク光月額5,720円
工事費26,400円
乗換は実質無料
25,000円SoftBank
Y!mobile
2年10,450円
@TCOMヒカリ月額5,610円
工事費19,800円
実質無料
28,000円
月額割引をCB
換算15,840円
au
LIBMO
UQ mobile
2年13,200円
楽天ひかり月額5,280円
工事費19,800円
→ モバイル加入者は実質無料
月額割引をCB
換算26,400円
(モバイル加入者は63,360円)
無し3年10,450円
ASAHIネット光月額5,698円
工事費19,800円
実質無料
月額割引をCB
換算14,500円
au1年22,000円
ビッグローブ光月額5,478円
工事費19,800円
実質無料
20,000円au
UQ mobile
3年11,900円
@nifty光月額5,720円
工事費19,800円
22,000円
月額割引をCB
換算27,060円
au
UQ mobile
3年22,000円
ドコモ光月額5,940円
工事費19,800円
実質無料
20,000円docomo2年14,300円
So-net光プラス月額6,138円
工事費26,400円
実質無料
60,000円au
UQ mobile
2年20,000円
NURO 光月額5,200円
工事費44,000円
実質無料
45,000円SoftBank3年10,450円
+撤去費
auひかり月額5,610円
工事費42,250円
実質無料
40,000円au
UQ mobile
3年16,500円
+撤去費
フレッツ光月額4,730円~
+プロバイダ料工事費19,800円
東日本 35,000円
西日本 45,000円
(業務用途が適用)
セット割無し2年11,000円

 

 

「フレッツ光」を利用する「光コラボ」のメリット

どちらの表も、下3つのサービスを除けば全て「フレッツ光」回線を利用した「光コラボ」です。

 

最下部の「フレッツ光」は、個人で契約するメリットは基本的にありません。

 

同じ光回線でも契約形態がシンプルになる「光コラボ」を選択する方が、月額料金も安く特典キャッシュバックも得る事が出来ます。

 

「キャッシュバック特典」「セット割」だけでなく、他にもメリットが有ります。

 

具体的に見ていきましょう。

 

提供エリア

「光回線」は利用する場所の近くまで、実際に敷設されている必要が有ります。

 

全国展開をしている光回線サービスでも、提供エリアになっていなければ、利用する事は出来ません。

 

提供エリアはサービスごとに異なり、実際のエリアはサービスを提供するサイトで検索するか、電話で問い合わせる必要が有ります。市町村単位でエリアになっていても、必ずしも全域がカバーされていません。

 

全国展開している代表的な人気の光回線を、個別に見ていきましょう。

 

auひかり

 

KDDIが全国展開している「auひかり」ホームタイプの提供エリアは、携帯電話回線のauとは異なり、限られたエリアしか展開していません。

 

「auひかり」は、提供している具体的なエリアとして、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【東北エリア】 青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

【関東エリア】 東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木

【信越エリア】 新潟、長野

【中部エリア】 山梨

【北陸エリア】 石川、富山、福井

【中国エリア】 鳥取、岡山、島根、広島、山口

【四国エリア】 香川、徳島、愛媛、高知

【九州エリア】 福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島

 

人口が比較的多い、大阪を含む関西エリアと名古屋を含む東海エリアは、提供エリアになっていません。

 

auひかり提供状況の確認

 

NURO光

 

(出典:NURO公式

 

NURO光は、以下の地域でのみ利用できます。

 

【北海道エリア】 北海道

【関東エリア】 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】 広島県、岡山県

【九州エリア】 福岡県、佐賀県

 

エリア内に居住地があっても、必ずしも利用出来るとは限りません。

 

光回線は、住まいのすぐ近くまで、実際にNURO光の回線が来ている必要が有ります。

 

NURO光提供状況の確認

 

光コラボ(フレッツ光)

日本で最も広いエリアでサービスを提供しているのは、NTTが敷設した「フレッツ光」です。

 

「フレッツ光」が利用出来るエリアでは、当然「光コラボ」が利用出来ます。

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

マンション集合住宅では、共有スペースまで引き込まれている光回線しか、利用する事は出来ません。

 

日本で最も多くの建物やマンション集合住宅に導入されている光回線は、圧倒的に「フレッツ光」が多く、「フレッツ光」が利用可能な場所では「光コラボ」が利用出来ます。

 

開通工事までの期間が短い

光回線の導入には、基本的に工事が必要です。

 

申込みから工事完了後の、開通するまでには一定の期間を要します。

 

「フレッツ光」を利用する「光コラボ」では、この期間においても大きなメリットが有ります。

 

具体的に掛かる日数を回線別に見てみましょう。

 

auひかり

「auひかり」の申し込んでから開通するまでの目安は、マンション集合住宅で概ね2週間から1ヵ月程度・戸建てでは概ね1ヵ月から2ヵ月程度です。

 

NURO光

「NURO光」の申し込んでから開通するまでの目安は、マンション集合住宅タイプで、1ヵ月から4ヵ月程度・一戸建てで1ヵ月から3ヵ月程度が掛かります。

 

エリアによっては、更に時間が掛かるケースも有ります。

 

福岡県、佐賀県、岐阜県、北海道エリアは工事状況によって、さらに1~2カ月程度はプラスする必要が有ります。

 

「auひかり」「フレッツ光」の回線工事は1回で完了しますが、「NURO光」は、「宅内工事」「屋内工事」が別の日程で行われます。

 

どちらも立ち会いが必要で手間が掛かり、スケジュールの調整をすれば、さらに開通までの期間が延びる事になります。

 

光コラボ(フレッツ光)

「フレッツ光」は、概ね申込みから開通するまで、2週間から1ヵ月程度の短時間で工事が完了します。

 

「NURO光」では全部、「auひかり」でも多くの部分で、NTTのダークファイバー(NTT東西が他の事業者へ貸し出している光回線のこと)を利用しているため、社内調整がスムーズに行く事に加えて、営利を追求する企業体として自社サービスを優先する事は当然で、光回線工事のスケジュール管理における主導権を、NTT側が持っている事にあります。

 

さらに短期間の工事で終了する「無派遣工事」の可能性も、「フレッツ光」を利用する「光コラボ」ならあります。

 

無派遣工事が可能なのは「フレッツ光」とそれを利用する「光コラボ」のみ

光回線の工事には、「無派遣工事」と「派遣工事」が有ります。

 

「派遣工事」には「無派遣工事」の内容も含まれています。

 

 

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

上図は一戸建て住宅の場合の、光回線の工事です。

 

「無派遣工事」とは、既に光回線を利用する設備が整っているため、派遣工事の部分を行う必要が無い場合です。

 

工事業者が現場まで出向いて工事を行わずに、NTTの局舎内だけで光回線の工事が完了します。

 

工事が簡単に完了するため、工事費は安くなり、申込みから利用出来るまでの期間も短くなるメリットが有ります。

 

無派遣工事が可能なのは、NTT東西の「フレッツ光」と、その回線を利用してサービスを提供する「光コラボ」だけです。

 

「auひかり」「NURO光」「電力系・ケーブルテレビ系」では、「無派遣工事」で完了する事は無く、必ず「派遣工事」が必要になります。

 

お住まいに「部屋に光コンセント」の有無を確認してください。

 

 

 

(出典:SoftBank公式ページ*一部改変しています)

 

一戸建て住宅でも中古物件では、「光コンセント」が有るケースは少なく有りません。

 

マンション集合住宅では、「光コンセント」が設置済みの物件が数多くあります。

 

光コンセントが存在する場合は、「無派遣工事」で「光回線」を利用出来る確率が、グッと高まります。

 

では、数多くある光回線の中から、「セット割」や他のメリットまで考慮して、具体的におすすめできる料金の安い光回線をご紹介します。

 

実質価格が最安になる豊富な特典で選べば「@TCOMヒカリ」+「LIBMO」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

「セット割」が適用される光回線で、最もおすすめするのは@TCOM(アットティーコム)ヒカリです。auの「スマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」、格安SIMであるLIBMO(リブモ)の「LIBMO×光セット割」など、複数のスマホキャリアとのセット割ができます。

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有ることで人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

格安SIM LIBMO

格安SIMの「LIBMO」と組み合わせる事で、通信費トータルは大きな節約が可能です。

 

 

 

(出典:LIBMO公式)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

3GBプラン980円が、@TCOMヒカリと「セット割」を適用することで、月額760円になるので、マンションタイプの場合なら760円+4,180円=4,940円がトータルの通信費になります。

 

@TCOMヒカリとLIBMOの月額料金合計

 

LIBMO

音声通話SIMプラン

@TCOMヒカリ マンション

月額料金

@TCOMヒカリ 戸建て

月額料金

セットなし4,180円5,610円
LIBMO 3GB4,940円6,370円
LIBMO 8GB5,478円6,908円
LIBMO 20GB5,951円7,381円
LIBMO 30GB6,688円8,118円

 

さらに、キャッシュバックで、実質の支払い費用はもっと安くなります。

 

キャッシュバック

新規契約だけのオプション無しで、戸建てタイプ28,000円・マンション集合住宅タイプで25,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っています。Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大39,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大39,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

たとえば、2年間の利用と仮定して計算した場合、一戸建てでは28,000円÷24回=1,166円 が1ヶ月あたりの支払い補填と考えれば、月額は5,610円-1,166円=4,444円 「光コラボ」の最安値級料金になる計算になります。

 

マンションでは、25,000円÷24回=1,041円 になり、実質の料金は4,180円-1,125円=3,199円 で、やはり「光コラボ」最安値級月額料金です。

 

それだけでは、ありません。

 

月額料金が12ヵ月割引

契約から月額料金が12ヵ月の間割り引かれます。戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

キャッシュバックまで考慮すれば、戸建てタイプの12ヵ月間の月額料金は実質1,957円で、マンション集合住宅タイプは1,107円になります。

 

しかも、工事費も無料になるキャンペーン中です。

 

工事費が実質無料

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。

 

@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COMヒカリ(アットティーコム)キャンペーン
@T COM(アットティーコム)ヒカリのお得なキャンペーン情報をご案内。今なら最大19,800円の新規工事費や契約事務手数料がキャンペーンの適用で実質無料になるため、お得に光インターネットを始めたい方はお見逃しなく!

 

乗り換え違約金を負担してもらえる「ソフトバンク光」+「ワイモバイル」

 

(出典:ソフトバンク光申込サイト)

 

ソフトバンクは自社で光回線の敷設は行わず、「フレッツ光」を使用する「光コラボ」でサービスを提供しています。

 

月額料金は、一戸建てタイプで5,720円・マンションタイプで4,180円です。

 

今利用している回線の違約金が負担してもらえる

SoftBank 光 あんしん乗り換えキャンペーン
他社からSoftBank 光(ソフトバンク光)へ乗り換えで他社への違約金や撤去工事費を満額還元!【SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン】実施中♪超高速の光インターネット「ソフトバンク光」へお得に乗り換えるチャンス!

 

現在利用している回線が「モバイルWi-Fiルーター」「据え置き型無線ホームルーター」から「光回線」に乗り換える場合、頭の痛い問題が「違約金」です。

 

現在光回線をご利用の方が、より安価な光回線サービスへ乗り換える場合にも違約金は付きもので、引っ越しに伴う解約でも違約金が発生するケースが多くなります。

 

利用しているサービスや、利用期間や端末の残債などで様々なケースが有りますが、モバイルWi-Fiルーター系では、20,000円以上の費用請求をされることも決して珍しくなく、光回線では10万円近くになる事も有ります。

 

「ソフトバンク光」では、ソフトバンク以外の他社回線の解約に伴う違約金の費用を、最大100,000円まで(光回線の場合)全額負担するキャンペーンを行っています。

 

違約金だけでなく、回線撤収費用や機器の支払い残債も対象になります。(無線タイプ回線の最大金額は42,000円です)

 

ソフトバンク光のセット割

ソフトバンクのスマートフォンでも「おうち割光セット」適用で、1台あたり月額1,100円の割引きが受けられます。

 

しかし、前述の様に光回線を導入することで無制限プランは必要無く、小容量プランでは割高です。

 

光回線を導入したら、ソフトバンクのキャリア回線をそのまま利用した、サブブランドの「ワイモバイル」に乗り換える方が合理的です。

 

「ワイモバイル」を「ソフトバンク光」と組み合わせることで、「おうち割光セット(A)」が適用され、1台あたり毎月1,188円の割引きが受けられます。

 

ワイモバイルとは?

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

「ワイモバイル」はサブブランドで、オンライン専用プランとは異なり、街にある携帯電話ショップで契約や相談が出来ます。

 

月額料金はメインプランよりも安価で、更に「セット割」が適用されることで格安SIMの価格と比較しても、大きな遜色が無くなります。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

公式に行っているキャンペーン特典に加えて、更にお得なキャッシュバックや豪華特典がゲット出来ます。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華特典を最短2週間還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

 

一戸建てで対応エリアなら「NURO光」

 

(出典:NURO公式)

 

「NURO光」は、「光コラボ」ではありません。

 

「NURO光」の回線は、NTT東西が敷設した光ファイバーケーブルを利用していますが、ダークファイバーと呼ばれる、NTTが利用していない光回線を利用しています。

 

マンション集合住宅・一戸建てでも月額料金は変わりませんが、契約期間で異なっています。

 

プラン名月額料金契約期間/自動更新
G27,836円なし/なし
G2D5,700円2年間/2年間
G2T5,200円3年間/2年間

 

現在の光回線の主流スピードは1Gbpsが主流ですが、「NURO光」は普及タイプでも、理論上は2倍である2Gbpsの速度が出ます。

 

公称値である2Gbpの速度が、実際の利用で出る事は有りませんが、「G-PON」と呼ばれる日本では珍しい技術を使っているため、速い回線速度を実現しています。

 

提供エリアが限られていますが、自宅が対応エリアになっている一戸建てでは、比較的安価に高速な光回線を楽しむ事が出来ます。

 

NURO光の「セット割」は?

NURO光を運営するソニーネットワークコミュニケーションズには、格安SIMの「NUROモバイル」がありますが、思い切った価格で提供しているため、「セット割」の恩恵は少ないと言えます。

 

 

(出典:NUROモバイル公式)

 

「NUROモバイル」と「NURO光」を同時申込みした契約者のみが、1年間だけ月額330円の割引きが受けられるのに留まっています。

 

実質「セット割」が無いものと考えれば、実質価格の安い「オンライン専用プラン」や、「格安SIM」の組み合わせをおすすめします。

 

殆ど外出先でインターネットを利用しない方

スマートフォンの利用は殆どしないか、電話通話がメインという方なら、格安SIMの「OCNモバイルONE」がオススメです。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

月に500MBの容量で、最大10分間の無料通話込みで月額550円です。

 

今お使いの電話番号が、そのまま利用出来ます。

 

オンラインだけで無く、お近くのドコモショップで手続きが出来るのも魅力です。

 

月に3GB程度はご利用の方

多くのスマホユーザーは、自宅に光回線が有れば、月に3GB程度の容量で収まるケースが多くなっています。

 

3GB程度の利用なら、オンライン専用プランの「LINEMO」がオススメです。

 

 

(出典:LINEMO公式)

 

格安SIMとは異なり、ソフトバンクの優良な回線をそのまま利用出来ます。

 

3GBのプランで、月額990円の料金でスマートフォンの維持が出来ます。

 

 

外出先で動画視聴など利用される方

通勤時に動画を見るなど、外出時に3GB程度では無く、もっと多くのデータ通信を利用する方なら、オンライン専用プランの「ahamo」がオススメです。

 

ahamo
ahamoのオフィシャルウェブサイトです。ahamoのご契約を検討される方はこちらへ。オンラインで受付可能な条件無しの20GB2,970円(税込)。

 

月に20GBの容量で、1回5分までの国内通話なら何度でも無料で、月額2,970円です。

 

高品位なドコモ回線がそのまま利用出来て、20GBで足りないユーザーでも2022年6月から開始される「大盛りオプション」を利用すれば、100GBの大容量を月額4,950円で使えます。

 

 

店舗やオフィス等の業務用途なら、サポートが充実しているフレッツ光がおすすめ

 

(出典:フレッツ光申込サイト)

 

業務用途の法人契約なら「光コラボ」よりも、プロバイダを別契約する「フレッツ光+プロバイダ」の契約がおすすめです。

 

豊富なノウハウがあり、比較的早く工事が完了出来るメリットもあります。

 

多くの店舗やオフィスなどの法人ユーザーは、「光コラボ」ではなく「フレッツ光+プロバイダ」を選択しています。

 

その理由は、大きなメリットが有るからです。一部ですが具体的に見ていきましょう。

 

キャッシュバックが充実

メリットの多い代理店のキャッシュバックは、個人契約では「光コラボ」のみが対象で、「フレッツ光」は個人事業主や法人のみが対象になっている事が大半です。

 

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

 

来店者向けWi-Fiの提供

セキュリティを考えた上で、店舗全体でお客様全体が快適に利用出来るWi-Fi環境の構築が可能です。

 

経費として計上し易い

フレッツ光は法人契約の場合、請求書での支払いが可能になります。

 

光コラボやフレッツ光でも個人契約の場合には、クレジットカードでの支払いが一般的で、請求書・領収書の発行が有りません。

 

同時接続機器の台数

フレッツ光の個人契約では、端末の接続台数は10台までが推奨されています。

 

法人契約のオプション契約(NTT東日本ではフレッツ光ネクスト プライオ1やフレッツ光ネクスト プライオ10・NTT西日本ではフレッツ光ネクスト ビジネスタイプ)を結べば、同時接続台数に制限が無くなります。

 

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました