【2021年10月最新】光回線13社の料金比較!安い光回線は?

光回線

「光回線を導入したいけど、たくさんあってどれがいいのか分からない」また「どこで申し込めばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、光回線の気になる料金を比較しながらお得な料金の安い光回線を紹介していきます!

 

光回線のおすすめ申し込み窓口とは?

光回線の申し込み方法は、各キャリアのショップや家電量販店などの「店頭」か「WEB」での申し込みとなります。それでは、どちらの方がお得に申し込めるのか?ずばり!WEBサイト経由で申し込むのがお得なんです。

 

「WEB」で申し込むと公式が提供しているキャンペーンを併用することができ、さらにWEB限定の加入特典であるキャッシュバックももらえたりするので、オトクに申し込むなら「WEB」がオススメ!

 

またWEB申し込みでは電話だけでなく、PCやスマホがあればいつでもどこでもカンタンに申し込むことができるのも特長です。それでは早速、以下の5つのポイントをおさえながら、おすすめの光回線を比較していきましょう。

 

光回線を選ぶポイント!

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 月額料金
  • 工事費などの初期費用
  • スマホとのセット割引
  • 通信速度の速さ

【光回線】13社の料金・キャッシュバック比較!

人気の光回線13社を比較しました。(キャッシュバックはWEBサイト経由で申し込んだ場合の金額です)

 

マンション集合住宅

 

マンション 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
OCN光月額3,960円

工事費16,500円

5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
ぷらら光月額3,960円

工事費16,500円

38,000円ひかりTV無し無し
ソフトバンク光月額4,180円

工事費26,400円
(乗換は実質無料)

30,000円SoftBank

Y!mobile

2年10,450円
@TCOMヒカリ月額4,180円

工事費16,500円
実質無料

27,000円

月額割引をCB換算
11,840円

au

LIBMO

UQ mobile

2年13,200円
@nifty光月額4,378円

工事費16,500円

22,000円

月額割引をCB換算
22,550円

au

UQ mobile

3年22,000円
楽天ひかり月額4,180円

工事費16,500円

月額割引をCB換算
26,400円
セット割無し

(楽天モバイル)

3年10,450円
ASAHIネット光月額4,235円

工事費16,500円

月額割引をCB換算9,120円au1年16,500円
ビッグローブ光月額4,378円

工事費16,500円
実質無料

25,000円au

BIGLOBE

UQ mobile

3年11,900円
So-net光プラス月額4,928円

工事費26,400円
実質無料

60,000円au

UQ mobile

3年20,000円
ドコモ光月額4,400円

工事費16,500円
実質無料

15,000円docomo2年8,800円
NURO 光月額5,200円

工事費44,000円
実質無料

45,000円SoftBank2年10,450円
+撤去費
auひかり月額4,180円

工事費33,000円
実質無料

50,000円au

UQ mobile

3年16,500円
+撤去費 同一棟内16契約以上
フレッツ光月額3,575円~
+プロバイダ料工事費16,500円
東日本 35,000円
西日本 45,000円(業務用途が適用)
セット割無し2年7,700円

 

戸建て

 

戸建て 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
OCN光月額5,610円

工事費19,800円

5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
ぷらら光月額5,280円

工事費19,800円

38,000円ひかりTV無し無し
ソフトバンク光月額5,720円

工事費26,400円
(乗換は実質無料)

30,000円SoftBank

Y!mobile

2年10,450円
@TCOMヒカリ月額5,610円

工事費19,800円
実質無料

30,000円

月額割引をCB換算
15,840円

au

LIBMO

UQ mobile

2年13,200円
@nifty光月額5,720円

工事費19,800円

22,000円

月額割引をCB換算
27,060円

au

UQ mobile

3年22,000円
楽天ひかり月額5,280円

工事費19,800円

月額割引をCB換算26,400円無し3年10,450円
ASAHIネット光月額5,698円

工事費19,800円

月額割引をCB換算13,920円au1年22,000円
ビッグローブ光月額5,478円

工事費19,800円
実質無料

25,000円au

BIGLOBE

UQ mobile

3年11,900円
So-net光プラス月額6,138円

工事費26,400円
実質無料

60,000円au

UQ mobile

3年20,000円
ドコモ光月額5,720円

工事費19,800円
実質無料

15,000円docomo2年14,300円
NURO 光月額5,200円

工事費44,000円
実質無料

45,000円SoftBank2年10,450円
+撤去費
auひかり月額5,610円

工事費42,250円
実質無料

50,000円au

UQ mobile

3年16,500円
+撤去費
フレッツ光月額4,730円~
+プロバイダ料工事費19,800円
東日本 35,000円
西日本 45,000円(業務用途が適用)
セット割無し2年11,000円

 

 

光回線によって料金割引やキャッシュバックの特徴が異なりますが、実際に支払う月額料金に対してキャッシュバックがいくらか、割引金額がいくらになるかを検討し、契約期間の実質料金から判断することが大切です。

 

割引金額やキャッシュバックが高くても月額料金が高く設定されている光回線は3年目以降、急に料金が高くなり、途中解約時にも高額な違約金や工事費残債を支払う必要があるリスクも考えられます。

 

【比較結果】おすすめの安い光回線をピックアップ

先ほどの13社の光回線の比較表をもとに、サービス内容やサポート、信頼性も含めて当サイトでおすすめできる料金の安い光回線をいくつかピックアップしていきます!

 

また3大キャリア(SoftBank・au・docomo)のスマホを利用している方や格安スマホの種類によっては、光回線とスマホをセットで利用すると、スマホの料金が毎月割引されるセット割引を適用することができるため、スマホのキャリアにあわせて光回線を選ぶと安く利用できます。

 

それでは、具体的におすすめできる安い光回線を紹介していきます。

 

おすすめの光回線① ぷらら光

 

おすすめポイント

  • 月額料金がシンプルに安い
  • 契約期間の縛りが無く、違約金がない
  • IPoE対応のWiFiルーターのレンタル料が無料
  • 高速通信が期待できるIPoE(IPv4 over IPv6)接続が標準装備
  • 新規契約で38,000円キャッシュバック

 

ぷらら光は月額料金の割引はありませんが、シンプルに基本料金が月額3,960円~と光回線の中でも最安値クラスの料金です!

 

ぷらら光は他のキャリアによっては別途追加料金が必要になる次世代通信方式のIPoE(IPv4 over IPv6)接続が標準で利用できますので通信速度にも期待できますし、対応したWiFiルーターも無料で利用できるため、コストパフォーマンスも優れています。

 

さらにぷらら光が提供する映像配信サービスの「ひかりTV」とセットで利用すると、セット割引の適用でひかりTVの基本料金が660円割引となります。

 

 

ぷらら光はスマホとのセット割はありませんが、3大キャリアのオンライン専用プランであるahamopovoLINEMOなどのセット割が適用できない格安スマホを利用している人にとっても最適です。

 

基本料金がもともと安いため、トータルの通信費で考えると光回線とスマホの月額料金を安くできます。

 

また、キャンペーンを適用すればさらに実質料金も安くなり、工事費も相殺できるので長い目で見た時は一番お得になる光回線でしょう。

 

ぷらら光 キャッシュバック情報
NTTぷらら提供の光インターネット回線「ぷらら光」のおトクなキャッシュバック情報。最大55,000円を現金還元!

 

おすすめの光回線② @TCOMヒカリ

 

おすすめポイント

  • 格安SIM・スマホLIBMO(リブモ)とセットでネットの料金が毎月割引
  • 初期工事費がファミリー、マンションともに実質無料
  • 月額料金が12ヵ月間割引でファミリー4,290円、マンション3,190円
  • オプションなしでファミリー30,000円、マンション27,000円キャッシュバック

 

TOKAIコミュニケーションズが提供する光コラボ@TCOM(アットティーコム)ヒカリはキャンペーンが豊富で実質料金が安い!

 

NTTフレッツ光のコラボレーションである@TCOMヒカリは初期工事費が無料、月額料金割引、さらにキャッシュバックキャンペーンも実施とキャンペーンを加味した実質料金が安い光回線の1つです。

 

また、スマホとのセット割引は格安スマホ・SIMサービスのLIBMO(リブモ)やauスマホの「スマートバリュー」、UQ mobileの「自宅セット割」も適用できる光回線です。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

契約から1、2年の実質料金が安いだけでなく光回線を長期で利用する方にも月額料金を安く抑えることが可能です。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ新規受付サイト
光回線(フレッツ光)とプロバイダ(@T COM(アットティーコム)がセットになった超高速の光インターネット「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」なら月額3,190円(税込)~と低価格!さらに今なら初期費用もお得。

 

格安SIMサービスのLIBMO(リブモ)の音声SIM(20GB)プランは月額1,991円と格安SIMの中でも最安級ですので、スマホのデータ通信を多く消費する方にも最適です。

 

 

 

おすすめの光回線③ NURO光

 

参考:NURO光公式サイト

 

おすすめポイント

  • ソフトバンクスマホとセットでスマホの料金が毎月割引
  • 通信速度が最大2Gbpsと高速通信
  • ルーターやセキュリティも込みでお得な料金設定
  • オプションなしで45,000円キャッシュバック

 

戸建て向け(ファミリータイプ)の光回線は基本的に集合住宅向け(マンションタイプ)より、月額料金が高くなるのが一般的ですが、NURO光(G2T)は戸建てタイプの中では比較的安く月額5,200円での提供となっています。基本料金に高速無線LANルーターやセキュリティサービスも含まれていますので、別途機器を用意する必要もなく料金的にもお得に利用できます。

 

また、NURO光でんわを加入のうえ、条件を満たすとソフトバンクのスマホとのセット割引「おうち割 光セット」も適用でき、加入特典は45,000円の高額キャッシュバックが適用可能!

 

何よりNURO光は通信速度が最大2Gbpsと超高速通信なので、通信速度にこだわりたい方には最適の光回線ではないでしょうか。

 

NURO光は提供エリアが限られていますので、サービスエリアや住まいの建物に導入できるかどうかは公式サイトを参考にしてください。

 

 

出典:NURO光公式サイト

 

おすすめの光回線④ ソフトバンク光

 

おすすめポイント

  • 他社から乗り換えの場合、新規工事費が実質無料
  • 他社解約時の違約金・撤去工事費をソフトバンクが全額負担
  • ソフトバンク系のスマホとセットでスマホの料金が毎月割引
  • 新規契約はオプション加入なしで30,000円のキャッシュバック

 

ソフトバンク光はソフトバンクかワイモバイルのスマホとセットで利用すると「おうち割 光セット」の適用で、毎月スマホの料金が最大1,100円も割引されるため、2年間で26,400円もの割引!

 

さらに他社回線から乗り換えの場合、違約金や撤去工事費はソフトバンクに満額(最大10万円まで)還元してもらえるので、更新月を待たずに解約して乗り換えられるのはとても魅力的ですよね。

 

下記のキャンペーンサイトよりソフトバンク光を申し込むと、新規契約の場合オプションの加入なしでも30,000円のキャッシュバックがもらえますが、電話サービスなどのお得なオプションサービスに加入すると、最大70,000円とさらにキャッシュバックが増額されるため、オプションサービスの加入を検討している方もお得ではないでしょうか。

 

ソフトバンク光 キャッシュバック条件 | 高額現金還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)のお申し込みでキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!当サイトならオプションの加入なしでも30,000円キャッシュバック♪電話サービスなどお得なオプションに加入する場合なら最大70,000円のキャッシュバック!

 

法人契約におすすめの光回線はフレッツ光

 

参考:フレッツ光お申し込みサイト

 

おすすめポイント

  • ひかり電話などのオプションサービスが圧倒的に豊富
  • サポートを直接NTTが行ってくれるので安心かつ迅速
  • 固定IPが必要な場合など、プロバイダが自由に選べる
  • 法人・店舗・事務所など事業者はオプション加入なしで45,000円のキャッシュバック

 

法人・店舗・事務所など事業向けの光回線を選ぶなら、NTT西日本・NTT東日本が提供する「フレッツ光」がおすすめです。

 

光コラボはサービス提供事業者がNTTからフレッツ光回線を卸してもらい、光コラボレーションモデルとして提供していますが、フレッツ光をNTTと直接契約するという方法があります。

 

フレッツ光は個人向けにはお得なキャンペーンを実施していませんが、店舗・事務所・会社などの事業者向けには、高額なキャッシュバックキャンペーンも実施していますので、有料の工事費などにも充てることができ、実質料金は安く利用できます。

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最短2ヵ月で最大79,800円のキャッシュバック!さらにプロバイダのみの乗り換えでも5,000円のキャッシュバック♪と加入特典がお得。フレッツ光の加入でキャッシュバックをお得に受け取るならぜひ当サイトまで!

 

フレッツ光キャッシュバック情報 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャッシュバック条件一覧。当サイトなら最大85,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月還元!と還元時期が早いのも魅力♪電話サービスなど便利なオプションサービスの加入でさらにお得に!Web申し込みなら24時間受付中。

 

フレッツ光をおすすめできる大きな理由として、事業向けの光回線では固定電話のサービスを加入することが多いと思いますが、ひかり電話のオプションサービスが他社と比べると圧倒的に豊富で多様なサービスを提供していること、開通からサポートまですべてNTTが直接行ってくれるということです。

 

電話回線を何回線か引いたり、電話番号を連番で取得したりもできますし、利用後に万一トラブルがあった時など、全国に支店があることもあって迅速に対応してもらえます。

 

 

 

他の光回線だとプロバイダがセットになっていて、解りやすいというメリットはありますが、逆にプロバイダにこだわる人にとっては自由にプロバイダを選びにくいということが考えられます。防犯カメラや社外からのPC遠隔操作など、固定IPアドレスが必要な事業者にはプロバイダを自由に選べて乗り換えられることはメリットだと思います。

 

まとめ

光回線の料金比較をしてきましたがいかがでしたか?

 

光回線の料金をシンプルに抑えたいなら「ぷらら光」がおすすめ、キャンペーン内容を含めた実質料金で選ぶなら「@TCOMヒカリ」、戸建て住まいで少しでも速い速度を求めるなら「NURO光」。

 

他社回線の違約金負担や撤去工事費のキャッシュバックを活用するなら「ソフトバンク光」のキャンペーンが魅力的、法人契約なら「フレッツ光」がサポートやオプションも豊富で安心です。

 

用途や条件は人それぞれですので、毎月の支払い料金を少しでも安くしたい方は月額料金の安さ、より快適な通信環境を求める方は通信速度の速さなど、この機会にこれらを参考に最適な光回線を探してみてはいかがでしょう。

 

光コラボ比較サイトでは月額料金の割引、キャンペーンを含めた実質料金が簡単にわかります。参考にしてみてくださいね。

 

光コラボレーション比較 人気コラボの実質料金がはっきりわかる!
光コラボレーションを徹底比較!2021年版。光コラボ各社のサービス内容や1年間/2年間/5年間の実質費用や月額料金、キャンペーン、スマホセットなどの料金を総合的に比較。当サイト限定の新規及び転用の光コラボキャンペーンも実施中!

 

タイトルとURLをコピーしました