テレワークにもおすすめできる自宅のインターネットとは?

【テレワークにもおすすめ】自宅で快適にWi-Fi環境でネットを利用するなら!インターネット回線

当初は聞き慣れなかった、テレワークという言葉が定着しました。

その内容は、何となく理解はしていますが、推奨している厚生労働省の定義では、「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」になっています。

 

テレワークは本家の英語には無い造語で、「離れて Tel」と「仕事 Work」を繋げた日本語英語です。仕事の本拠地であるオフィスから離れた場所で、情報通信技術を使って仕事をこなす事を意味しています。

 

テレワークが普及した背景には、コロナ禍の影響が大きい事は周知の事実ですが、以前から厚生労働省が推進していた「働き方改革」も、有効に作用したと言えます。

自由な働き方には、当然ですが場所も含まれています。

 

厚生労働省が定義するテレワークの区分(働く場所)については、「在宅勤務」「モバイル勤務」「サテライトオフィス勤務」の3つが有ります。

 

在宅勤務とは、文字通り自宅に居て就業場所とし、オフィスから離れて勤務する事です。

大半の勤務を在宅にするケースもありますが、実際にテレワークを導入している企業では、週に数日(1日から2日程度の頻度)を在宅で勤務する、分散通勤型のケースが多くなっています。

 

新しい在宅勤務の形として、1日の勤務時間の中で部分的に在宅勤務を行う、部分在宅勤務を導入する企業も増えています。

子を持つ親の病気による通院や、PTA等の学校行事への出席、平日にしか行えない役所への手続き等で、半日ないしは時間休暇と在宅勤務を組みあわせれば、従業員のモチベーション低下による離職を防ぎ、業務効率の合理化も進めることが出来ます。

 

モバイル勤務はコロナ禍と直接関係が無く、主に外回り中心の営業マンが、移動中の交通機関の中やカフェ等で、隙間時間を有効活用して仕事をこなす事により、直行直帰しても問題の無い合理的な仕事環境を作り出すことです。

 

サテライトオフィス勤務は、仕事をする専用の場所として、シェアオフィスやコワーキングスペースを利用する、テレワークの形態です。

最近では新しいビジネスとして、設置される施設数が増加しています。

 

その3つのテレワークの形態の、実施されている割合を見てみましょう。

国土交通省から、令和4年の3月に発表された「令和3年度 テレワーク人口実態調査-調査結果-」によれば、テレワークの実施場所として、「在宅勤務」が94.4%と圧倒的に多くなっています。

 

自宅でテレワークを行う在宅勤務では、インターネット回線が不可欠です。

テレワークにオススメできる、自宅のインターネット回線を解説します。

 

テレワークの今後は?

テレワークが難しい職種も存在していますし、直接会うコミュニケーションに、生産的な要素があることも、テレワークの広がりと共に再認識されています。

しかし、業務効率の向上が一人あたりの生産性を上げて、DX(デジタルトランスフォーメーション Digital Transformation)の有効活用と共に、国力を上げる手段としての方向性が、国の方針として定まっている現状を考えれば、今後も広がっていく事に疑問の余地は有りません。

 

総務省が発表している令和3年の情報通信白書では、テレワークの実態調査を行った結果を公表しています。

 

 

(出典:総務省令和3年版白書

 

2020年3月のテレワーク実施率は13.2%に過ぎませんでしたが、緊急事態宣発令後の2020年4月には27.9%へと大幅に上昇、2020年5月調査では25.7%・2020年11月調査では24.7%という推移を考えれば、テレワークがコロナ禍による一過性のものでは無いと考える方が自然です。

 

働く場所が自由になれば、人を納める器としてのオフィスも、既存のサイズを維持する必要が無く、適正サイズへの見直しだけでなく、家賃の高い都心にオフィスが存在する意義も薄れてきていて、2021年に本社移転を行った企業は、全国で2,258社に上っています。

 

テレワークに必要なもの

テレワークにはIT機器が不可欠で、主な端末機器はパソコンが主流で、「自社のサーバー・クラウドサーバーを利用する」「離れて仕事をするチームで会議を行う」「他社とリモート商談する」「資料を送付する・受け取る」等を行います。

 

仕事の内容によっては、大型複合機コピー機の有るオフィスに近い環境構築のため、プリンターを組みあわせて利用するケースもあります。

 

テレワークに必要なものとして、忘れてはならないのがインターネット回線です。

これが無くては、サーバーへのアクセスも出来ませんし、webミーティングも行えません。

在宅ワークのインターネット回線利用手段として、「光回線」「ホームルーター」「モバイルルーター」の3通りが考えられます。

 

スマホだけでテレワークをこなす事は、現実的に困難ですし、テザリングでスマホを基地局として利用する方法も限界が有ります。

仮に、auやソフトバンクのメインプランである無制限を契約していても、テザリングは無制限ではなく、30GBで制限が掛かります。

バッテリー消耗の問題も有り、テザリングでテレワークを行うのには無理が有ります。

 

テレワークに最適なインターネット回線は無線か有線か?

無線で利用する「モバイルルーター」「ホームルーター」は、部署の異動や転職などにより、急遽テレワークをする必要性が生じた場合に、とても有効なインターネット回線確保の手段です。

 

契約して機材が届いたら、工事不要で直ぐに、インターネットに繋がるWi-Fi環境の構築が出来ます。

光回線では回線導入工事が必要で、工事には立ち会いが必要なため、工事を行う業者との日程を擦り合わせる必要が有り、契約してから工事が完了して開通し、インターネット回線が利用出来るまでには、一定の期間が必要になります。

 

では回線の内容から見れば、最適かどうなのか?検証してみましょう。

 

回線速度については?

回線速度について、いきなり数値を羅列してもピンと来ない方もいらっしゃると思いますので、基本的な事を簡単に説明します。

 

単位

「bps」という単位を使っています。

数値が大きくなるほど高速で、速い回線ということです。

 

回線速度は遅いと問題が発生する可能性がありますが、いくら速くても速いことに問題はありません。

通常利用するインターネットの必要速度よりも、ビジネスで利用するテレワークでは、もう一段階の速い回線速度を確保しておくことが重要です。

 

上りと下り

上りはアップロード・下りはダウンロードとも呼ばれます。

 

どんな回線でも、上りと下りでは差違が生じる事が普通です。

通常のインターネット利用では、動画視聴やウェブ閲覧など、ダウンロードが重要になりますが、テレワークの利用ではアップロードも重要になります。

 

作成したデータファイルをサーバーに保管するためには、アップロードの速さが業務効率に直結します。

zoomなどのweb会議では、自分の音声や画像を届けるために、アップロードの速さが重要です。

アップロード速度が不充分な場合には、自分の音声が参加者に聞こえなくなったり、説明途中の資料が、同じページだけを表示し続けられたりする事態を招きます。

 

テレワークのweb会議の利用には、ダウンロード・アップロードの両方の速度が、50Mbps以上であることが望ましく、夫婦二人で一本の回線を同時利用するケースを想定するなら、100Mbps以上であると良いです。

 

Ping

反応速度を示す値、レスポンスです。

レイテンシとも表現され、単位はmsでミリ秒を表し、数値が小さければ小さいほど、インターネットの反応速度は、レスポンスが良いことになります。

 

一般的なインターネット利用では、100ms程度でも大きな問題にはなりませんが、瞬発力の必要なオンラインゲーム等では、より数値の小さい方が快適です。

 

リモートワークでPing値が係わるのは、webミーティングです。

ストレス無く他者とやり取りが出来る反応速度として、50ms以下の程度だと快適です。

 

具体的な回線ごとの速度

回線速度を比較する場合の数値として、サービスを提供する側が発表している数値は、殆ど参考になりません。

どれだけ公称値の速度が速くても、それは計算上の理論値であり、実際に公称値の速度は出ることが無い為です。

 

実際に利用者が計測したデータが公表されている、「みんなのネット回線速度」では、実態に即した数値が把握出来ます。

 

直近の3ヵ月で計測された、各回線の数値は以下の通りです。

 

回線Ping下り上り
光回線27.2ms351.6Mbps290.2Mbps
ホームルーター81.4ms190.1Mbps17.9Mbps
モバイルルーター86.0ms50.1Mbps13.7Mbps

 

レスポンスのPing値・ダウンロード速度・アップロード速度で、リモートワークに必要な回線品質をクリアしているのは、「光回線」のみという事が解ります。

 

光回線でリモートワークを行った場合、ご夫婦が同時利用を行い、それ以外にお子様がオンライン授業を行った場合でも、対応出来る通信速度があります。

 

容量制限

テレワークを行う上では、容量制限も重要です。

 

仕事上でどれほどのデータ量を利用するのかは、実際に進めてみるまで解らない事が普通で、仕事中に通信回線の容量制限を気にしている様では、効率上も精神衛生上にも良くありません。

 

光回線では利用量に関しての制限は発生しませんが、無線を使う回線では無制限を標榜しているサービスでも、利用の仕方によっては制限が掛かります。

リモートワークでは自宅の回線を使うため、仕事利用のデータだけでなく、プライベートや家族が同じ回線を利用する状況が大前提としてあり、何らかの制限が入って仕事にならない様では、大きな支障が出ます。

 

使い方に一切の容量制約を設けていないインターネット回線は、「光回線」だけになります。

 

それぞれの月額料金は?

 

無線タイプ

「モバイルルーター」「ホームルーター」の、無線タイプでリモートワークに利用するなら、基本的に最低でも100GB程度の容量が有るか、無制限タイプを利用することになります。

 

その場合の月額料金は、概ね月額4千円弱程度から5千円強程度になっています。

 

光回線

光回線の月額料金は殆どのサービスで、マンション集合住宅で利用する場合と、一戸建て住宅で利用する場合で変わる、2本立ての料金体系になっています。

 

マンション集合住宅では、月額4千円から5千円程度で、一戸建て住宅の場合では5千円半ば程度から6千円弱になっています。

 

価格差は大きくない

光回線は高性能である事から、月額料金も高額になると誤解している方もいらっしゃいますが、無線回線と比較しても大きな差は無く、3大キャリアの無制限メインプランの月額料金と比較すれば、概ね安いと言えます。

 

特にマンション集合住宅での光回線利用では、無線タイプの月額料金アドバンテージは、殆ど有りません。

戸建てで利用する場合でも大きな差は無く、複数の家族で快適に利用出来る環境を考えれば、光回線が最も割安な回線手段であるとも言えます。

 

リモートワークには「光コラボ」が最適!

リモートワークに利用する光回線では、「光コラボ」が最適です。

 

光コラボとは?

光コラボは、NTT東西が敷設している光回線である、「フレッツ光」を利用する光回線サービスです。

 

 

NTTの回線を利用したサービスですが、NTTがユーザーに対して、直接サービスの供給はしていません。

接続業者であるプロバイダが、ユーザーに対する窓口になっています。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

フレッツ光をNTT東西と契約して、プロバイダを別途契約する利用形態も可能ですが、月額料金を比較すれば、光コラボの方が安価になるため、フレッツ光の利用方法として、個人契約の主流にあるのは光コラボです。

 

「光コラボ」を扱う事業者は、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

携帯電話ショップで取り扱っている、ドコモ光・ソフトバンク光・楽天ひかりなども、光コラボの1つです。

 

テレワークに利用するインターネット回線として、「光コラボ」をオススメするのは、「フレッツ光」の利用形態としてお得に利用出来る事に有り、フレッツ光のメリットをご説明する事が理由になります。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

幅広いエリアと数多い建物で利用出来る

光回線は、自宅に光回線を接続しなければ利用出来ません。

 

一戸建て住宅での利用は、自宅近くまで光回線が来ている事が前提で、回線のサービス提供エリアになっている必要が有ります。

全都道府県をカバーしているのはフレッツ光のみで、正確な数字は発表されていませんが、人口エリアカバー率として、東日本では概ね95%以上、西日本では概ね93%以上だと言われています。

 

フレッツ光は他の光回線と比較して、圧倒的に幅広いエリアで利用が可能になっています。

 

マンション集合住宅での利用は、建物の共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線しか、原則利用する事が出来ません。

フレッツ光は圧倒的な建物に導入済みで、日本中の多くのマンション集合住宅での利用が可能になっています。

 

短期間の工事が可能

光回線の利用で、最も高い障壁になるのが回線導入工事です。

 

特にリモートワークでの利用が必要になっている場合、開通までの期間が短い事は大きなメリットです。

 

工事が完了して開通するまでの期間は、利用する光回線によって変わって来ます。

人の移動する繁忙期などが重なると変化しますが、他の回線やエリアによっては、開通までに数か月から半年以上掛かる事も珍しく有りません。

 

「フレッツ光」は、概ね申込みから開通するまでの期間として、2週間から1ヵ月程度で収まり、他の回線と比べて短くなる傾向にあります。

 

これは、フレッツ光を管理するNTT東西が、実際に作業を行う工事業者との付き合いが古く、数多く確保している事が挙げられます。

 

事実上、立ち会い工事が不要になる「無派遣工事」で開通するケースも、フレッツ光(当然光コラボも含まれます)ではあります。

 

無派遣工事とは?

光回線の工事には、「無派遣工事」と「派遣工事」が有り、「派遣工事」には「無派遣工事」の内容も含まれます。

 

一戸建て住宅の工事

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

マンション集合住宅の工事

 

(出典:NTT東日本 一部改変)

 

無派遣工事の意味するところ

光回線を利用する設備が既に整っている場合は、派遣工事が必要無く光回線が開通出来る場合があります。

 

そのケースでは、工事業者が現場まで出向いて工事を行う必要が無く、NTTの局舎内だけで光回線の工事が完了します。

 

その場合、工事が簡単に完了するため工事費が安くなり、申込みから利用出来るまでの期間も短くなり、工事の立ち会いも必要ありません。

 

無派遣工事で光回線が開通出来るのは、光コンセントの有無が目安になります。

 

 

(出典:SoftBank公式ページ*一部改変しています)

 

無派遣工事が可能なのは、NTT東西の「フレッツ光」と、その回線を利用してサービスを提供する「光コラボ」だけに限られます。

 

「auひかり」「NURO光」等の他回線や、地元エリア限定の電力会社が運営するタイプ・ケーブルテレビ会社が運営する光回線の場合、必ず「派遣工事」を含めた工事が必須になります。

 

光コラボのメリットは、通信費トータル費用が下げられる事にも注目

ここまで見てきた具体的なメリットは、フレッツ光の事ですが、光コラボ自体のメリットも当然あります。

 

ポイントはセット割

前述のように、光コラボは多数のサービスが有り、その中にはスマートフォンの月額料金が安くなる「セット割」を提供しているサービスが有ります。

 

3大キャリアでは、積極的にスマホ代が安くなるメリットを前面に出した営業活動を行っているため有名ですが、それ以外でも「セット割」を打ち出しているサービスが多くあります。

 

 

光回線導入時のバランスの良いスマホプラン契約

光回線が自宅に導入されれば、テレワークを含めてインターネット利用は、Wi-Fi環境の下で行う事になります。

 

そのため、スマホのプラン契約でギガを消費するのは、外出時だけに限られます。

多くのユーザーは、外出時に通信会社の回線利用が、月に3GB程度以内に収まっています。

 

2022年1月27日に株式会社MM総研は最新の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2021年12月時点)」を公表しています。

 

 

(出典:MM総研

 

左側の方にある3GB以下に、ユーザー数は集中している事が一目瞭然です。

 

無制限プランは当然オーバークオリティで、いくらセット割を受けていたとしても、無駄な費用を毎月支払っている事になります。

3大キャリアの小容量プランは割高で、こちらもセット割が適用された価格であっても、メリットはありません。

 

小容量プランで価格メリットが有るのは格安SIMで、光コラボのセット割の中には、キャリア回線だけでなく、安価な格安SIMの料金設定から、更に安価に利用出来るセット割が適用できる回線が存在しています。

 

格安SIMに光回線を組みあわせてセット割を適用させれば、月に支払う通信費は大幅に安価になります。

 

具体的に通信費トータル費用を下げる、テレワークにオススメできるインターネット回線を、以下ご紹介します。

 

テレワークにオススメな通信費が安くなる光回線① 「OCN光」

 

(出典:OCN光申込サイト)

 

「OCN光」の月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで3,960円です。

 

OCNモバイルONEのセット割

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

OCN光とOCNモバイルONEの組み合わせで、月額220円の割引きが、スマホ一台あたりで受けられるセット割が適用されます。最大5契約月額1,100円まで適用されます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割実質金額
500MB/月コース550円550円
1GB/月コース770円220円550円
3GB/月コース990円220円770円
6GB/月コース1,200円220円980円
10GB/月コース1,600円220円1,380円

 

マンションでOCN光、家族3人でOCNモバイルONEの3GBプランを利用した時の、通信料トータル金額は、3,960円(OCN光)+2,310円(OCNモバイルONE 3GB×3人)=6,270円

 

家族三人で高品質な光回線とスマホを利用しても、キャリアで無制限・大容量プラン1人分よりも安くなります。

 

テレワークに最適な通信品質

 

「OCN光」を運営するのは、NTTのグループ会社であるNTTレゾナント株式会社で、ドコモの子会社であり、NTTグループの通信技術の中核を担う会社の一つです。

 

OCNは、世界的なTier1(ティア1) IPバックボーンを保有しています。

 

OCNは国内最大級のバックボーン
OCNは世界的なTier1IPバックボーン「NTTコミュニケーションズグローバルIPネットワーク」を世界レベルの技術陣が運用し、世界最高水準のインターネット接続サービスを提供しているため、国内最大級の品質と安心!

 

ティア1は、インターネットの根幹部分を支えている、太く広い通信網です。

日本で保有しているのはOCNだけです。

 

例えるなら、世界でも有数な太い道路を利用出来ると思ってください。

 

テレワークに快適なインターネット環境を、OCN光なら安価に構築出来ます。

 

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンを行っています。

詳細は以下をご覧下さい。

 

OCN 光キャッシュバック 最大 60,000円を現金還元!
【当サイト限定】OCN 光の新規契約または転用(フレッツ光からの乗り換え)・事業者変更(光コラボ間の乗り換え)で最大60,000円キャッシュバック!さらに希望者にはWi-Fiルーターをプレゼント♪OCN 光公式割引&当サイト限定キャッシュバックでお得に高速インターネットを始めよう!

 

 

テレワークにオススメな通信費が安くなる光回線② 「@TCOMヒカリ」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOM(アットティーコム)ヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

LIBMOとのセット割

 

(出典:LIBMO公式)

 

光回線の@TCOMヒカリと、格安SIMであるLIBMO(リブモ)を組みあわせて、「LIBMO×光セット割」が適用されます。

 

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

セット割で適用される月額220円の割引きは、最大家族5人で1,100円までが割り引かれます。

 

、3GBプラン980円が、@TCOMヒカリと「セット割」を適用することで、月額760円になるので、マンションタイプの場合なら760円+4,180円=4,940円がトータルの通信費になります。

 

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンを行っています。

詳細は以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大50,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大50,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 月額料金12ヵ月割引
今なら@T COM(アットティーコム)ヒカリの月額基本料金が12ヵ月間最大440円割引!月額3,850円~と格安料金で光インターネットを始めるなら今!自宅で快適なWi-Fi環境を導入したい方はこの機会にぜひ。

 

@TCOMヒカリなら、低コストで高品質なテレワーク環境が始められます。

 

 

光回線の導入が出来ないなら「ソフトバンクエアー」

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト

 

テレワークでインターネット回線が必要になったけれど、導入工事の時間はとても待てない事情が有る場合や、お住まいの場所が光回線の対応エリアでない場合、マンション集合住宅にお住まいで、その建物に光回線が導入されていない場合など、光回線が利用出来ないケースでの、インターネット回線確保手段としては、ホームルーターの活用が有効です。

 

ホームルーターは3大キャリア各社からサービスが提供されていますが、最もこのジャンルでは古くから展開して多くのノウハウを持つ、「ソフトバンクエアー」をテレワーク用のインターネット回線としてオススメします。

 

ソフトバンクエアーの月額料金は、1年目3,080円 2年目以降5,368円 です。

割引キャンペーンを行っていて、1年間の月額料金から毎月2,288円が割引きされるので、月額料金は1年間月額3,080円になります。

 

本体価格が71,280円掛かりますが、月々割で毎月分1,980円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用が出来ます。

 

繋がりやすさ

現在テレワークが導入されている企業は、東京とその近郊都市・大阪・名古屋など都心エリアが多くなっています。

 

これらの地域では、同じアンテナ基地局へのユーザー集中という問題が有りますが、「ソフトバンクエアー」では、回線品質の悪化する事を避けるために、随時加入制限が行われています。

 

そのため、加入できない場合も発生しますが、加入できた場合は規定の加入者数内のエリアと考えられ、比較的混みにくい環境で利用することが出来るため、テレワークの利用に最適です。

 

月額料金が安い

ソフトバンクエアーは、申込みに正規代理店を利用する事で、公式の特典に加えて代理店独自の特典も享受出来るので、得られるキャッシュバック金額が大きくなります。

 

キャッシュバック詳細については、以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

 

キャッシュバック金額まで考慮して、他社のホームルーターと2年間の実質料金を比較してみましょう。

 

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,080円
基本月額 2年目4,950円4,268円5,368円
2年間合計金額118,800円102,432円101,376円
キャッシュバック18,000円15,000円33,000円
2年間実質合計100,800円87,432円68,376円
実質月額料金4,200円3,643円2,849円

 

光回線やホームルーターを含めても、圧倒的に安価にテレワークのインターネット環境を構築出来ます。

 

ワイモバイルで「セット割」

光回線と同様に、スマホのセット割も適用出来ます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ソフトバンクと同じ回線を利用する、MNOキャリアのサブブランドであるワイモバイルは、メインのソフトバンクと比較して大幅に安価な月額料金で利用する事が出来て人気です。

 

このワイモバイルが、ソフトバンクエアーと組みあわせて「セット割」を適用させる事により、更に大幅に安くなります。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

3GBプランなら、月額990円で利用が出来ます。

 

テレワークに必要な通信環境が、スマホを含めて安価に利用出来ます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました