PR

UQモバイルとセット割引になる光回線はどこ?

光回線

スマートフォンを利用するのに、インターネット接続は欠かすことができない必須条件です。

Wi-Fiがあれば利用する事ができますし、それが使う時の基本になっている方も多いですが、電話としての機能を果たして、外出先のWi-Fiが無い場所でも快適に利用するためには、通信会社とのスマホプラン契約が必要になります。

 

回線設備やアンテナ基地局など多大な資本が必要になるスマホプランは、Wi-Fiに比べてとても割高な料金設定になる事は、ある程度仕方が無い事だと言えます。

通信費トータル費用を抑えるには、家族何人でどれだけ利用しても固定費用で済む、Wi-Fiが利用できるインターネット回線を自宅に導入して、割高になる部分のスマホプランを如何に安くできるか?がポイントになります。

 

高品質な回線と割安感を両立させる手段として、「UQモバイル」はオススメのスマホプランです。

auと併設されているショップも多くなってきて、auよりも大幅に安い月額料金が設定されている事から、UQモバイルの事をauよりも通信品質の劣る格安SIMと捉える方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

 

UQモバイルは、auと全く同じ回線品質が利用できるサブブランドで、月額料金だけが安くなっています。

この安価なUQモバイルをより割安に利用するには、組みあわせて利用する光回線のセット割が欠かせません。

 

UQモバイルと併せて利用する事により、「セット割」が適用される光回線はどこなのか?解説していきます。

 

 

UQモバイルのメリットは?

UQモバイルのメリットは、同じ周波数帯(電波)を使うauのスマホプランよりも、大幅に安い月額料金で利用ができるのはもちろんですが、光回線を自宅に導入してWi-Fiを利用するユーザーにとって使いやすい合理的なプランである事が言えます。

 

auと同じ電波・回線が使える

スマホプランを提供しているのは、MNOと呼ばれている通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)と、そこから回線の一部を借りて運営されるMVNOと呼ばれている格安SIMの2種類があります。

 

MNOは総務省から認可を受けた周波数帯でのみ通信事業を行うことが可能で、各社で利用できる電波が異なっています。

 

メイン運用されている、各社の4Gの認可されている周波数帯を見てみましょう。

 

バンド周波数帯使用するキャリア
12GHz帯docomo・au・SoftBank
31.7GHz帯docomo・au・SoftBank・楽天モバイル
8900MHz帯SoftBank
111.5GHz帯au・SoftBank
18800MHz帯au
19800MHz帯docomo
211.5GHz帯docomo
26800MHz帯au
28700MHz帯アジア太平洋共通バンド(docomo・au・SoftBank)
412.5GHz帯Wireless City Planning・UQ コミュニケーションズ
423.5GHz帯docomo・au・SoftBank

 

auが使っている周波数帯とUQモバイルは全く同じで、auで入手したスマートフォンが原則そのまま快適にUQモバイルで利用する事ができます。

 

格安SIMは、使う電波は同じでも利用できる回線は一部に制限されますが、UQモバイルは利用できる回線もauと全く同じです。

 

現在の高速回線は、複数の周波数帯を同時に利用して「キャリアアグリゲーション」と呼ばれる技術で速い速度を実現していますが、UQモバイルでも対応しているスマホならauと同様にキャリアアグリゲーションが利用できます。

 

楽天モバイルでもauが利用できるようになったのでは?

楽天モバイルが「最強プラン」に変更された事に併せて、auの電波が無制限で利用できるようになり、繋がりにくさが改善された事がアピールされています。

 

楽天モバイルは自社のアンテナ基地局などの設備が進むにつれて、パートナー回線と呼ばれる楽天回線が繋がらない場所で、au回線が月に5GBまで利用できるサービスを次々と廃止してきました。

 

しかし、ここに来て大きく方向転換を行い、再度楽天回線が繋がらない場所でau回線が無制限に利用できる事になり、人口カバー率は99%以上を達成しています。

 

au回線を安価に利用できる手段として、楽天モバイルを検討しているなら、積極的にはオススメしません。

 

auが楽天モバイルに貸し出している周波数帯は、先の表にあるバンド18に限定されていて、利用できる場所は限られる上にキャリアアグリゲーションも利用できません。

 

楽天モバイルのバンド3が利用できる場所では、同時にauのバンド18を利用する事はできず、相対的に見ればUQモバイルの通信品質に楽天モバイルは大きく及ばない傾向にあります。

 

光回線利用と併用するならUQモバイルが合理的

自宅の光回線でWi-Fiを利用する場合、自宅でのスマホ利用でスマホプランのギガを消費する事は基本的にありません。

 

ギガ消費は外出時のWi-Fiが無い場所に限られますが、多くのスマホユーザーはそれほど大量のギガ消費は行っていません。

外出時にスマホで利用するインターネットの殆どは、webチェックやLINEでの連絡、SNSのチェックやMAP利用等が多く、考えているよりもデータ消費をしていません。

 

多くのスマホユーザーは3GB程度のプランが最適

 

(出典:MM総研

 

2023年3月1日に株式会社MM総研が調査した、「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1月調査)」では、Wi-Fi利用を除くスマホプランのギガ消費のみの統計をとっていますが、多くのユーザーは月に3GB未満のデータ量に収まっていて、最も多いのは1GB未満になっています。

 

そのため、外出時にスマホで動画視聴をする習慣があるユーザーを別にすれば、多くのスマホユーザーは月に3GB程度の容量プランが最適だと言えます。

 

auのプランは割高

自宅に光回線の導入を考えていないユーザーにとって、auの使い放題MAXプランはメリットがありますが、光回線を自宅で利用するユーザーにとって、多くの場合月額7238円をスマホ1台につき支払って、無制限プランを利用するメリットはありません。

 

auの小容量プランはスマホミニプランで

・~1GB     月額3,465円

・1GB超~2GB 月額4,565円

・2GB超~3GB 月額5,665円

・3GB超~4GB 月額6,215円

 

になっていますから、3GB程度の利用には月額5665円になります。

 

UQモバイルなら小容量プランが安価に利用できる

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

UQモバイルは、Sの月3GB 1,628円・Mの月15GB 2,728円・Lの月25GB 3,828円の「くりこしプラン」を展開していましたが、2023年6月末で新規募集を停止して、新しく3つのプランが2023年7月にスタートしています。

 

月に15GBまでの「トクトクプラン」月額3465円・月に20GBまでで10分までの国内通話かけ放題が込みの「コミコミプラン」月額3278円・月に4GBまでの「ミニミニプラン」月額2365円がありますが、自宅の光回線と組みあわせて使うならミニミニプランが最適で、UQモバイルなら4ギガの容量が、auの小容量プランと比較して半額以下で利用ができます。

 

 

セット割適用のUQモバイル「ミニミニプラン」の月額料金

auひかりなどの光回線とauのスマホプランを組みあわせて割引きが受けられる、「スマートバリュー」で毎月のスマホ代が割引きされるセット割は知名度が高く、利用者も多いのですが、UQモバイルにもセット割が適用されます。

 

スマートバリューと同様に、ひかり電話(月額550円)の利用は必須ですが、従来の固定電話と比較して維持費が大幅に安くなるため、メリットも大きいと言えます。

 

光回線との組みあわせに最適な、UQモバイルの「ミニミニプラン」では、毎月スマホ1台につき1100円が割引きされます。

 

支払方法にau PAYカードを指定すれば、加えて毎月187円の割引きが受けられます。

 

割引きをフル活用したミニミニプランの月額料金は

 

(ミニミニプラン)2,365円-(インターネット回線セット割)1,100円-(au PAYカード支払割)187円=1,078円

 

になります。

 

4GBまで利用できるau回線をフルに使えるプランが、スマホ1台につき月額1000円ちょっとで利用ができるのは大きなメリットで、通信費トータル費用を大幅に下げる事が可能になります。

 

 

UQモバイルのセット割適用の光回線は?

auやUQモバイルを擁するKDDIの光回線戦略は、他の通信キャリアと比較して独自路線色が強くなっています。

 

そのことを踏まえた上で、UQモバイルのセット割が適用される光回線を見ていきましょう。

 

全国展開している光回線は限られている

光回線を利用するためには、利用者個別の建物や部屋に光ファイバーケーブルを引き込む必要があり、全国津々浦々に光回線を提供するのは簡単に行える事ではありません。

 

そのため、全国をエリアにしている光回線の種類としては、概ね3つのみになっています。

 

一つ目はNTT東西が敷設している「フレッツ光」で、全国47都道府県全てを網羅している唯一の光回線であり、人口カバー率でも他を圧倒するきめの細かさで対応しています。

 

MNOの4社のうち、ドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルはフレッツ光を使う光回線サービスを展開していて、プロバイダをワンセットにした「光コラボ」の形態で提供しています。

ドコモではドコモ光・ソフトバンクではソフトバンク光でセット割を提供しています。

 

二つ目のKDDIが行っている「auひかり」は、ライバルのNTTと正面から戦っても分が悪いため、地域限定で光回線サービスを展開している、eo光やコミュファ光などの電力会社が管内に提供している「電力系」光回線や、より提供範囲の狭い「ケーブルテレビ系」などと提携をしていて、セット割を数多くの光回線でカバーする戦略になっています。(三つ目はソニーネットワークコミュニケーションズのNURO光です)

 

UQモバイルのセット割適用光回線

具体的に、UQモバイルでセット割が適用される光回線サービスを確認しましょう。

 

ケーブルテレビ系以外の光回線

 

光回線対象エリア光回線系列
auひかり近畿・東海以外の全国KDDI系
auひかり ちゅら沖縄KDDI系
ひかりゆいまーる沖縄KDDI系
So-net光プラス全国フレッツ光系
ビッグローブ光全国フレッツ光系
@nifty光全国フレッツ光系
エディオンネット全国フレッツ光系
eo光近畿電力系
コミュファ光東海電力系
ピカラ光四国電力系
BBIQ光九州電力系
メガエッグ光中国電力系
@T COMヒカリ静岡県以外の全国フレッツ光系

 

KDDIでメインの光回線サービスのauひかりが、関西圏・東海圏でサービスを展開していないのは、地元エリアで強い存在感がある電力系のeo光・コミュファ光と、NTTのフレッツ光を加えた三つ巴の中で厳しい戦いをするよりも、電力系と組んでNTTと戦うスタイルの方がauの訴求に効率が良いという計算があります。

 

では人口の多い東京エリアで、auひかりは何故サービスを行っているのかは、東京電力が行っていた光回線サービスが経営危機になった時に、KDDIが取り込んでいるからです。

この東京エリアについては東京電力の独自回線を使っていますが、他の提供エリアではフレッツ光の利用していない「ダークファイバー」と呼ばれる部分を使っています。(NURO光も同様にフレッツ光のダークファイバーを利用しています)

 

独自路線を行くKDDIですが、フレッツ光を使う人気の光コラボサービス「ビッグローブ光」や「ニフティ光」「@TCOMヒカリ」で、垣根に関係無くセット割が提供されるのは、実を取るKDDIらしい「したたかさ」です。

 

ケーブルテレビ系の光回線

超速NETに次世代 AI Wi-Fiがついて、実質月額900円~! | J:COM
J:COMなら超速NETが最短4日ですぐに使える!次世代 AI Wi-Fiで家じゅうサクサクつながるインターネットが、お得にご利用いただけます。

 

ケーブルテレビは提供エリアが局地的に限定されている事も多く、全国では相当数のサービスがありますが、UQモバイルのセット割は幅広く対象になっています。

 

対象ケーブルテレビの対象詳細は、UQ mobile公式ホームページでご覧下さい。

 

 

UQモバイルのセット割適用光回線で選ぶならどこ?

数多くあるUQモバイルでセット割適用の光回線の中で、「KDDI系」「電力系」「ケーブルテレビ系」「フレッツ光」の、どれを選択するのが長期的なメリットがあるのか?考えてみましょう。

 

国はスマホプランの乗り換えに積極的

ガラケーが中心だった時代には、通信会社の乗り換えは大きな障壁が数多くあり、簡単ではありませんでした。

 

利用している端末はSIMロックが掛かっている事が当たり前で、購入した通信会社以外では利用する事ができず、通信会社の乗り換えには新たに端末の購入が必須条件であり、それまで使っていた電話番号は乗り換えで継続利用はできず、新たに電話番号を収得する必要がありました。

 

また、費用面で大きな負担になっていたのは、「2年縛り」と呼ばれた契約期間縛りです。

これは契約期間に解約すれば違約金が掛かるのはもちろん、契約期間が終了した時点で現れる数ヶ月の違約金が発生しない解約月を経過すると、再度同様の契約期間が自動的にスタートするものでした。

 

これらのMNOの政策は、ユーザーを長期間自社内に囲い込む手法として機能してきましたが、行き過ぎた囲い込みが携帯電話料金の高止まりに繋がっていると判断した国によって多くが撤廃されて、他社への通信会社乗り換えの障壁は格段に下がっています。

 

購入したスマートフォンはSIMロック無しになり、通信会社を乗り換えてもそのまま利用が可能になり、電話番号も継続してどの会社に乗り換えても使用できるMNPの制度が整い、契約期間縛りも原則撤廃されています。

 

さらに、物理的なSIMを受け取る必要が無い「eSIM」の登場や、従来は電話番号の継続利用のMNPで、利用中の通信会社と新しい通信会社の両方に必要だった手続きも、新しい通信会社だけで完結出来る「ワンストップ」など、国の意向もあって乗り換えはより簡単に便利になっています。

 

長期的な乗り換えも視野に入れるならフレッツ光

現在は魅力的なUQモバイルですが、今後はさらに他社から魅力的なスマホプランが登場する可能性はありますし、利用形態の変化や家族構成の変化などのニーズ変化などにより、スマホプランは積極的に自分にマッチするものに乗り換えた方がメリットは大きく、乗り換えやすい環境も整っています。

 

しかし、スマホプランを乗り換える事は簡単になっても、選択を間違えれば光回線の乗り換えは容易ではありませんし、スマホプランのセット割が無くなれば価格メリットが享受しにくくなります。

 

選択肢が多いフレッツ光の「光コラボ」なら乗り換えも簡単

「KDDI系」「電力系」「ケーブルテレビ系」の乗り換えは、大きな困難が付いて回ります。

 

新しい光回線への乗り換えは、乗り換え先の光回線の導入工事を行い、使っていた光回線の撤収工事も原則として必要になり、費用負担と手間が大変です。

 

しかし、フレッツ光を使う「光コラボ」なら別の光コラボへの乗り換えが簡単にできます。

 

 

(出典:NTT西日本*一部改変)

 

光コラボは、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社から提供されていて、セット割の選択肢が豊富に用意されています。

別の光コラボへの乗り換えは「事業者変更」という手続きだけで簡単に行え、新たな回線工事や撤収工事も必要無く、インターネットが利用できない期間も生じません。

 

解りやすい例で説明すると、ソフトバンクのセット割適用で光コラボのソフトバンク光を利用していたユーザーが、ドコモのプランに魅力を感じた場合に、スマホプランをドコモに乗り換えるだけでなく、光回線も光コラボのドコモ光に「事業者変更」の手続きだけで、簡単に乗り換えられてセット割のメリットが享受できるという事です。

 

引っ越し時の対応力もフレッツ光

これから先に、引っ越しをする機会も長期的にはあるかもしれません。

その場合もフレッツ光を使う光コラボに、大きなメリットがあります。

 

全国展開をしている「auひかり」でも、先述のように関西東海エリアへ引っ越せば提供エリアではなくなり、継続利用はする事ができません。

また、マンション集合住宅での光回線利用は、建物の共有スペース内まで引き込み工事が完了している光回線しか使えず、auひかりが導入されている建物は極めて少ないですが、フレッツ光・光コラボなら全国の数多くのマンション集合住宅を含めた建物に、既に導入されています。

 

「電力系」「ケーブルテレビ系」では、更に提供エリアは狭くなっています。

 

引っ越し時にも問題無く利用できる光回線は、フレッツ光とそれを使う「光コラボ」の提供エリアの広さによる対応力が圧倒的です。

 

 

UQモバイルのセット割適用「光コラボ」のオススメは?

具体的にUQモバイルでセット割が適用される、オススメの「光コラボ」をご紹介しましょう。

 

「@TCOMヒカリ」

 

(出典:@TCOMヒカリ申込サイト)

 

@TCOM(アットティーコム)ヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く豊富な技術力が有り、契約者数に応じた回線増強も積極的に行っていて、高品質な回線が安価に利用できます。

 

UQモバイルのセット割が、光コラボの@TCOMヒカリと併せて利用することで適用されます。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

キャッシュバックキャンペーン

@TCOMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバック特典の詳細は、以下をご覧下さい。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 最短3ヵ月で最大50,000円キャッシュバック
@T COM(アットティーコム)ヒカリの新規加入で最大50,000円を最短3ヵ月で現金キャッシュバック!さらに工事費も最大19,800円が割引で実質無料!おトクに@T COM(アットティーコム)ヒカリを始めるチャンス!

 

12ヵ月間月額料金の割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。

戸建てタイプでは月額440円が割引きされ、マンションタイプでは月額330円が12ヵ月割引きされます。

 

回線導入工事費無料

光コラボである@TCOMヒカリを利用するには、フレッツ光の導入工事が必要になります。

 

最大で19,800円の標準工事費がかかりますが、今なら工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ 新規工事費無料特典
@T COM(アットティーコム)ヒカリなら2年バリューパック(24ヵ月の自動更新)を新規でお申込みの方は「新規工事費無料特典」の適用で、最大19,800円(税抜18,000円)の新規工事費が月額料金から毎月割引され実質無料!初期費用がお得に。

 

 

「ビッグローブ光」

 

(出典:ビッグローブ光申込サイト)

 

パソコン通信の時代からプロバイダ業務を行ってきた老舗の一つ、ビッグローブ光でもUQモバイルのセット割が適用されます。

 

ビッグローブ光の月額料金は、一戸建てタイプで5,478円・マンションタイプで4,378円です。

 

キャッシュバックキャンペーン

ビッグローブ光をオンライン専門代理店で契約を行うと、キャッシュバックが受け取れます。

詳細は以下をご覧下さい。

 

ビッグローブ光 最大55,000円キャッシュバックを現金還元
【当サイト限定】BIGLOBE(ビッグローブ)光を新規でお申し込みの場合、最大55,000円のキャッシュバックを現金で還元!事業者変更や転用の場合も当サイトなら20,000円キャッシュバック♪お得にビッグローブ光を始めるなら!

 

 

工事費無料キャンペーン

ビッグローブ光の導入には最大で19,800円の標準工事費がかかりますが、今なら工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

 

ビッグローブ光 新規工事費キャンペーン
BIGLOBE(ビッグローブ)光の工事費が毎月割引される「初期工事費無料キャンペーン」についてご案内。ビッグローブ光ならキャンペーンの適用で最大33,000円の工事費が実質無料に!超高速の光インターネットをお得に始めたい方はこの機会をお見逃しなく♪

 

 

引っ越し移転時の工事費用が無料

ビッグローブ光では何度引っ越しを行っても、その都度必要になる工事費が無料になっています。

 

「ニフティ光」

 

(出典:@nifty光申込サイト)

 

ビッグローブに並ぶ老舗プロバイダの雄である、ニフティも光コラボでニフティ光のサービスを提供しており、UQモバイルのセット割が利用できます。

 

@nifty光の月額料金は、一戸建てタイプで5,720円・マンションタイプで4,378円です。

 

3年プランの場合、現在開通月は無料で2ヵ月目から29ヵ月目まで一戸建てタイプで4,895円・マンションタイプでは3,691円で利用ができるキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバックキャンペーン

オンライン専門代理店で契約を行うと、キャッシュバックが受け取れます。

詳細は以下をご覧下さい。

 

@nifty光(ニフティ光) キャッシュバック | 最大33,000円
当サイトより@nifty(ニフティ)光をお申し込みいただくと最短3ヵ月で最大33,000円キャッシュバック!フレッツ光からの乗り換え(転用)や他社光コラボからの乗り換え(事業者変更)でも当サイトならキャッシュバックがもらえるため@nifty光のお申し込みで加入特典をお得に受け取るならぜひ当サイトまで♪

 

 

引っ越し移転時の工事費用が無料

ニフティ光でも何度引っ越しを行っても、その都度必要になる工事費が無料になるキャンペーンが行われています。

 

 

 

「@TCOMヒカリ」+格安SIM「LIBMO」ならもっとお得に

 

(出典:LIBMO公式)

 

先にご紹介した「@TCOMヒカリ」では、UQモバイル以外にも格安SIMの「LIBMO」を併用する事でセット割が適用されて、もっと通信費トータル費用が節約できます。

 

安価に提供されているだけでなく、ドコモが数多くある格安SIMの中で2社しか認めていない、「エコノミーMVNO」として全国のドコモショップでもLIBMOは取り扱われていて、安心して利用できます。

 

プラン内容も豊富です。

LIBMOの具体的なプランと、セット割適用後の価格も見てみましょう。

 

納得プラン

@TCOMヒカリと組みあわせる事で、スマホ1台につき毎月220円のセット割が最大5契約まで適用が受けられます。

 

〇納得プラン
データ容量通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
3GBプラン980円1回線 220円/月割引760円
8GBプラン1,518円1回線 220円/月割引1,298円
20GBプラン1,991円1回線 220円/月割引1,771円
30GBプラン2,728円1回線 220円/月割引2,508円

 

外出先でも動画視聴をするなど、データ量が必要な方にもLIBMOならUQモバイルよりもお得に使えて、ニーズに応じたプランを選択できます。

 

セット割適用後の3GBプランは、月額760円で利用する事ができます。

 

家族4人でLIBMOの3GBプランに乗り換えて、自宅のWi-Fi回線として@TCOMヒカリを利用している場合の、通信費トータル費用を計算してみましょう。

 

戸建て利用の場合

(@TCOMヒカリ 戸建て)5,610円+(LIBMO 3GB 割引き後)760円×4人=8,650円

になります。

 

家族4人分のスマホ代と自宅の光回線の費用を入れても、3大キャリアの無制限プランの一人分と大差ない費用で維持出来ます。

 

マンション集合住宅利用の場合

(@TCOMヒカリ マンション)4,180円+(LIBMO 3GB 割引き後)760円×4人=7,220円

になります。

 

家族4人分の通信費トータル費用として、更にこちらは安くなりますね。

 

ゴーゴープラン

こちらのプランも@TCOMヒカリと組みあわせる事で、スマホ1台につき毎月220円のセット割が最大5契約まで適用が受けられます。

 

このプランは、スマホでインターネットを自宅以外で使う事が少なく、電話通話をメイン利用している方に最適です。

 

〇ゴーゴープラン
プラン通常料金@T COMヒカリ
月額割引額
実質金額
500MB

5分かけ放題
1,100円1回線 220円/月割引880円
500MB

10分かけ放題
1,320円1回線 220円/月割引1,100円
500MB

かけ放題
1,980円1回線 220円/月割引1,760円

 

@TCOMヒカリと組みあわせてセット割を適用させれば、月額1,760円という安さでかけ放題のスマホが維持出来ます。

 

家族の個々の利用状況に合わせて、プランは自由に組みあわせる事が可能です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました