LINEMO(ラインモ)におすすめの光回線は?通信費を節約するには?

光回線

ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」はデータ通信容量3GBが月額990円、20GBが月額2,728円、通話もよく利用する方は音声通話かけ放題オプション月額1,650円を組み合わせて、通話料金もお得にすることができるため、従来のソフトバンクのプランと比べてかなりお得です。

 

 

(出典:LINEMO公式)

 

LINEMO(ラインモ)の料金

プランLINEMO 20GBLINEMO 3GB
月額料金2,728円990円
データ容量20GB3GB
音声通話国内通話:22円/30秒
ネットワーク4G/5G対応
手続き方法オンライン限定

 

また、LINEMOはLINE利用時のデータ通信がノーカウントで「LINEギガフリー」のため、LINEをよく利用する方にとってはとても魅力的ですよね。

 

そこで当コラムでは、LNEMOへ乗り換えを機にお家のインターネット回線も乗り換えるなら、どこがおすすめなのか?LINEMOにおすすめの光回線をご紹介していきます。

 

LINEMOとセットで利用するならやっぱりソフトバンク光?

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアのスマホを利用している方は対象となるネットとセットで利用をすれば、セット割引の適用でスマホの料金が毎月割引されるため、お得でしたが・・・

 

例)ソフトバンクスマホとソフトバンク光 または NURO光をセットで利用すると
おうち割 光セットの適用でスマホの料金が毎月最大1,100円割引!
※おうち割 光セットを適用するにはオプション(月額550円)の加入が必須

 

LINEMOは残念ながら、ソフトバンク光などの固定回線とのセット割引が対象外となっています。そのためスマホをLINEMOで契約して、さらに光回線との通信費トータルを節約したい方は・・・

 

月額料金の安さやキャンペーン内容を含めて考え、利用する期間に応じて実質料金が最も安い光回線を契約するのがおすすめとなります!

 

LINEMO(ラインモ)にもおすすめ!料金の安さで光回線を契約するなら?

光回線の月額料金と割引・キャッシュバック比較表

戸建て 月額マンション 月額契約期間途中解約
の違約金
キャッシュバック工事費
ソフトバンク光5,720円4,180円2年10,450円25,000円乗換無料
@TCOMヒカリ5,610円
4,290円(12ヵ月)
4,180円
3,190円(12ヵ月)
2年13,200円F30,000円
M27,000円
実質無料
ぷらら光5,280円3,960円なしなし40,000円有料
OCN光5,610円3,960円2年11,000円
(不課税)
5,000円有料
ニフティ光5,720円
5,060円(41ヵ月)
4,378円
3,828円(41ヵ月)
2年10,450円22,000円有料
楽天ひかり5,280円
3,080円(12ヵ月)
4,180円
1,980円(12ヵ月)
3年10,450円有料
ビッグローブ光5,478円4,378円3年11,900円
(不課税)
20,000円実質無料
So-net光プラス6,138円4,928円3年20,000円
(不課税)
60,000円実質無料
ドコモ光5,720円(A)
5,940円(B)
4,400円(A)
4,620円(B)
2年戸建て
14,300円
マンション
8,800円
20,000円実質無料
NURO 光5,200円5,200円2年10,450円
+撤去費
45,000円実質無料
auひかり5,610円4,180円戸建て
3年
マンション
最低6ヵ月
戸建て
16,500円
+撤去費
マンション
残期間料金
40,000円実質無料
フレッツ光4,730円~
(+プロバイダ)
3,135円~
(+プロバイダ)
2年戸建て
11,000円
マンション
7,700円
東35,000円
西45,000円
有料

 

上記のように人気光回線を月額料金で比べてみると、

 

ほとんどの光回線は月額料金の割引だけでなく、キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、2年か3年ごとに乗り換えることを考えるとすれば、キャンペーンも含んだ金額で実質の月額料金が一番安い光回線を選ぶとお得になります。

 

また、頻繁に光回線を乗り換えたりしないという方はキャンペーンなどを含まずに標準の月額料金が安い光回線を選ぶと、長い目で見て一番安く利用できるでしょう。

 

光コラボの2年、3年、5年の月額実質料金は光コラボ比較サイトで簡単に比較できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

光コラボレーション比較 人気コラボの実質料金がはっきりわかる!
光コラボレーションを徹底比較!2022年版。光コラボ各社のサービス内容や1年間/2年間/5年間の実質費用や月額料金、キャンペーン、スマホセットなどの料金を総合的に比較。当サイト限定の新規及び転用の光コラボキャンペーンも実施中!

 

光回線のキャッシュバックキャンペーンを比較した記事もありますので参考にどうぞ。

 

 

 

LINEMOはスマホとのセット割がないため、セット割での通信費削減は期待できませんが、料金の安い光回線を組み合わせて利用すれば毎月の通信費を節約することができます。

 

ソフトバンクや大手キャリアのスマホからLINEMOへ乗り換えるなら、この機会にお家のインターネット回線も料金が安い光回線へ乗り換えを検討してみてもいいですね。

 

ただし、スマホをLINEMOではなく他の格安スマホや格安SIMでも問題ないという方は、スマホと光回線セットの月額料金はもっと安くすることが可能ですので、そういった方は下記の参考記事をぜひご覧ください。

 

 

LINEMOにおすすめの光回線は ぷらら光

LINEMOはスマホとのセット割が適用されないため、光回線を選ぶには料金が安い光回線を選ぶとお得になりますが、前述の初期工事費・月額料金・キャッシュバックを比較し、LINEMOとセットで利用した場合の実質料金が安く、かつ快適にインターネットが利用できる光回線をひとつご紹介するとすれば、ぷらら光がおすすめできます。

 

ぷらら光 お申し込みサイト
NTTぷららが提供する低価格、高品質の光回線インターネット「ぷらら光」なら、事務手数料が無料&月額3,960円~さらに当サイト限定キャッシュバック実施中!

 

ぷらら光は、月額料金がマンションタイプでは月3,960円、戸建てタイプが月5,280円と比較的安く、高額なキャッシュバックも実施、通信速度も次世代通信方式IPoE(IPv4 over IPv6)接続を標準で利用できるため、コストパフォーマンスに優れています。

 

利用開始から2年間の実質料金も安く、2年以上の長期利用を考えた時にも月額料金が急に高くなることもなく、お得な料金で高品質な光回線を利用できます。

 

また、現在ではWiFiルーターの設置は必須だと思いますが、WiFiルーターを設置する時にも対応したWiFiルーターを探す手間もなく、WiFiルーターのレンタル料も永年無料で提供しているので、月々の出費を増やすことなくWiFi環境を構築することが可能です。

 

ぷらら光は、映像配信サービスである「ひかりTV」とのセット割を適用できたり、契約期間や違約金が無かったりとサポートやその他のサービスも充実しているので、お得に快適なネット環境を整えるには安心できるサービスです。

 

まとめ

新たに発表されたソフトバンクの新プランLINEMOは月額料金の安さだけでなく、LINEを利用すればトークや通話も使い放題となっているため、とてもお得ですよね。

 

そのため、LINEMOへ乗り換えを検討している方も多いと思いますが、お家のインターネット回線もこの機会に見直せばさらに通信費を節約することができるので、ぜひ見直しを考えてみてはいかがでしょうか。

 

2年間の利用が前提であれば、できるだけ割引やキャッシュバックがお得な光回線を選べば実質料金が安くなり、長期利用が前提なら短期間の実質料金だけでなく、月額料金が比較的安い設定の光回線を選ぶとお得に利用することができます。

 

この機会に最適な光回線を選び、お得に快適なインターネット環境を整えてくださいね。

 

光コラボ比較サイトでキャッシュバックキャンペーンも実施中です!

  • ぷらら光なら 40,000円キャッシュバック

 

  • @TCOMヒカリなら
    ファミリータイプ:30,000円キャッシュバック
    マンションタイプ:
    27,000円キャッシュバック

 

  • ソフトバンク光なら 25,000円キャッシュバック

 

お得に光回線を契約したい方は、ぜひ光コラボ比較サイトを参考にしてください。

 

光コラボレーション比較 人気コラボの実質料金がはっきりわかる!
光コラボレーションを徹底比較!2022年版。光コラボ各社のサービス内容や1年間/2年間/5年間の実質費用や月額料金、キャンペーン、スマホセットなどの料金を総合的に比較。当サイト限定の新規及び転用の光コラボキャンペーンも実施中!

 

タイトルとURLをコピーしました