工事がいらないWiFiとは?種類、料金、キャンペーンを解説

WiFi

WiFiと聞くと工事が必要なイメージがあり、なんだか面倒に感じる方もおられるのではないでしょうか。実は工事がいらないWiFiもあり、とても簡単な手順で着いたその日からWiFiでインターネットができてしまうのです。

 

本記事では、工事がいらないWiFiの種類・料金・キャンペーンについて分かりやすく解説します。

 

工事がいらないモバイルWiFiはライトユーザーにおすすめ

モバイルWiFiは、ライトユーザー向けの工事がいらないWiFiです。スマホや携帯と同じ無線通信によるインターネット契約で、WiFi端末(ルーター)にスマホ・タブレット・パソコンなどを接続して使います。

 

モバイルWiFiのWiFi端末(ルーター)は、光回線に比べてサイズも小さく軽量のため、お住まいだけでなく外出先でのWiFi利用にも最適です。

 

導入手順も簡単で、申し込みから契約が成立すると、WiFi端末(ルーター)が指定住所に発送されます。WiFi端末(ルーター)が着いたら、電源を入れて設定するだけで、その日からすぐにインターネットができるのです。

 

このように工事のいらないモバイルWiFiの中から、おすすめの楽天モバイル、クイックWiFi、どこよりもWiFi、GMOとくとくBBについてご紹介します。

 

モバイルWiFiの月額料金

 

モバイルWiFi会社名月額料金WiFiルーター代金
楽天モバイル・1GBまで:0円

・3GBまで:1,078円

・20GBまで:2,178円

・20GB以上:3,278円

9,980円(Rakuten WiFi Pocket)
クイックWiFi・U3(100GB):3,718円

・U3(50GB):2,948円

・G4Max(100GB):4,158円

・U3:26,400円

・G4Max:29,040円

どこよりもWiFi・通常料金

最大100GB:3,900円

最大200GB:4,900円

・2年割

最大100GB:3,400円

最大200GB:4,400円

無料(機器損害金19,800円)
GMOとくとくBB
WiMAX
ギガ放題プラン:4,688円(1カ月目3,969円)

7GBプラン:3,969円

0円(交換費用20.900円)

 

モバイルWiFi各社の月額料金から見ていきましょう。光回線の月額料金が平均5,000円台なのに対し、モバイルWiFiはデータ容量の多いプランでも4,000円台と安いことが分かります。

 

楽天モバイルとどこよりもWiFiは段階定額制となっており、データ容量に応じて料金が変わります。クイックWiFiのU3とは、シンプルなタイプのWiFi端末(ルーター)で、データ容量100GBと50GBから選択可能です。G4Maxは、スマホの充電もできる多機能WiFiになります。

 

モバイルWiFiでは、月額料金に加えてWiFi端末(ルーター)の代金やレンタル料金がかかる場合があります。楽天モバイル、クイックWiFi、GMOとくとくBBは買い切りですが、GMOとくとくBBのみ無料です。どこよりもWiFiはレンタル型で、料金は無料となっています。

 

支払方法についても確認しておきましょう。楽天モバイルは、クレジットカード、デビットカード、銀行口座振替に対応しています。クイックWiFi、どこよりもWiFi、GMOとくとくBBの支払方法は、クレジットカードのみです。銀行口座振替やデビットカードでのお支払いの場合は、楽天モバイルをお選びください。

 

モバイルWiFiの初期費用や契約解除料など

 

モバイルWiFi会社名初期費用契約期間契約解除料
楽天モバイル0円なし0円
クイックWiFi3,300円2年間4,950円(更新月以外での解約)
どこよりもWiFi3,300円・通常料金:なし

・2年割:24カ月

・通常料金:0円

・2年割:10,450円

GMOとくとくBB
WiMAX
3,300円3年間・1~24カ月目:27,280円

・25~36カ月目:10,450円

 

月額料金とともに、気になるのは初期費用や契約解除料などのコストではないでしょうか。モバイルWiFi各社を比較すると、クイックWiFi、どこよりもWiFi、GMOとくとくBBの初期費用は3,300円となっています。しかし、楽天モバイルは0円です。

 

さらに楽天モバイルは契約期間もないため、契約解除料も0円になります。どこよりもWiFiも、通常料金のプランであれば契約期間はなく、契約解除料も0円です。

 

この中で最も長い3年の契約期間となるのは、GMOとくとくBBになります。契約解除料は期間により異なり、WiFi端末(ルーター)が無料である点を考慮すると、長期契約をご検討中の方におすすめのモバイルWiFiです。

 

モバイルWiFiのキャンペーン

 

モバイルWiFi会社名キャンペーン内容
楽天モバイル・Rakuten WiFi Pocket実質0円

・3カ月無料

クイックWiFi・8,000円キャッシュバック
どこよりもWiFiお試し期間(7日間)中の初期費用・月額料金・解約金全て0円
GMOとくとくBB
WiMAX
・27,500円キャッシュバック

・ギガ放題プラン1~2カ月目まで3,969円

 

モバイルWiFi各社はお得なキャンペーンを行っており、月額料金などの費用を安くできるメリットがあります。

 

例えば、楽天モバイルはWiFi端末(ルーター)の代金が9,980円でした。しかし、アンケートに回答すると、キャンペーンが適用され実質無料になってしまいます。さらに、新規契約なら1回線目は3カ月無料です。毎月20GB以上使っても、3カ月分の料金9,834円が無料になってしまいということになります。とてもお得ですよね。

 

クイックWiFiは、8,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。つまり、U3やG4Maxといった最新型のWiFi端末が約2万円程度で購入できるのです。

 

GMOとくとくBBは、30,000円という高額のキャッシュバックキャンペーンになります。GMOとくとくBBのギガ放題プランは月額4,688円なので、約6カ月分に相当するキャッシュバックということですね。

 

モバイルWiFiは、キャンペーンと合わせると、お得に工事なしでWiFiを導入できてしまいます。

 

キャンペーン | 【公式】クイックWiFi
【クイックWiFi】のおトクなキャンペーンについて。今ならクィックWiFiのご契約で8,000円キャッシュバック、さらに、光回線と新電力サービスをセットで契約すると最大50,000円キャッシュバック!お得にWi-Fi環境を手に入れるならクイックWiFiで。

 

モバイルWiFiの通信速度

 

モバイルWiFi会社名通信速度
楽天モバイル・楽天回線エリア:高速(数値表記なし)

・パートナー回線エリア:5G超過後1Mbps

クイックWiFi・下り最大150Mbps

・上り最大50Mbps

どこよりもWiFi・下り最大150Mbps

・上り最大50Mbps

GMOとくとくBB
WiMAX
最大速度440Mbps(通常は下り最大220Mbpsか110Mbps)

 

モバイルWiFiの料金といったコスト面を見てきましたが、通信速度も重要なポイントですよね。いくら安くでも、繋がりにくいとインターネットを楽しむことができません。

 

キャンペーンや料金面で安さが目立った楽天モバイルですが、モバイルWiFi各社と比較すると、通信速度では少々繋がりにくい懸念があります。

 

3大キャリアはプラチナバンドが強み

モバイルWiFiやスマホなどのモバイル回線には、プラチナバンドと4G通信システムという2つの周波数帯域が使われています。

 

4G通信システムは、一度に大容量通信を行える点に強みがあります。一方、プラチナバンドは遠くまで電波を届けることに優れ、ビルや家屋の壁といった障害物に遮られることなく、電話やインターネットすることが可能です。そのため、モバイル回線において、プラチナバンドは「繋がりやすい」というブランドにもなっています。

 

しかし、このプラチナバンドを総務省から割り当てられているのは、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのみです。楽天モバイルは、楽天回線かパートナー回線のauエリアのみになります。

 

GMOとくとくBBはWiMAXで高速通信だが…

GMOとくとくBBは、他のモバイルWiFiと異なりWiMAXを採用しています。WiMAXとは、通常のモバイル回線とは異なる無線通信サービスで、大容量データの高速通信が得意です。

 

しかし、WiMAXはモバイル回線と比べると、通信可能エリアが狭い傾向にあります。お住まいの地域が対応しているかは、GMOとくとくBBの「エリアマップ」からご確認ください。

 

WiMAXはWiMAX2+に更新されており、さらに高速で便利になっています。GMOとくとくBBもWiMAX2+を提供しているので、高速通信重視の方におすすめです。

 

クイックWiFiはクラウドSIMで3大キャリアのエリアをカバーできる

クイックWiFiは、クラウドSIMを採用しているため、ドコモ・au・ソフトバンクといった3大キャリア全てのエリアとプラチナバンドが使えます。

 

スマホにも使われる物理SIMカードは、通常1枚しか使えないため、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかの回線しか使えません。しかし、クラウドSIMはSIMカードをインターネット上にクラウド化することで、3大キャリア全てをカバーできるようにしました。

 

このクラウドSIMを使えるクイックWiFiは広いエリアとプラチナバンドに対応しており、さらに料金も安いのでおすすめです。

 

また、どこよりもWiFiも以前はクラウドSIMでしたが、2021年4月頃よりドコモSIMのみとなりました。そのため、それ以前に契約されたユーザーにはクラウドSIMやソフトバンクSIMの方もいるため、混在している状況です。

 

ヘビーユーザー向けのWiFiは光回線がおすすめ

工事のいらないモバイルWiFiについてご紹介しましたが、やはりモバイル通信の仕組みやデータ容量の上限などの点から、ヘビーユーザーには向いていません。

 

工事は必要になってしまいますが、ヘビーユーザーの方はできれば光回線のWiFiをお選びいただく方が、快適にインターネットを楽しめるでしょう。

 

光回線のWiFiは高速通信で安定している

 

光回線月額料金通信速度
OCN光戸建て5,610円

マンション3,960円

・最大1Gbps

・上り最大100Mbps~200Mbps

・下り最大200Mbps

ソフトバンク光戸建て5,720円

マンション4,180円

・最大1Gbps

・上り最大100Mbps

・下り最大200Mbps

@TCOMヒカリ戸建て5,610円

マンション4,180円

・最大1Gbps

・最大100Mbps~200Mbps

 

光回線は有線で家庭やオフィスにインターネットをひくので、モバイルWiFiに比べ通信速度も速く安定しているのが特徴です。

 

月額料金の割引でお得にWiFiが使える

 

光回線料金割引額
OCN光1,210円/月(2年自動更新型割引)
ソフトバンク光・1,100円/月(12カ月間/ソフトバンク・データ定額スマホデビュー3GBプランとの同時加入)

・おうち割:2年間で26,400円(インターネット・スマホ・電気のセットプラン)

@TCOMヒカリ戸建て1,320円/月(12カ月間)

マンション990円/月(12カ月間)

 

月額料金はモバイルWiFiに比べ割高に思われるかもしれませんが、月額料金の割引によってかなり安く利用することができます。

 

光回線はキャンペーンが充実している

 

光回線キャッシュバック額工事費
OCN光戸建て40,000円

マンション32,000円

戸建て19,800円

マンション16,500円

ソフトバンク光30,000円無料

※乗換の場合は有料

@TCOMヒカリ戸建て30,000円

マンション27,000円

月額割引をCB換算

(戸建て15,840円

マンション11,840円)

無料

 

さらに、光回線はキャンペーンが充実しており、たとえ工事費が有料であっても、それを相殺して余るほどのキャッシュバック額があります。

 

月額料金の割引とキャンペーンに加え、さらにスマホもセット利用すれば、生活全体の通信費用を大幅に安くできます。光回線のWiFiなら、家にいる間のスマホ料金も無料です。(※光回線のWiFi料金はかかります)

 

工事のいらない大容量通信WiFiならソフトバンクエアーがおすすめ

集合住宅などにお住まいの場合、光回線の工事にはオーナー・管理会社・管理組合の許可が必要なため、どうしても工事ができない場合もあるでしょう。

 

しかし、モバイルWiFiよりも無制限に大容量通信でインターネットしたい。そんなヘビーユーザーの方には、工事のいらないソフトバンクエアーがおすすめです。

 

ソフトバンクエアーの通信速度

ソフトバンクエアーは、専用のWiFiルーター「Airターミナル」によるインターネット契約です。モバイルWiFiの弱点だった大容量通信を可能にし、月々のデータ容量無制限でインターネットを楽しめます。

 

最新のAirターミナル4の通信速度は最大481Mbpsですが、一部の地域では962Mbps出るほど高速です。ソフトバンクエアーの通信速度は「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」住所別下り最大通信速度情報から確認できますが、ここに住所がない場合は、最大175Mbps~110Mbpsの範囲になります。

 

ソフトバンクエアーの料金

 

■月額料金

 

・5,368円(契約期間なし)

 

ソフトバンクエアーの料金プランは、以前までは契約期間が設定されていましたが、現在は「契約期間なしプラン」のみとなっています。

 

キャンペーンにより、今なら「SoftBank Air スタート割プラス」、「ハッピーバリュー!キャンペーン」によって、24カ月間1,188円、1,100円の合計2,288円割引されて大変お得です。割引が適用されると、月額料金は3,080円になるため、モバイルWiFiと料金面でも差がなくなります。その上、モバイルWiFiより高速の大容量通信が無制限なのは、大きなメリットです。

 

■WiFiルーター代金

 

・購入:59,400円(分割払い)

・レンタル:539円/月

 

ソフトバンクエアーのWiFiルーターは、レンタルと分割払い(12、24、36、48カ月から選択可能)による買取の2通りになります。代金の総額は59,400円です。

 

ソフトバンクエアーのWiFiルーターは、一見モバイルWiFiよりも高額に見えますが、「月月割」によって実質無料にできます。

 

例えば、36カ月の分割払いを選択すると、月々の代金は1,650円です。一方、「月月割」は毎月1,650円割引されます。つまり、約3年間継続利用すれば、WiFiルーターは実質無料になってしまうのです。

 

■初期費用など

 

・初期費用:3,300円

・契約期間:なし

・契約解除料:なし

・クレジットカード

・銀行口座振替

 

ソフトバンクエアーの初期費用は、3,300円でモバイルWiFiと変わりません。

 

ソフトバンクエアーにはお得なキャンペーンがある

 

■ソフトバンクエアーのキャンペーン

 

・最大70,000円現金キャッシュバック

・パソコン、テレビ、最新ゲーム機といった豪華特典(最短2週間でお届け)

 

ソフトバンクエアーは、光回線に勝るとも劣らない高額なキャッシュバックキャンペーンも大きな魅力です。

 

キャッシュバック額は、オプションサービスへの加入で最大なんと70,000円になります。オプションサービスなしでも37,000円キャッシュバックされるので、工事がいらないWiFiをご検討中なら、素晴らしいチャンスでしょう。

 

キャンペーンは、キャッシュバック以外にもパソコン、テレビ、最新ゲーム機のプレゼントや大幅割引が選べます。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大76,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

スマホとのセット利用ならワイモバイルを15GB/月額990円で使える

光回線と同様に、ソフトバンクエアーもスマホとのセット利用「おうち割 光セット」で、通信費用を大幅に安くできてお得です。

 

Y!mobile(ワイモバイル)などのソフトバンクスマホとソフトバンクエアーを組み合わせると、家族全員のスマホ料金から毎月1,100円が割引されます。「おうち割 光セット」は期間の設定がなく、契約している間ならずっと毎月1,100円割引です。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ワイモバイルでデータ容量15GBのシンプルプランM(通常月額2,090円)を契約しても、月々の支払いはわずか990円になります。

 

工事がいらないWiFiなら、高速で大容量通信が可能なソフトバンクエアーがスマホ料金も安くできておすすめです。

 

まとめ

工事がいらないWiFiについて解説しました。ライトユーザーなら、工事なしで導入できるモバイルWiFiが最適です。料金重視なら楽天モバイル、高速通信ならWiMAX2+のGMOとくとくBB、クラウドSIMで広いエリアをカバーして料金も安いクイックWiFiがそれぞれおすすめになります。

 

しかし、より安定した高速通信のWiFiをデータ容量無制限でお求めなら、やはり光回線がおすすめです。工事費用もキャンペーンにより無料にできる上、料金も安くできます。

 

光回線の工事に、オーナー・管理会社・管理組合の許可が必要な集合住宅もあります。この許可が得られないケースでは、ソフトバンクエアーがヘビーユーザーに最適です。

 

ソフトバンクエアーは専用のWiFiルーターを電源に繋ぐだけで簡単に導入でき、工事の必要はありません。モバイルWiFiよりも高速かつ大容量通信が可能で、キャンペーンを利用すると料金も安くすることができます。

 

特に、ワイモバイルとソフトバンクエアーのセットなら、スマホ料金が毎月1,100円割引されお得なので大変おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました