工事不要のインターネット契約でおすすめはどこ?一番安いプランはこれ

WiFi

トヨタ自動車から、16代目となるクラウンが発表されました。

1955年に日本初の純国産車として誕生した、日本の自動車業界の中でも希有な歴史がある高級車です。

 

セルシオやレクサスが登場するまでは、永らくトヨタ自動車の中でセダン最高級車の地位にありました。それらの地位変動による、立ち位置の模索が続いていた中、一時は存続も危ぶまれましたが、今回のフルモデルチェンジではセダンの枠に拘らない、劇的なフルモデルチェンジを遂げました。

 

クラウンの最盛期は、1987年に登場した8代目です。

世の中がバブルに踊った時代には、1990年に累計販売台数300万台を突破しています。

当時のセールスマンに聞くと、法人需要が旺盛なこの時代には、「一番高いヤツをもってこい!」という顧客が、本当に数多く居たそうです。

 

時代は変わって令和になり、現在の日本では、コロナ禍の経済に及ぼす影響と円安により、所得は上がらないのに物価は上がる状況に直面しています。

そのため、時代を映し出す新聞や雑誌には、数多くの節約術が頻繁に掲載されています。

その中で頻繁に出てくるのは、「毎月の固定費の見直し」です。

 

固定とは毎月支払っている費用で、具体的に挙げられているのは「保険料」「スマホ代金」と共に、「インターネット回線料」が多くなっています。

電気・ガス・水道の生活インフラと同様に、生活必需品としてのインターネット回線は、他のインフラと比較して選択肢が多く、クオリティも月額料金も大きく変わります。

 

インターネット回線は、単純に安ければ良いというものではなく、ニーズに合致していない安いだけの回線手段は、現実的に使い物にならず、安物買いの銭失いになりかねません。

数多く存在している、工事不要で気軽に導入出来るインターネット回線契約の中で、単純に安いだけで無く、実際の利用で使い勝手も良いプランをご紹介して、「一番安いヤツをもってこい!」というニーズにお応えします。

 

自宅のスマホ利用に別回線を導入するユーザーが増えています

電話を掛ける手段として、固定電話から携帯電話、スマートフォンへと変わって来ましたが、スマートフォンは電話を掛ける手段としての要素は付随する機能になり、多様なコミュニケーションをとる手段・情報を入手する手段へと変貌を遂げました。

 

スマホでのデータ消費は増加傾向

スマートフォンが過去には無かった、様々な用途に利用出来る根幹には、インターネットへの接続があります。

スマートフォンを使ってインターネット接続を利用するには、契約している通信会社の回線利用をするのが最も簡単ですが、通常の利用と比較して多くのデータ量を一気に消費する、動画視聴の利用者が増えています。

 

 

(出典:総務省 令和4年 情報通信に関する現状報告の概要

 

限られたチャンネルで、決まった時間にテレビの前に座る必要があったテレビ視聴と比べれば、インターネットの動画配信サービスは、無料のものから有料、月極見放題のサブスクリプションまで幅広く充実していて、いつの間にか時間を忘れて見入ってしまいます。

 

動画見放題の通信費は?

動画サービスを自由に閲覧しようと思えば、消費するギガ数は多くなり、主に3大キャリア回線のメインプランである、無制限・大容量プランを契約するユーザーが多くなっています。しかし月額料金は高額であり、家族で加入すれば大きな固定費になります。

 

テレビとは異なる、パーソナルな端末であるスマートフォンは、家族で家に居ても各のニーズに合わせて利用されるため、スマホの台数分だけの契約が必要になります。

 

たとえば、auの使い放題MAX 5G/4Gプランを家族3人で契約すれば、家族割引を適用しても18,414円がトータル費用になります。

 

この費用を削減する手段として、自宅に別回線を設置してWi-Fi環境を構築するユーザーが増えています。

それは、腰を落ち着けてスマホを利用する場所として、自宅が圧倒的に多い事があります。

 

自宅へのインターネット回線導入は合理的な手段

ソフトバンクが全国1,200人に聞く、スマホの通信利用に関する実態調査を発表しています。

 

 

(出典:ソフトバンク

 

圧倒的に利用が多い場所として、自宅が94.6%になっている事が解ります。

 

自宅に別回線を導入して、スマホはWi-Fi環境下で利用する場合、契約している通信会社の回線利用は無くなるので、外出時だけの利用分だけに契約し直すことで、固定費である通信費は下げることが可能になります。

 

自宅に導入する回線が無制限であれば、家族の人数が多くてもWi-Fi環境の回線は料金の一本化で固定が出来るため、更にトータルの通信費は下げることが出来ます。

 

具体的に自宅に導入する、Wi-Fi環境を構築する手段を見てみましょう。

 

インターネット回線の手段には何がある?

自宅にWi-Fi環境を導入するための回線の種類には、大きく分けて無線と有線があり、無線の場合、「モバイルルーター」と「ホームルーター」・有線の場合、光ファイバーケーブルを使う「光回線」があります。

 

それぞれの回線に、それぞれの特徴があります。

 

モバイルルーター

 

工事は?

無線回線を利用するため、工事は不要です。

到着したら直ぐに利用が可能で、Wi-Fi環境が構築出来ます。

 

持ち運びは?

バッテリー駆動で利用できる小型の筐体のため、持ち運びも可能です。

モバイルルーターを持って出歩く事で、外出先でも自分だけのWi-Fi環境が利用出来ます。

 

回線速度は?

回線手段の中では、回線速度は遅いです。

筐体が小さいため搭載される内蔵アンテナも小さくなり、バッテリー駆動のため、供給出来る電力にも限りが有り、処理能力にも限りがあります。

 

ライトユーザーの利用に最適です。

 

家族での利用は?

家族での利用には不向きと言えます。

モバイルルーターを外に持ち出して利用すれば便利ですが、残された家族はインターネット回線への接続手段が無くなります。

 

Wi-Fiの飛ぶ範囲も狭く、利用機器の側で使用する事が基本で、別の部屋からの接続利用は基本的に考えられていません。

 

単身者の回線として最適です。

 

制限は?

月に利用出来るギガ容量が決まっているタイプと、無制限に利用出来るタイプがあります。

 

しかし、無制限に利用出来る事を標榜しているサービスでも、完全に無制限に利用出来るものは事実上ありません。これは、無線を利用する回線の宿命とも言えます。

 

無制限を謳うサービスでも、利用の仕方(短期間に大量に使うなど)によっては、多くのサービスで速度制限が掛かります。

 

ホームルーター

 

工事は?

回線工事は不要です。

機器が到着したら直ぐに利用可能で、自宅にWi-Fi環境が出現します。

 

持ち運びは?

無線回線ですが、コンセントで電源をとるタイプのため、持ち運びは出来ません。

 

引っ越しなどで利用住所が変わる場合は、申請する事で継続して使えます。

引っ越す当日まで利用して、引っ越し先でも当日から利用出来るのは、光回線には出来ない大きなメリットです。

 

利用する住所での利用が基本になっているサービスが多く、無線ですからコンセントの有るところに持ち出せますが、無申請で勝手に持ち出し、別の場所で使うと利用制限が掛かり、それでも継続利用している場合には、強制解約になるケースもあります。

 

自宅での利用が基本で、自宅内ならコンセントのある場所に、自由に移動させることが可能です。

 

回線速度は?

同じ無線を使うモバイルルーターと比較すれば、筐体のサイズ設計に余裕があるため、アンテナのサイズも大きくなる事と、安定したコンセントからの電源供給により、回線速度は早くなります。

 

家族で別々の事を楽しんだりしても対応出来ますし、パソコンをWi-Fiや有線LANで接続する事により、テレワーク用のインターネット回線としても利用可能です。

 

しかし、無線であるためにロスも大きく、光回線の速度には及びません。

これは光回線を超える速度を標榜する新世代の5Gでも、実際に利用出来る速度は劣ります。

 

家族での利用は?

家族での利用に向いています。

光回線で使用するWi-Fiルーターに近い性能をホームルーターは持っていて、モバイルルーターと比較すればWi-Fiの飛ぶ範囲も広くなるため、別の部屋でも利用が可能です。

 

ただ、家族みんなで別の動画利用をするなど、大きな回線速度が必要な場合では、条件を満たす事が出来なくなるケースもあります。

 

それでも、無線回線の中では家族での利用に向いている、インターネット回線だと言えます。

 

制限は?

モバイルルーターと同様に無線を利用した回線のため、無制限に利用出来る事を標榜していても、完全に無制限に利用出来るものは事実上ありません。

 

利用の仕方(短期間に大量に使うなど)によっては、やはり制限が掛かる場合があります。

 

光回線

 

工事は?

光回線の導入には、基本的に工事が必要になります。

工事には立ち会いも必要です。

 

契約してから工事が完了するまでには、一定の期間を見ておく必要があります。

利用する回線やシーズンによって異なりますが、数週間から場合によっては数ヶ月を要する事も珍しくありません。

 

 

 

持ち運びは?

光回線の利用には、有線の光ファイバーケーブルを自宅まで引き込み、当然コンセントで電源をとるタイプのため、持ち運びは出来ません。

 

回線工事の時に、指定した部屋の場所に光回線を引き込むので、そこから他の部屋に回線を移動させるためには、再度工事が必要になり、自宅内でも簡単に移動させることは出来ません。

 

回線速度は?

回線速度は速いです。

無線タイプのインターネット回線よりも、有線の光ファイバーケーブルを使う事でロスが少ない事で、回線速度は速く、しかも安定しています。

 

回線速度を望むユーザーには、工事の手間を差し引いても、光回線が最適です。

 

 

 

家族での利用は?

家族での利用に向いています。

回線速度に余裕があるため、家族で別の動画視聴をしている場合でも快適に利用が出来て、zoom等のweb会議もスムーズに使えます。

 

レスポンスの必要なゲームにも光回線の使用が最適です。

 

Wi-Fiルーターを使い方に応じて自由に選べるため、より遠くまで電波が飛ぶ大型アンテナ搭載タイプや、最適なWi-Fi方式の選択も可能で、時代に合わせた最新の接続を利用する事が出来ます。

 

制限は?

一気に大量に利用する場合、多くの無線回線では制限が掛かるケースが多くなりますが、有線の光回線では制限を受けません。家族みんなで自由に利用する事が出来ます。

 

最も快適にインターネットが利用出来るのは光回線

気軽に導入が出来る無線回線も魅力がありますが、現在最も快適に利用出来る回線を選ぶなら光回線です。

 

各回線を実際に利用しているユーザーが、速度計測を行っている「みんなのネット回線速度」で、直近3ヵ月の平均通信速度を見ても明らかです。

 

回線Ping下り上り
光回線27.2ms348.2Mbps292.4Mbps
ホームルーター81.4ms190.3Mbps17.8Mbps
モバイルルーター86.0ms53.4Mbps13.9Mbps

 

しかし、光回線の導入には、基本的に回線工事が避けて通れません。

 

光回線の工事が出来ない場合

光回線の利用を望んでも、工事が出来ない場合には、無線回線を検討するのが最適です。

光回線が導入出来ない理由は、様々にあります。

 

転勤族のユーザー

回線工事が可能でも、積極的にオススメしないのは、定期的な転勤が日常になっている転勤族の方です。

 

光回線の導入工事には、時間も手間も掛かるため、転居する度に導入工事を行うのは、そこに留まる期間と天秤にかけて、慎重に検討する必要があります。

 

利用する回線によっては、撤去工事が必要になるケースもあり、その都度の費用も掛かります。

 

そんな方には、無線回線が最適です。

ご家族で利用する・ヘビーユーザーなら「ホームルーター」、単身赴任で自宅には回線がある方なら「モバイルルーター」を選択すれば、スマホのデータプランも必要無くなるので、合理的にインターネット回線が利用出来ます。

 

急遽インターネット回線が必要になったユーザー

コロナ禍の中で図らずも進んだのが、政府が以前から推奨している働き方改革です。

それに伴ってテレワーク・在宅ワークが増加しています。

既にオフィスフロアの縮小をしたり、以前よりも小さいオフィスに引っ越しをしたりする企業も多く、その流れはコロナ禍解消も継続すると考えられています。

 

今まで自宅でインターネットの必要性を感じていなかったユーザーが、転職や配置転換・勤め先のデジタル化に目処が立ったなど、急遽テレワークを行う必要性が出た場合、インターネット回線は不可欠です。

 

光回線では導入までの期間がどうしても掛かるため、時間を掛けずに回線導入する必要がある場合には、無線回線の導入が最適です。

 

ご家族で利用するなら「ホームルーター」・単身者なら「モバイルルーター」が基本ですが、zoom等のwebミーティングを利用する前提なら、回線速度に余裕のある「ホームルーター」の方が適しています。

 

マンション集合住宅で光回線が来ていない

戸建ても含めて、すぐ近くまで光ファイバーケーブルが来ていない場合は、光回線の提供エリアになっていないという事で、当然工事も出来ませんし、光回線の利用も出来ません。

 

マンション集合住宅の、光回線利用の特殊事情として、光回線が建物内の共有スペースまで引き込まれている必要があります。

マンション集合住宅での利用方法として、一戸一戸が各で光回線を引き込むのは無理が有り、引き込んだ回線を分配して、建物内の各戸に配送する仕組みが一般的です。

 

そのため、共有スペース内まで引き込み工事が完了していない光回線の利用は、基本的に出来ません。

近くまで光回線が来ていても、管理会社・大家さん・住人が導入工事を認めなかったケースや、建物の構造上の問題等で引き込み工事が行えない場合もあります。

 

また、共有スペース内まで引き込み工事が完了していても、建物の構造が古くVDSL方式等の配線方式で各戸まで回線が来ている場合では、光回線のポテンシャルを充分に発揮する事が出来ず、回線速度に常に不満が出るケースもあります。

 

それらのユーザーは、無線回線が最適です。

光回線の提供エリアや、引き込み工事に関係無く利用が可能で、配線方式で速度が出ていない場合は、それに依存しない無線回線の導入で、より速い通信速度が実現するケースもあります。

 

ご家族で利用する・ヘビーユーザーなら「ホームルーター」、単身世帯なら「モバイルルーター」が最適です。

 

それぞれ、具体的に見ていきましょう。

 

一番安いモバイルルーターは?

モバイルルーターは、数多くの会社からリリースされています。

その中で、一番安いものを解説します。

 

無制限利用で一番安いのは「楽天モバイル」

 

(出典:楽天モバイル公式

 

無制限利用で一番安い

楽天モバイルはスマホもモバイルルーターも含めて、ワンプランの従量制を採用しています。

 

現在のプランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」で、3GBまでなら月額1,078円・20GBまでなら2,178円・20GB以上は無制限に利用しても3,278円です。

 

無制限に利用しても3,278円が、一番安いモバイルルーターです。

 

懸念材料

確かに無制限で利用出来ますが、あくまで楽天モバイルの電波を受信出来る場所での利用であり、楽天モバイルの電波が利用出来ない場所では、パートナー回線であるauを利用する事になり、その場合の利用は月に5GBに制限されます。

 

楽天モバイルの提供エリアが広がるにつれて、パートナー回線を廃止するエリアも増えています。

3大キャリアに比べれば、まだまだアンテナ基地局数が少なく、対応エリア内でも利用出来ない場所が存在しているのが現状です。

 

遠くまで届き障害物にも強い、プラチナバンドの周波数帯を、日本のキャリアの中では唯一楽天モバイルでは持っていないため、建物内や店舗によっては、都心の街中でも利用出来ない場所も存在しています。

 

繋がりやすさ重視で一番安いのは「クイックWiFi」

 

(出典:クイックWiFi公式

 

3大キャリア回線が全て利用出来る

クイックWiFiは物理的なSIMを搭載しておらず、クラウドSIMと呼ばれる、クラウド上に設置してあるSIMを使って、3大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクの回線を使います。

 

利用する場所の電波の状態によって、最適な回線が自動的に選ばれるため、日本中の多くの場所で快適に利用する事が出来るモバイルルーターです。

 

クイックWiFiは無制限に利用出来るタイプではなく、100GBの容量の月額費用は3,718円です。

 

今なら、8,000円のキャッシュバックをしているため、2年間利用時の実質価格を計算すれば、月額3,385円で利用出来ます。

 

懸念材料

100GBまでしか利用が出来ず、無制限に利用出来ない事は一つの懸念材料です。

 

しかし、100GBの月容量が有れば、単身者の方なら事実上の無制限として利用出来ます。

ドコモの4Gでの最大の容量プランは60GBですし、ahamoは20GBで、新しく追加された、ahamo大盛りオプションを利用しても100GBです。(ahamo大盛りの月額料金は4,950円)

 

回線速度重視で一番安いのは「GMOとくとくBB WiMAX」

 

(出典:GMOとくとくBB WiMAX公式)

 

WiMAX系では最安級

WiMAX系は通信速度に定評があり、多くのプロバイダが参入しています。

 

月額料金は2ヵ月目まで1,474円・3年まで月額3,784円で、それ以降は月額4,444円と最安値級です。

端末代は、月々605円を36回で支払います。

 

更に今なら、新規契約で23,000円のキャッシュバックが受け取れます。

他社のモバイルWi-Fiルーターから乗り換えの場合なら、キャッシュバック金額は最大(解約回線の違約金や端末残債の合計が税抜20,000円以上の場合)49,000円です。

 

懸念材料

WiMAX系はKDDIが電波運用していますが、スマホで使うauの回線とは異なる周波数帯を利用しているため、利用出来るエリアはスマホのauエリアとは大きく異なり、利用出来る場所が限られます。

 

auのスマホ回線「au 4G LTE」と「au 5G」も利用する事は出来ますが、プラスエリアモードのオプションとして、利用月には1,100円が加算されます。

 

一番安いホームルーターは?

ホームルーターは、3大キャリア各社からリリースされています。

それぞれ見ていきましょう。

 

ドコモ home 5G HR01

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

 

〇月額料金 4,950円

〇本体価格 39,600円 (月々サポートで毎月分1,100円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用が出来ます。)

 

上記サイトにて、「home 5G プラン」の新規契約と「HR01」のご購入で、amazonギフト券18,000円分がプレゼントされるキャンペーンが行われています。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

 

(出典:UQWiMAX公式

 

〇月額料金 1・2年目4,268円 3年目以降4,950円

〇本体価格 11,088円

 

本体価格は最も安くなりますが、分割払でも割引制度はありません。36回払いで、月額308円になります。

 

ソフトバンクエアー

 

(出典:SoftBank Air 公式

 

〇月額料金 1・2年目4,180円 3年目以降5,368円

〇本体価格 71,280円 (月々割で毎月分1,980円が36回に渡り割引されるため、本体費用は実質無料で利用が出来ます。)

 

月額料金割引キャンペーンを行っていて、1年間の月額料金から毎月2,288円が割引きされて、月額3,080円になります。

 

一番安いのは「ソフトバンクエアー」

 

(出典:ソフトバンクエアー申込サイト

 

同業者が示し合わせて価格を調整するカルテルは、法律で禁止されていますが、3大キャリアの場合はスマホの月額料金などを見ても、ほぼ横並びになっている事が目立ちます。

 

3大キャリアが提供するホームルーターでも同様で、長いスパンで考えれば大きな差は無く、一番安いという今回のテーマでは、回答を出すのは非常に難しいと言えます。

 

それでも一番安いのは「ソフトバンクエアー」と断言出来る理由を、具体的に説明します。

 

キャッシュバック

ソフトバンクエアーの契約申込みは、街にあるソフトバンクのショップや、公式HPでも出来ますが、正規代理店を利用する方がお得です。

 

公式の特典に加えて代理店独自の特典も享受出来るので、得られるキャッシュバック金額は大きくなります。

 

キャッシュバック詳細については、以下をご覧下さい。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

キャッシュバックまで入れて、各社の2年間の実質費用を比較します。

 

3社の実質費用比較

これらのキャッシュバックを加味した上で、実際に掛かる月額実質料金を計算してみましょう。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,080円
基本月額 2年目4,950円4,268円5,368円
基本月額 3年目4,950円4,818円5,368円
3年間合計金額178,200円160,248円165,792円
キャッシュバック18,000円5,938円33,000円
3年間実質合計160,200円154,310円132,792円
実質月額料金4,450円4,286円3,688円

 

キャッシュバックを算入計算すれば、月額3,688円の実質月額料金になり、モバイルルーターや光回線を入れても、一番安い回線プランになります。

 

スマホも安くなります

 

(出典:ワイモバイル公式)

 

ソフトバンクエアーを導入して、スマホのプランをワイモバイルに乗り換えれば、「セット割」が適用されて、安価に高品質なソフトバンク回線を利用出来ます。

 

通信容量/コース名月額料金セット割支払料金
3GB/Sプラン2,178円1,188円990円
15GB/Mプラン3,278円1,188円2,090円
25GB/Lプラン4,158円1,188円2,970円

 

単身者の方が、ソフトバンクエアーを導入して、スマホをワイモバイルの3GBプランに乗り換えた場合の月額料金3年間は、 3,688円+ワイモバイル3GBプラン990円=4,678円 が通信費のトータル費用になります。

 

家族3人で同様に利用した場合の月額料金3年間は、 3,688円+ワイモバイル3GBプラン990円×3=6,658円 が通信費のトータル費用になります。

 

スマホと自宅のWi-Fi回線を併せた、通信費トータル費用として一番安いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました