工事不要のインターネット契約でおすすめはどこ?一番安いプランはこれ

WiFi

インターネット契約をご検討中の方の中には、お住まいの都合で工事できない場合もあるでしょう。本記事では、工事不要のインターネット契約のおすすめと、一番安いプランについてご紹介します。表記する価格は、全て税込価格です。

 

工事不要のモバイルWiFiはライトユーザーにおすすめ

ライトユーザーにおすすめのインターネット契約は、モバイルWiFiです。モバイルWiFiは無線通信によるインターネット利用で、WiFi端末が届いたら設定してすぐに使うことができます。そのため、工事不要で導入も簡単です。

 

楽天モバイル

 

(出典:楽天モバイル公式サイト)

 

月額料金・1GBまで:0円

・3GBまで:1,078円

・20GBまで:2,178円

・20GB以上:3,278円

初期費用0円
契約期間なし
契約解除料0円
WiFiルーター代金9,980円(Rakuten WiFi Pocket)
通信速度・楽天回線エリア:高速(数値表記なし)

・パートナー回線エリア:5G超過後1Mbps

支払方法・クレジットカード

・デビットカード

・銀行口座振替

キャンペーン・Rakuten WiFi Pocket 実質0円

・3カ月無料

 

楽天モバイルのモバイルWiFiは、Rakuten UN-LIMIT ⅣプランとRakuten WiFi Pocketのセットで利用できます。

 

初期費用と契約解除料はともに0円で、契約期間もないので導入しやすいのが大きな特徴です。キャンペーンはアンケートに応えるだけでRakuten WiFi Pocketが実質無料になる他、1回線目の新規契約なら3カ月月額料金が無料となります。スマホ同様に、楽天モバイルはモバイルWiFiのキャンペーンも充実しています。

 

Rakuten UN-LIMIT Ⅳプランはデータ容量に応じて料金が変わるプランで、1GBまでは0円、3GBまでは1,078円、20GBまでなら2,178円になります。20GB以上はデータ容量無制限で、いくら使っても最大月額3,278円です。

 

月額料金の支払いには楽天カードをはじめとする各種クレジットカードやデビットカードの他、口座振替にも対応しています。

 

クイックWiFi

 

(出典:クイックWiFi公式サイト)

 

月額料金・U3(100GB):3,718円

・U3(50GB):2,948円

・G4Max(100GB):4,158円

初期費用3,300円
契約期間2年間
契約解除料4,950円(更新月以外での解約)
WiFiルーター代金・U3:26,400円(24回割賦、実質無料)

・G4Max:29,040円(24回割賦、実質無料)

通信速度・下り最大150Mbps

・上り最大50MBPS

支払方法クレジットカードのみ
キャンペーン・8,000円キャッシュバック

 

クイックWiFiのプランは、シンプルなWiFiルーターのU3と、スマホの充電もできる多機能WiFiルーターG4Maxの2通りに分かれます。G4Maxは100GBのみですが、U3は100GBに加えて50GBプランも選べます。支払いは、クレジットカードのみで、デビットカードも非対応です。

 

通信量100GBの目安は標準画質の場合、YouTubeなら約410時間、Netflixなら約330時間、zoomでのWEB会議だと約166時間程度に相当します。

 

高速通信を可能にするU3とG4Maxが大きな特徴ですが、クイックWiFiのWiFiルーターは購入型になります。故障の際には、年2回まで2,200円で新品に交換してくれるサポート付きです。

 

契約期間は2年間の自動更新で、更新月以外の解約には契約解除料4,950円が発生します。クイックWiFiは日ごとの通信料に上限はありません。また、8,000円キャッシュバックされるキャンペーンも実施中です。

 

キャンペーン | 【公式】クイックWiFi
【クイックWiFi】のおトクなキャンペーンについて。今ならクィックWiFiのご契約で8,000円キャッシュバック、さらに、光回線と新電力サービスをセットで契約すると最大50,000円キャッシュバック!お得にWi-Fi環境を手に入れるならクイックWiFiで。

 

どこよりもWiFi

 

 

(出典:どこよりもWiFi公式サイト)

 

月額料金・通常料金

最大100GB:3,900円

最大200GB:4,900円

・2年割

最大100GB:3,400円

最大200GB:4,400円

初期費用3,300円
契約期間・通常料金:なし

・2年割:24カ月

契約解除料・通常料金:0円

・2年割:10,450円

WiFiルーター代金無料(機器損害金19,800円)
通信速度・下り最大150Mbps

・上り最大50MBPS

支払方法クレジットカードのみ
キャンペーンお試し期間(7日間)中の初期費用・月額料金・解約金全て0円

 

どこよりもWiFiは、使ったデータ容量(ギガ)の分だけ料金を支払う段階定額制が特徴です。プランは最大100GBのスタンダードと、最大200GBのプレミアムの2通りがあります。5GBまでなら900円、20GBまでなら1,900円、50GBまでなら2,900円と使い方のスタイルに応じて柔軟かつ業界最安級で月額料金を決められます。

 

また、2年継続契約の2年割なら、100GBが3,400円、200GBが4,400円と割引されお得です。2年割の場合、途中解約には10,450円の契約解除料が発生しますが、通常料金では0円になります。

 

どこよりもWiFiのルーターは無料のレンタル型で、新品と中古が混在しています、レンタル料金は無料なものの、機器の破損や紛失の際は、損害費として19,800円がかかります。なお、WiFiルーターの返却にかかる運送料はユーザー負担です。利用開始時のWiFiルーターの送料は無料になります。

 

注意点としては、どこよりもWiFiの支払いはクレジットカードのみの対応となっています。

 

GMOとくとくBB

 

(出典:GMOとくとくBB WiMAX公式サイト)

 

月額料金ギガ放題プラン:4,688円(1カ月目3,969円)

7GBプラン:3,969円

初期費用3,300円
契約期間3年間
契約解除料・1~24カ月目:27,280円

・25~36カ月目:10,450円

WiFiルーター代金0円(交換費用20.900円)
通信速度最大速度440Mbps
支払方法クレジットカードのみ
キャンペーン・30,000円キャッシュバック

・ギガ放題プラン1~2カ月目まで3,969円

 

GMOとくとくBB WiMAXは、WiFiルーター代金が0円のモバイルWiFiです。特におすすめのWiFiルーターは、Speed Wi-Fi NEXT WX06になります。こちらは最大440Mbpsの高速通信が、約14時間連続で可能です。ハイスペックにも関わらず、重量も127gで持ち運びにも便利です。

 

GMOとくとくBB WiMAXの通信速度はエリアによって変わり、下り最大220Mbpsか110Mbpsになります。プランは、データ容量無制限のギガ放題プランと7GBプランの2通りです。ギガ放題プランを選ぶユーザーの方が多く、今なら1~2カ月目までの月額料金が3,960円になるキャンペーンも行われています。月額料金の支払いは、クレジットカードのみの対応です。

 

契約期間は3年間になるため、長期契約をご検討中の方に向いているでしょう。途中解約には、1~24カ月目までは27,2780円、25カ月目以降は10,450円が発生し、期間により契約解除料が異なります。契約は自動更新ですが、解約などの申し出がない場合、3年間の契約更新となる点にご注意ください。

 

WiFiルーターの代金は無料ですが、故障の際には交換費用として20,900円がかかります。そのため、GMOとくとくBB WiMAXでは月額料金330円の安心サポートや、水濡れにも対応した月額550円の安心サポートワイドといったオプションサービスを用意しています。

 

また現在、30,000円キャッシュバックされるお得なキャンペーンを実施中です。WiFiルーターの送料も無料となっています。

 

モバイルWiFiを徹底比較 おすすめはどこ?

工事不要のモバイルWiFiの特徴について紹介しましたが、料金などのコストと同時に注目したいのは回線スピードです。モバイルWiFiの回線については専門的で少々難しいですが、この点について分かりやすく比較して解説していきたいと思います。

 

楽天モバイルは安いが少し繋がりにくいかも

楽天モバイルの最も大きな魅力は、料金の安さです。加えて、初期費用や契約解除料など、ユーザーにとっては気になる部分の費用について無料なのも嬉しいポイントですよね。

 

楽天モバイルのデメリットには、通信エリアやプラチナバンドの点から、他社のモバイルWiFiに比べて繋がりにくくなる懸念が挙げられます。

 

モバイルWiFiの通信エリアは、ドコモ、au、ソフトバンクといった3大キャリアが日本全国を幅広くカバーしています。そのためモバイルWiFi各社の中には、3大キャリアの回線を用いて幅広いエリアでの利用をユーザーに提供しているものが少なくありません。

 

一方、楽天モバイルの通信エリアは、楽天回線とパートナー回線からなります。パートナー回線とは、ローミング接続という方式でau回線を用いる提携関係です。楽天モバイルのモバイルWiFiを利用する場合、楽天回線以外のエリアでは、au回線のエリアに接続するということになります。つまり、楽天モバイルのモバイルWiFiは、3大キャリアのエリア全てと比べると、通信可能エリアが狭くなってしまうのです。

 

楽天モバイルとプラチナバンド

モバイルWiFiやスマホなどの通信は、4G通信システムの主要周波数帯域1.5~3.5Ghzと、「プラチナバンド」と呼ばれる700~900Mhzが用いられています。

 

4G通信システムが大量のデータ容量を取り扱えるのに比べ、プラチナバンドには遠くまで電波が届き、かつ建物の壁といった障害物にも強いメリットがあります。

 

このプラチナバンドは現在ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアに割り当てられており、楽天モバイルは含まれていません。プラチナバンドはユーザーの利便性をより高めるため、楽天モバイルは現在も総務省に再割り当ての検討を積極的に働きかけています。

 

一番速いWiMAXはエリアの狭さに弱点がある

GMOとくとくBB WiMAXのモバイルWiFiは、WiMAXという無線通信規格です。

 

モバイルWiFiのWiMAXとは?

モバイルWiFiやスマホで使われる通信回線は、ドコモ・au・ソフトバンクに代表される、4GLTEなどのモバイル回線です。

 

WiMAXは、これらモバイル回線とは異なる規格を持った無線通信技術です。モバイル回線が電話などの音声を含めたオールラウンダーなのに対し、WiMAXは大量のデータを高速通信することを得意としています。

 

最近では、WiMAX 2+にサービスがアップデートされ、GMOとくとくBBでも利用可能です。WiMAXは高速通信が得意な一方で、モバイル回線に比べると通信可能エリアが狭く、屋内に電波が届きにくいデメリットがあります。

 

クイックWiFiはクラウドSIM対応

クイックWiFiは、クラウドSIMによってドコモ・au・ソフトバンク全ての3大キャリア回線に接続でき、通信可能エリアも広く料金が安いのでおすすです。

 

モバイルWiFiのクラウドSIMとは?

モバイルWiFiやスマホなどにも用いられる従来のSIMカードは、物理的なカードを端末に挿入する形がメインでした。しかし、従来タイプの物理型SIMカードでは、ドコモ・au・ソフトバンクいずれかの回線しか使用できず、幅広いエリアをカバーできないデメリットがあります。

 

クラウドSIMは、物理的なSIMカードの代わりにインターネット上のクラウドでSIMを管理することで、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア全ての回線への接続を可能にしました。

 

どこよりもWiFiはドコモSIMとその他が混在している

どこよりもWiFiは、以前はクラウドSIMでしたが、2021年4月頃よりJT101 WiFi端末とドコモ回線SIMの組み合わせとなっています。

 

そのため、それ以前に契約したユーザーには、M629、U2sやU3端末といったクラウドSIM対応のWiFi端末を継続利用している方もおられます。さらに、JT101をソフトバンクSIMで契約した方もおり、異なるスタイルでモバイルWiFiを利用しているユーザーが混在している状態です。

 

現在のどこよりもWiFiは、新規契約についてはT101 WiFi端末とドコモ回線SIMのセットになり、クラウドSIMではなくなりました。

 

 

 

工事不要のソフトバンクエアーはヘビーユーザーにおすすめ

モバイルWiFiについてご紹介しましたが、月々のデータ容量に制限があったり、通信可能エリアや回線速度についても様々でしたね。工事不要で大容量通信をお求めのヘビーユーザーには、ソフトバンクエアーがおすすです。

 

 

(出典:ソフトバンクエアー公式サイト)

 

ソフトバンクエアーの特徴

 

月額料金・5,368円(基本料金)

3,080円(公式割引適用、24ヵ月間)

初期費用3,300円
契約期間なし
契約解除料なし
WiFiルーター代金・購入:59,400円(分割払い)

・レンタル:539円/月

通信速度下り最大速度962Mbps
支払方法・クレジットカード

・銀行口座振替

キャンペーン・最大70,000円現金キャッシュバック

・パソコン、テレビ、最新ゲーム機といった豪華特典(最短2週間でお届け)

 

ソフトバンクエアーは、高速4G回線で月々のデータ容量無制限のインターネット契約です。専用のWiFiルーター「Airターミナル」を電源に繋げるだけで、工事不要ですぐにインターネットが利用できます。

 

モバイルWiFiは工事不要なものの、大容量通信や家族での利用には不向きな面がありました。ソフトバンクエアーはモバイルWiFiの利便性を保ちながら、弱点だった大容量通信を可能にしています。

 

以前までは月額料金を安く使うためには最低2年間の契約期間を設定する必要がありましたが、現在は契約期間もなく、利用することができます。専用のWiFiルーター「Airターミナル」は買取とレンタルに分かれます。

 

WiFiルーターの価格は59,400円ですが、12カ月、24カ月、36カ月、48カ月と分割払いが可能です。36カ月分割の場合、月々の支払いは1,650円になります。ソフトバンクエアーには、毎月1,650円が36カ月割引される「月月割」があるので、WiFiルーターの代金を実質無料にすることも可能です。

 

また現在、新規契約の方には「SoftBank Air スタート割プラス」、「ハッピーバリュー!キャンペーン」という割引があり、適用となれば基本料金が5,368円から3,080円に割引されるキャンペーンも行われています。

 

モバイルWiFiのようにデータ容量の上限を気にせず、大容量通信を無制限に楽しめるのが、ソフトバンクエアーの大きな魅力です。

 

ソフトバンクエアーはキャンペーンが充実している

 

(出典:ソフトバンクエアー申し込みサイト)

 

ソフトバンクエアーのおすすめポイントは、充実したキャンペーンです。最大70,000円の現金が振り込まれるキャンペーンか、パソコン・テレビ・最新ゲーム機などの豪華特典から選べます。

 

最大70,000円のキャッシュバックにはオプションサービスの契約が必要ですが、それがなくても37,000円キャッシュバックされるので大変お得です。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大86,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大86,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

さらに、今なら「SoftBank Air スタート割プラス」、「ハッピーバリュー!キャンペーン」が適用され、24カ月間で2,288円割引されるキャンペーンも実施中です。

 

ソフトバンクエアーのWiFiルーターはモバイルWiFiに比べて高額ですが、キャンペーンを利用すれば、むしろ費用を大幅に安くすることが可能です。そして、大容量通信ができる機能面にも優れているので、工事不要のインターネット契約をご検討中なら大変おすすめとなっています。

 

 

 

ソフトバンクエアーはスマホとのセット利用でもっと安くなる

ソフトバンクのスマホを使用中なら、ソフトバンクエアーと組み合わせることで、スマホ料金が大幅に安くなります。

 

ソフトバンクの「おうち割 光セット」は、ソフトバンクエアーとソフトバンクスマホとのセット利用により、家族全員のスマホ料金から月額1,100円が永年割引となります。2年間なら、総額26,400円の割引です。

 

スマホをソフトバンクグループの格安スマホY!mobile(ワイモバイル)にすれば、15GBプランをたった月額990円で使うこともできます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ソフトバンクエアーなら、工事不要でインターネット契約できて、スマホを含めた通信料金を大幅に安くできるのでおすすです。

 

まとめ

工事不要のインターネット契約についてご紹介しました。工事不要のインターネット契約には、外出先での利用にも適したモバイルWiFiと、大容量通信に適したソフトバンクエアーがあります。

 

モバイルWiFiのおすすめは、楽天モバイル、クイックWiFi、どこよりもWiFi、GMOとくとくBBです。楽天モバイルは料金が安いですが、通信エリアが狭く、プラチナバンドの面でも繋がりにくくなる懸念があります。GMOとくとくBBはWiMAXのため高速通信が魅力的ですが、通信エリアが狭い傾向です。クラウドSIMのクイックWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンク全ての3大キャリアが使えるのでおすすです。どこよりもWiFiもクラウドSIMでしたが、現在はドコモSIMとなっています。

 

モバイルWiFiよりも大容量通信をお求めなら、ソフトバンクエアーがおすすです。ソフトバンクエアーは、最大70,000円のキャッシュバックや月額料金の割引といったキャンペーンを実施中のため、大変お得に工事不要でインターネット契約できます。ワイモバイルなどソフトバンクスマホとのセット利用なら、通信料金を大幅に安くすることも可能です。

タイトルとURLをコピーしました