置くだけで使えるWiFiで安くておすすめはどこ?

WiFi

インターネットの利用に最適な回線は、今のところ光回線です。安定していて速度も出る上に、データ容量の制限もありません。一本の光回線を導入することにより、パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機等を有線・無線で接続して、家族全員で快適に利用出来ます。

 

しかし、様々な事情で光回線を導入出来ない事も有ります。その場合に、スマートフォンのテザリング機能だけをインターネット回線として利用するのは、少々無理があります。通信料が割高になるケースも多く、さほど大きくない容量で制限も掛かってしまいます。

 

光回線を導入する事が出来ない場合、インターネット回線の確保手段として、無線タイプを導入する事が考えられます。無線を使ったWi-Fiで一般的に良く知られているのは、持ち運びが出来るコンパクトサイズのモバイルWi-Fiルーターです。

 

ただ、これを家族みんなで使うのには、適していません。据え置き型無線ホームルーターなら、光回線導入時に使うルーターに近い使い勝手を実現していて、家族でインターネット回線を楽しむ事が可能になります。

 

置くだけでWi-Fiが使える、据え置き型無線ホームルーターの価格と、オススメを解説します。

 

工事が可能なら、光回線をオススメします

インターネット回線利用の手段として、現在最も優れているのは、光回線を使う事です。家族みんなで自由に個別端末を利用しても、快適にインターネットが楽しめます。通信容量の制限も無く、安定している通信環境をいつでも享受出来ます。

 

光回線で最もエリア展開を広くしているのは、NTT東西の「フレッツ光」回線です。以前はフレッツ光+プロバイダ契約の回線と接続業者を、それぞれ別途契約を結ぶ必要がありましたが、個人での光回線利用で現在主流になっているのは、「光コラボ」で、NTTと直接契約を結ぶのでは無く、光コラボ提供業者1社で契約を結ぶスタイルです。

 

特にマンション集合住宅にお住まいなら、既に建物の共有部分まで光回線が引き込まれている事が多く、その中で圧倒的に多い回線はフレッツ光です。

 

建物の構造や環境等にもよりますが、回線さえ建物に導入されていれば、光回線の導入は簡単です。月額料金も家族みんなで利用する事を考えれば、決して高くありません。お使いのスマートフォン月額料金が、割引きされるメリットも有ります。

 

 

(出典:ソフトバンク光 公式

 

たとえば、フレッツ光回線を利用する光コラボ「ソフトバンク光」の月額料金は、一戸建てで5,720円・マンション集合住宅で4,180円です。

 

家族3人でデータメリハリ無制限を契約しているケースを具体的に計算してみましょう。メリハリ無制限は、家族で回線数が増えるほどお得になります。そこから更に「おうち割」が適用されます。

 

スマホ料金プランおうち割 光セットセット割適用後 月額料金()内はセット割適用前
1回線2回線3回線以上
データプランメリハリ無制限~無制限-1,100円6,138円(7,238円)5,478円(6,578円)4,928円(6,028円)
~3GB-1,100円4,488円(5,588円)3,828円(4,928円)3,278円(4,378円)
データプランミニフィット+~3GB-1,100円4,378円(5,478円)
~2GB-1,100円3,278円(4,378円)
~1GB-1,100円2,178円(3,278円)

 

光回線を導入する前と後では、携帯電話回線のインターネット利用頻度が大幅に減少するケースが大半です。自宅では光回線をWi-Fi環境で利用するため、Wi-Fiが利用出来ない外出時のみに、データ通信容量の消費が限られることで、月に3GB以下の容量収まる方が多くなります。

 

メリハリ無制限プランは、特別な手続き無く月に3GB以下の容量しか利用の無かった場合には、通信料が安価になるシステムです。

 

1回線目のメリハリ無制限は月額7,238円ですが、光回線導入によって3GB以内に収まれば自動的に月額料金は3GBまでの5,588円になり、そこから「おうち割」1,100円が適用されるため月額料金は4,488円になります。通常料金との差額は月額2,750円になります。

 

同様に2回線目・3回線目でも月額2,750円安くなるため、3回線合計では月額8,250円がお得になる計算です。

 

浮いた差額で「ソフトバンク光」の月額料金の支払いが可能で、更にお釣りが来ますね。家族みんなでスマートフォンを契約含めそのまま利用して、自宅では快適な光回線を利用しても通信費トータルが下がります。

 

さらに、正規代理店では独自のキャッシュバックも行っていて、オプション加入無しでも公式キャッシュバックと合わせて「ソフトバンク光」で25,000円のキャッシュバックが受けられます。

 

指定オプションに加入すれば、最大キャッシュバック額は28,000円になります。キャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華特典を最短2週間還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

 

光回線が出来ない・不向きなケースも有ります

光回線を利用するには、工事が必要になります。事情が有って、工事が出来ない場合には光回線を導入する事が出来ません。また、工事は可能であっても光回線の導入が不向きな方もいらっしゃいます。

 

具体的に見ていきましょう。

 

居住エリアに光回線が来ていない

全国多くのエリアでは光回線の設置が進んでいますが、完全に網羅されているわけではありません。

 

日本で最も対応エリアが広いのは、NTT東日本・西日本が設置する「フレッツ光」です。フレッツ光の人口カバー率は95%以上です。

 

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

 

自宅や自宅マンションの側まで光回線が来ていなければ、引き込む事は出来ません。

 

転勤の多い方

働くビジネスマンの一定数は、転勤族と呼ばれる方がいらっしゃいます。光回線を導入する場合は、ある程度長期間の利用が前提になっています。

 

申込みから工事まで一定期間が必要になり、急な転勤が決まった場合には違約金が発生したり、撤収工事が必要になってきたりするケースがあります。

 

その合計金額は10万円近くになる事もあり、負担は小さくありません。忙しい引っ越しの前後に、導入や撤収には工事の立ち会いが必要なケースも多く、光回線の導入はお勧め出来ません。

 

単身赴任の方

転勤族の方と同様に、別の赴任先への移動が急遽決まったり、自宅に帰ったり、住居の事情が変わる可能性が遠くない時期に考えられる方は、光回線の導入を積極的にオススメしません。

 

学生の一人住まいの方

親元を離れて学校に通う学生さんにも、インターネット回線は必須です。しかし、卒業を機に引っ越す方が大半で、工事が必要な光回線の導入を積極的にはオススメ出来ません。別の手段を検討した方が良さそうです。

 

お住まいのマンション集合住宅に回線が引き込まれていない方

比較的新しいマンションなら、共用スペースまで光回線が入っている事が多く、光回線導入は簡単です。比較的新しい賃貸物件も、資産価値の向上や他物件との競争もあって、光回線が引き込まれているケースが多く有ります。

 

しかし、建物の構造上の問題で光回線を引き込めなかったり、共有スペースに回線を通せなかったりする場合もあります。

 

物理的に可能な物件でも、賃貸では大家さんが改造工事を認めていないケースもありますし、購入物件であれば管理会社や他の入居者の同意を得る必要があり、いくつもの大きなハードルがあります。

 

一戸建てでも賃貸の場合は、回線導入工事に大家さんの同意が必要になり、建物の改造を認めていない場合は光回線の導入が出来ません。

 

据え置き型無線ホームルーターが解決します

回線工事が不要で、コンセントを挿すだけで直ぐにインターネット回線のWi-Fi利用が出来るのが、据え置き型無線Wi-Fiホームルーターです。

 

据え置き型無線ホームルーターは、工事不要で到着後コンセントに挿すだけで直ぐに、インターネット回線が使える様になります。光ファイバーケーブル回線が来ていないエリアでも、無線の電波が拾える場所なら直ぐに開通出来ます。

 

引っ越す時も廃止工事の手間や費用も不要で、オンラインか電話で住所変更の手続きをすれば、引っ越し先で当日から回線使用が可能です。引っ越し先での新たな工事費は、当然発生しません。(ソフトバンクエアーの場合)

 

最も光回線の導入に近い効果を得ることが出来て、工事までの期間が掛かる光回線の代替手段としても、据え置き型無線ホームルーターの人気が高まっています。

 

据え置き型無線ホームルーターは、携帯電話会社の無線電波回線を使います。光回線を導入してWi-Fiを飛ばすルーターを設置した場合と、基になる回線が有線か無線かが異なる事を除けば、同じような使い勝手を実現します。

 

家族で複数の端末利用も可能で、有線LAN・無線LAN接続・ICT機器の多くにも対応が可能であり、Wi-Fiの電波も直線距離で50m以上の距離が届くため、いくつもの部屋をカバーする事が可能です。

 

現在契約が出来る、据え置き型無線ホームルーター

据え置き型無線ホームルーターで契約可能なのは、docomo「home 5G 」、Softbank「ソフトバンクエアー」、KDDI「WiMAX」Speed Wi-Fi HOME 5G L11の3択になります。

 

docomo「home 5G 」

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

「WiMAX」Speed Wi-Fi HOME 5G L12

 

(出典:UQWiMAX公式

 

新しい回線方式5Gに対応する事で、公称回線スピードが以前の同タイプと比較して、大幅に上昇しています。

 

公称の回線速度は理論的な理想値であり、実際にその速度が出ることは無い上に、5Gが提供されているサービスエリアは限定的で、多くの場所では利用が出来ない今後に期待の技術です。

 

また、WiMAXの使用する周波数帯域は携帯電話の使用する電波と比較して高く、障害物を通り抜けて受信する場合は、安定しない事が多く有り、auの携帯電話回線の5G・4GLTEの電波を拾う事も出来ますが、月額1,100円のオプション料金(プラスエリアモード)が別途掛かります。

 

3日間で15GBを利用した場合に、速度制限が掛かります。また、プラスエリアモードでは、月に15GBの制限が有ります。超過時には大幅な速度制限が掛かります。

 

「ソフトバンクエアー」

 

(出典:ソフトバンクエアー公式

 

ソフトバンクエアーは、据え置き型無線ホームルーターで大きなシェアを持っています。

 

メインの回線に、SoftBankの4G回線とは異なるAXGP方式を用いています。カバーしきれないところは、4G LTE方式を利用しますが、別途オプション料金は掛かりません。

 

データ使用量に制限を設けていません。しかし、利用の集中する時間帯には速度制限が掛かる事があり、通信速度が低下する事があります。

 

据え置き型無線ホームルーターの月額料金

据え置き型無線ホームルーターの、実際に掛かる月額料金を見ていきましょう。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 2年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 3年目4,950円4,818円5,368円
3年間合計金額178,200円160,248円164,736円

 

3年間の月額費用の合計金額は「WiMAX」Speed Wi-Fi HOME 5G L11が安くなります。

 

しかし、WiMAXは電波状態が芳しくない場所での利用は、プラスエリアモードの使用が前提になり、オプション料金(月額1,100円)を加えた月額料金で検討する必要があります。(ただし使えるデータ量が15GBという制限があります)

 

25歳以下の契約者が「ソフトバンクエアー」を契約する場合は、U-25限定SoftBank Air割引きキャンペーンも2021年4月1日から展開しています。その場合の料金比較は以下になります。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5G25歳以下ソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,168円
基本月額 2年目4,950円4,268円3,168円
基本月額 3年目4,950円4,818円5,368円
3年間合計金額178,200円160,248円140,448円

 

 

U-25 SoftBank Air 割引
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の月額料金が24ヵ月間毎月最大2,200円も割引されるキャンペーン「U-25 SoftBank Air 割引」についてご案内。月額 3,168円~とお得な料金でソフトバンクエアーを始めるチャンス!

 

据え置き型無線ホームルーターのキャンペーン

実際に支払う金額だけでなく、特典にキャッシュバックが有れば、それも考慮した上で掛かる費用を検討する必要があります。

 

「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」のキャンペーンは5,000円のキャッシュバックを実施しています。

 

「ソフトバンクエアー」は公式サイトにて、「SoftBank Air スタート割プラス」という月額料金を24ヵ月間、合計1,188円割引するというキャンペーンを実施しています。

 

ソフトバンクエアーの契約は、公式サイト以外に正規代理店サイトでも行えますが、正規代理店での契約方がお得です。公式のキャッシュバックに加えて、正規代理店独自のキャッシュバックを受け取ることが出来るからです。

 

何処で契約しても、契約後の「ソフトバンクエアー」のサービスは全く同一で、アフタフォローもソフトバンクが行います。

 

キャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大35,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

代理店でのキャッシュバックを、オプション加入無しで考慮した、月額料金と3年間合計実質金額は以下の通りです。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 2年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 3年目4,950円4,818円5,368円
3年間合計金額178,200円160,248円164,736円
キャッシュバック18,000円5,000円33,000円
3年間実質合計160,200円155,248円131,736円
実質月額料金4,450円4,312円3,659円

 

キャッシュバック金額まで考慮すれば、トータルの費用で「ソフトバンクエアー」が大幅に安い金額になります。

 

光回線工事をしない場合のインターネット回線の確保は、コンセントに挿して置くだけで使える「ソフトバンクエアー」をオススメします。

 

単身者が利用するなら、モバイルWi-Fiルーターも

モバイルWi-Fiルーターは、据え置き型無線ホームルーターと同様に、携帯電話会社の無線を利用するため、光回線の様に、回線工事も必要ありません。

 

コンパクトに設計されていて持ち運び可能であり、出掛けた先でWi-Fi環境を構築出来るメリットが有ります。しかし、家族のインターネット回線として利用するのには向きません。家族の誰かがモバイルWi-Fiルーターを外出先に持ち出せば、残った家族にインターネット回線が無くなってしまいます。

 

また、Wi-Fiの届く範囲は直線距離で10mから15m程度であり、家族が別の部屋でそれぞれ利用する使い方は困難です。

 

光回線が導入出来ない単身者には、モバイルWi-Fiルーターは有力な選択肢になります。自宅でも外出先でも自分の近くに置いておくことで、スマートフォンの契約プランを最低用量に見直せば、料金的にも合理的です。

 

ただし、メインの回線利用をするなら、3日間で10GBや15GB等の制限の無いタイプの方が、使い勝手は大幅に良くなります。

 

休みの日にまとめて動画サービスを鑑賞したり、OSやソフトウェアの大型のアップデート等をしたりする事が重なれば、途端に実用的に使えなくなる回線速度になり支障が出ます。

 

通信制限の無いモバイルWi-Fiルーターなら、クイックWiFiがオススメです。

 

月間に100GBのデータ容量制限はありますが、使い方に制限が設けられていないため、多くの方にとって事実上の使い放題になります。

 

3キャリアに対応するクラウドSIMタイプで、物理的なSIMを搭載していません。日本中どこでも、最適な電波を利用するため、場所を選ばず繋がる安心感があります。

 

月額費用は3,718円で、キャッシュバックも受けられます。クイックWiFiのキャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

【公式】クイックWiFi | クラウドSIM対応のモバイルWiFiがずーっと50GB月額2,948円!
最安値級のモバイルWiFi「クイックWiFi」ならずーっと50GB月額2,948円~!途中で料金があがる心配なし!【docomo・au・SoftBankの回線に対応】最適な回線に自動接続で繋がりやすいクラウドSIM。しかも最短即日発送!手軽にWi-Fi生活を始めるならお得な「クイックWiFi」で!

 

タイトルとURLをコピーしました