光回線の工事ができない場合やマンション未導入の場合はどうする?

インターネット回線

「スマートフォンでインターネットを利用するのに、特別なことを何もしなくても、契約しているスマホが使えるのに、何故?光回線等の別の手段を用意する必要があるの?」

 

という疑問をお持ちの方、実は意外に多くいらっしゃいます。簡単にご説明するのは難しいのですが、結論から言えば「お得」だからです。

 

たとえば家族4人で携帯電話会社の回線を利用しているのは、高速道路を大型バイク(大容量プラン・無制限プラン)4台で疾走している様なものです。家族別個の高速料金と高い維持費が掛かり、風の影響を受けることもあり、雨が降れば濡れることも有ります。

 

光回線を導入すれば、高速バス(自宅Wi-Fi環境)に家族4人で乗るため、大幅に掛かる費用が削減出来ます。高速バスから降りて移動する時には(外出時)、小型の原付バイク(小容量プラン・格安SIM)で移動するため不便はありません。

 

ただ、高速バス(自宅Wi-Fi環境構築)には種類があり、利用するエリア・建物の状態等によって利用出来ないタイプが有ります。

 

それぞれの回線種類を解りやすく解説しながら、導入出来ないケースでの対処方法も説明します。

 

インターネット利用の回線は、光回線が最適

光回線は本来俗称であり、正確にはFTTH(Fiber To The Home)という通信サービスです。

 

ガラス繊維で出来ている、光ファイバーケーブルを使った通信回線で、従来の銅線と比較して、より多くのデータを、距離による毀損が無いまま、やりとりが可能な最も速い通信回線です。基本的に利用量の制約が無く、自由に無制限に利用する事が出来ます。

 

光回線の敷設には莫大な資本はもちろんですが、回線を張り巡らせるのには、電柱が必要になります。そのため、実際に光ファイバーケーブルの敷設は、NTT(電話線の電柱)・各地の電力会社(電線の電柱)・各地のケーブルテレビ(有線の電柱)で大半を占めています。

 

実際に敷設されている光回線の種類は、それほど多くは有りません。

 

光回線のシェア

ICT市場専門のリサーチ会社、株式会社MM総研の2021年3月発表のデータによれば、全国的に広く普及しているのは、NTTグループ(NTT東日本+NTT西日本)の2256.4万件であり、そのシェアは半数を大きく超える7割弱に達しています。

 

 

(出典:MM総研

 

グラフ中のその他は、限られたエリアでのサービス展開です。

 

KDDI(au)もNTTグループに続くシェアですが、実際に施設した光ファイバーケーブルのエリアは限られていて、大半のエリアはNTTの光ファイバーケーブルを使用していて、「ダークファイバー」と呼ばれる、NTTで使われていない部分を利用しています。

 

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線「NURO光」も、auと同様にNTT光ファイバーケーブルを利用した「ダークファイバー」を使っています。

 

光回線ケーブルが近くまで来ているか、建物に引き込まれている必要がある

利用したい回線が、提供エリアになっている必要が有ります。マンション集合住宅では、建物の共用部分まで引き込まれている回線しか利用出来ません。

 

提供しているエリアは、サービスごとに異なります。実際のエリアはサービスを提供するサイトで検索するか、電話で問い合わせる必要が有ります。市町村単位でエリアになっていても、必ずしも全域がカバーされていない事もあります。

 

代表的な回線として

 

NURO光提供状況の確認

auひかり提供状況の確認

 

を利用して、住所から導入可能か調べることが出来ます。

 

日本で最も広いエリアでサービスを提供しているのは、NTTが敷設した「フレッツ光」です。マンション集合住宅にも、最も多く導入されている「フレッツ光」のシェアは圧倒的です。

 

NTT西日本エリア

富山県 / 石川県 / 福井県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

 

NTT東日本エリア

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 東京都 / 埼玉県 / 千葉県 / 神奈川県 / 山梨県 / 新潟県 / 長野県

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

「フレッツ光」だけを契約しても、インターネットの利用は出来ません。フレッツ光は光回線であり、プロバイダと呼ばれる接続業者と契約して、初めてインターネットの利用が可能になります。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

しかし、現在ではこの2箇所に契約する手段は、個人ではメリットが有りません。現在の個人契約の中心は、「光コラボ」という契約が主流で、契約先が一箇所で済みます。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

NTTは「光コラボ」の販売取り扱いはありません。光コラボ事業者がNTTへの回線使用料支払いも行うスタイルになるので、ユーザーがNTTと直接契約はしません。

 

「光コラボ」を扱う事業者は、現在、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

 

お住まいのマンション集合住宅に、「フレッツ光」回線が共有部分まで引き込まれていれば、この「光コラボ」を扱うサービスを自由に選ぶことが出来ます。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

戸建てでも「フレッツ光」の対象エリアなら、自由に選んで「光コラボ」のサービスが利用出来ます。

 

光回線を導入するならオススメの光コラボは「@TCOMヒカリ」

 

光回線を導入して快適なWi-Fi環境を作り、スマートフォンとのセット利用で通信費全体をお得に使うなら、光コラボの中でも実質料金が安くてセット割が充実した「@TCOM(アットティーコム)ヒカリ」がオススメです。

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

@TCOMヒカリをオススメできる理由

 

工事費無料

光回線の導入には工事が必要で、実際に技術者や工事業者が動く為、工事費が掛かります。@TCOMヒカリの場合、最大19,800円の工事費が掛かりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っています。

 

キャッシュバック

新規契約だけのオプション無しで、戸建てタイプ28,000円・マンション集合住宅タイプで25,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを行っています。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャンペーン
「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」当サイト限定キャッシュバックキャンペーン

 

Wi-Fiが使える無線Wi-Fiルーターを選ぶ事も出来ます。

 

12ヵ月の間、月額料金割引

契約から12ヵ月間、月額料金が割り引かれます。戸建てタイプで5,610円が12ヵ月間は4,290円になり、マンション集合住宅タイプでは、4,180円が12ヵ月間は3,190円になります。

 

au系列のスマホ利用ならお得に

現在、au系列のスマホを利用なら、auスマホの「auスマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」が利用出来ます。スマホ1台あたりの割引きが受けられ、継続してお得になります。

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

家族で複数台利用していれば、大きなメリットになります。

 

格安SIM「LIBMO」がお得に使える

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

キャリアのオンライン専用プランは、細かい容量プランの設定をしていません。たとえばLINEMOの容量3GBで不足する場合、20GBを選択するしか有りませんが、LIBMOでは8GBプランも用意しています。20GBのプランでも、ahamo・povo・LINEMOよりも安価になります。格安SIMでは珍しい、30GBプランも用意されています。

 

@TCOMヒカリと組み合わせて利用する事で、LIBMO1契約につき220円の割引きが受けられます。光回線とスマートフォンを組み合わせて、長期に渡ってお得に利用できます。

 

光回線の工事が出来ない場合もある

 

光回線を利用するには、工事が必要

光回線を利用するのには、基本的に工事が必要になります。

 

回線業者によって変わりますが、申し込んでから実際に回線工事を行い、光回線が開通するまでの期間は、概ね1ヵ月程度になるケースが多くなっています。

 

3月・4月の春先や9月10月の秋口頃、引っ越しシーズンで人が動く時期には、開通までの時間が大幅に伸びる可能性があります。

 

工事には立ち会いが必要で、回線によっては宅内工事と宅外工事が別日になっている事もあり、仕事などの様々な都合を考慮して日程調整すれば、さらに開通日は遅くなっていきます。

 

インターネット回線の確保に時間が掛けられないケースでは、光回線以外の手段を検討する必要が有ります。

 

また、光回線を希望しても、開通工事が出来ない事もあります。

具体的な事例を確認しておきましょう。

 

工事が出来ないケース

マンション集合住宅の場合は、共有スペース内まで光ファイバーケーブルを、近くの電柱から引き込む事が必要になります。

 

工事を行う為には、賃貸物件なら大家さん・購入物件なら管理会社の許可と住民の同意が必要になってきます。時間や手間も掛かり簡単には出来ませんが、同意と許可が取れれば工事をする事は可能です。

 

しかし、建物に構造上の問題(たとえば共有スペースに、回線設備機器を置く場所が無いケースや、配管をする事が出来ない為に光ケーブルを引き込む事が出来ない等)が有る場合は、回線工事を行う事は現実的に困難です。

 

さらに、共有スペースから各戸への配線工事も必要になり、こちらも大規模な工事になるため、必ず同意と許可を取らなくてはいけません。また、建物の構造上の問題で配線が出来ないケースもあります。

 

光回線未導入の小規模なマンション集合住宅では、戸建てと同様の回線を個別に引き込む事が出来るケースも有ります。共用スペースを使用しないため、導入へのハードルは低くなりますが、管理会社・大家さんの許可が必須です。

 

こちらも建物の構造上の問題で、導入不可のケースも有ります。

 

その場合、光回線以外の手段を検討する必要が有ります。光回線に次ぐ、回線速度と安定性があるのは、据え置き型無線ホームルーターです。

 

据え置き型無線ホームルーターなら工事不要

据え置き型無線ホームルーターは、回線工事が必要無く、コンセントを差し込むだけの手軽さで、インターネット回線の確保が出来ます。

 

光回線には及びませんが、通信速度が安定して、家族で利用することも問題無く、接続出来る制約も少なく多くの機器タイプの接続が可能で、有線接続もOKです。

 

キャリア大手3社からサービスが提供されています。

 

ドコモ home 5G HR01

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

〇月額料金 4,950円

〇本体価格 39,600円 (月々サポートで毎月分1,100円割代金分を36回割引で実質無料)

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

 

(出典:UQ WiMAX公式

 

〇月額料金 1・2年目4,268円 3年目以降4,818円

〇本体価格 21,780円

 

SoftBank Airターミナル5

 

(出典:SoftBank Air 公式

 

〇月額料金 5,368円

〇本体価格 71,280円 (月々割で毎月分1,980円割代金分を36回割引で実質無料)

 

ここまでの据え置き型無線ホームルーターは、5G対応です。

 

しかし、5Gが利用できるエリアは限られていて、本来の大容量「ミリ波」の対応は無く、「sub6」限定になり、5G本来の良さを全面的に享受出来るのは、現実的にはまだ先の話です。

 

2021年に本格参入したdocomoとauでは、4G(LTE)専用機種の販売は有りませんが、SoftBankには従来からサービスを展開していたため、4G機種のサービスが現在利用出来ます。メリットは、5Gの価格よりも大幅に安価な額料金です。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5Gソフトバンクエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円4,180円
基本月額 2年目4,950円4,268円4,180円
2年間合計金額118,800円102,432円100,320円
キャッシュバック18,000円15,000円33,000円
2年間実質合計100,800円87,432円67,320円
実質月額料金4,200円3,643円2,805円

 

実際に利用した場合の速度は、多くの状況において大きな差は現状出ません。5Gのエリアが充実してきたら、乗り換える事も可能です。

 

25歳以下では、更にお得な月額料金が4Gでは設定されています。

 

ドコモ home 5GWiMAX +5G25歳以下SoftBankエアー
基本月額 1年目4,950円4,268円3,168円
基本月額 2年目4,950円4,268円3,168円
2年間合計金額118,800円102,432円76,032円
キャッシュバック18,000円15,000円33,000円
2年間実質合計100,800円87,432円43,032円
実質月額料金4,200円3,643円1,793円

 

ソフトバンクエアーは、この価格で使い放題ですから、25歳以下のユーザーには、これ以上の選択肢は無いですね。学生さんの一人暮らしや、急に回線が必要になった若いビジネスマンにも最適です。

 

据え置き型無線ホームルーターの導入なら、ソフトバンクエアーをオススメします。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大35,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大35,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

単身世帯や、家族が居てもインターネット回線が必要なのは自分だけ、というケースでは、もう少し手軽な手段も有ります。

 

モバイルWi-Fiルーターなら工事不要で持ち運びも可能

モバイルWi-Fiルーターは、コンパクトなサイズに収まっていて、持ち運びが出来るWi-Fi基地局です。

 

当然工事不要で、自宅でインターネット回線として利用するだけで無く、外出時には鞄に忍ばせておくだけで、自分だけのWi-Fi環境も一緒に付いて回ります。

 

モバイルWi-Fiルーターのメリット

スマートフォンだけでなく、パソコンやタブレットの機器もWi-Fi接続が何処でも出来て、インターネット利用が可能になります。

 

導入すれば、スマートフォンのインターネット利用はモバイルWi-Fiルーター接続になるため、従来から契約している携帯電話会社の回線は、基本的に利用しないことになります。

 

3大キャリアの回線を利用しているなら、この際に安いプランに移行するのではなく、オンライン専用プラン「LINEMO」を利用すれば、非常用の3GBを保険に持っていても、月額利用量は990円で収まります。「povo」ではデータ利用をしなければ、基本的に利用量は無料です。格安SIMでは、「OCNモバイルONE」なら0.5GBプランが550円で利用出来ます。

 

これらの安価なプランに移行して、モバイルWi-Fiルーターと組み合わせる事で、キャリアの提供する無制限・大容量プランを契約しているよりも、月額通信料は安くなるケースが圧倒的に多くなります。スマートフォンだけでなく、利用出来る機器の範囲も広がります。

 

モバイルWi-Fiルーターのデメリット

外出時には、普段スマートフォン一つで持ち歩けたのに対して、別の機器を持ち歩く必要が有る手間が発生します。

 

当然充電する機器も増え、手間が増えます。うっかりモバイルWi-Fiルーターの充電を怠ると、インターネット回線難民になるか、非常に割高なキャリア回線を利用するしかなくなります。

 

モバイルWi-Fiルーターには、月の通信容量が決まっているキャリア回線を利用するタイプと、WiMAX回線を利用する通信容量無制限のタイプがあります。

 

月の容量が決まっているタイプでは、容量の大きさで月額料金が変わってきます。

 

WiMAX回線タイプでは、月の通信量は無制限でも、3日間で10GBまたは15GBの容量制限が有り、WiMAX回線は通常のキャリア回線とは周波数帯が異なるため、場所によっては電波が入りにくくなり、そのようなエリアではau回線も利用出来ますが、別料金が発生する上に、月の通信量も制限されます。

 

最も大きなデメリットは、光回線や据え置き型無線ホームルーターと比較して、回線品質が落ちることです。

 

無線形式は、利用する場所によって電波が影響を受けることが多く、不安定になる事が避けられません。それをコンパクトな筐体の中に有る、コンパクトなアンテナで受信する事しか出来ないため、積極的にオススメする事は出来ません。

 

具体的な数値を見てみましょう。

 

モバイルWi-Fiルーターの通信速度品質

通信回線のクオリティとして、回線速度が有りますが、サービス提供者が出している通信速度は数値上の理想値で有り、現実的に出る速度ではありません。

 

速度と並んで指針になるのは、ping値です。Ping値は、回線のレスポンスを表す物で、数値が小さいほど応答反応速度が早く、通信環境に大きく影響します。

 

実際に利用者が計測している、みんなのネット回線速度を見てみましょう。

 

Rakuten WiFi Pocketの通信速度レポート

直近3ヶ月に計測された852件のRakuten WiFi Pocketの測定結果から平均値は

 

平均Ping値: 49.35ms

平均ダウンロード速度: 19.74Mbps

平均アップロード速度: 14.77Mbps

 

になっています。

 

一般的にping値は50ms程度までなら、実用に耐えると言われています。

光回線の「@TCOMヒカリ」の数値も見てみましょう。

 

@TCOM(アットティーコム)ヒカリの通信速度レポート

直近3ヶ月に計測された5801件の「@TCOMヒカリ」の測定結果から平均値は

 

平均Ping値: 17.52ms

平均ダウンロード速度: 262.84Mbps

平均アップロード速度: 197.66Mbps

 

になっていて、比較にならない速度と反応速度になっています。

 

オススメのモバイルWi-Fiルーター

ここまで述べてきたように、インターネット利用の主回線としては、積極的にモバイルWi-Fiルーターをオススメはしません。

 

単身者のユーザーで、スマートフォンの利用料金を削減する目的なら、選択肢の一つになります。

 

楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket

 

(出典:楽天モバイル公式

 

楽天モバイル1GB3GB20GB無制限
月額料金0円1,078円2,178円3,278円

 

契約期間の縛りが無く、利用容量に制限が掛からない、モバイルWi-FiルーターはRakuten WiFi Pocketです。

 

何らかの理由で利用しない時には、月額料金が発生しない事もメリットです。しかし、問題も有ります。楽天モバイルは、日本で最も新しい自社でアンテナ回線設備を持つMNOキャリアです。

 

料金体系はスマートフォンと同一のRakuten UN-LIMIT VIで、無制限に利用出来るのは楽天回線の利用時のみです。楽天モバイルの、アンテナ設備の設置はまだ道半ばで、楽天回線が届かないエリアではau回線を利用します。その場合は最大月に5GBの制限が掛かります。

 

利用するエリアが、楽天の電波拾える環境である事が前提になります。筆者はRakuten UN-LIMIT VIユーザーですが、ホームページにあるエリア表示であっても、楽天回線が拾えない事が度々有るので、注意が必要です。

 

クイックWiFi

 

(出典:クイックWiFi公式)

 

WiMAX系は通信速度が早く人気が有りますが、回線周波数帯の特性から繋がりが悪くなる場所も有り、自宅屋内での利用には支障が出るケースがあります。

 

無制限を標榜していますが、実際には3日間で10GBの制限が存在していて、主回線に利用するのには、積極的にオススメ出来ません。

 

通信容量制限の無い、クイックWiFiがオススメです。

 

月間に100GBのデータ容量制限はありますが、使い方に制限が設けられていないため、多くの方にとって、事実上の使い放題になります。

 

3キャリアに対応するクラウドSIMタイプで、物理的なSIMを搭載していません。

 

日本中どこでも、docomo・au・SoftBankの電波の中で最適な電波を利用するため、場所を選ばず繋がる安心感があります。

 

2021年10月14日にdocomoの通信障害が発生した事は記憶に新しく、そんな事態にもクラウドSIMなら対応する事が出来ます。

 

月額費用は3,718円です。

 

スマートフォンのテザリングを利用の様な、20GB等の容量制限が無く、多様な機器を接続しても毎月100GBを自由に利用出来ます。

 

タイトルとURLをコピーしました