光回線は戸建てでも工事不要で導入できる?

光回線

「光回線を入れたいけど、工事費用が高いから躊躇してしまう。」

「戸建てだと開通工事が必要になるイメージだけど、工事が不要になるケースってあるかな?」

 

こんなことをお考えではないでしょうか。光回線とは「光ファイバー」を用いたインターネット接続サービスのことです。通信無制限で、高速通信可能な光回線はインターネット利用するうえで快適な反面、開通工事までに時間がかかったり、工事費用が高かったりと気になる点もあります。

 

戸建ての光回線の開通工事は、光ファイバーを自宅に敷設する必要があるため、基本的に工事は必要です。しかし、一定の条件において、光回線は工事不要で導入できます。

 

本記事では、以下のことがわかります。

 

・光回線を工事不要で導入可能なケース
・光回線で必ず工事が必要なケース
・光回線以外の工事不要でインターネットを利用する方法
・乗り換え可能なおすすめの光回線の事業者

 

この記事を読むことで、工事不要で光回線を導入する方法がわかます。また、高品質で安く利用できる光回線業者がわかるので、これから光回線事業者を探したり、乗り換えを検討している方の参考になるでしょう。ぜひ、最後までお読みください。

 

光回線を工事不要で導入可能な3つのケース

光回線を工事不要で導入するためには、現在もしくは過去に光回線と契約し、自宅内に光ファイバーの配線と光コンセントが設置されている必要があります。

 

そのうえで以下の条件に当てはまるとき、工事不要で光回線を利用できます。

 

・ケース1:フレッツ光から光コラボへ乗り換える
・ケース2:光コラボから他の光コラボへ乗り換える
・ケース3:以前契約した光回線事業者と同じ事業者と契約する

 

開通工事が不要になる条件は、自宅内に配線された光ファイバーをそのまま他社へ流用可能かどうかになります。工事不要の場合、工事派遣員の立ち合いなしで光回線の開通が可能です。通常15,000〜40,000円前後かかる工事費用は、無派遣工事により2000円前後と安く抑えることができます。

 

工事不要なケースについて、順番に解説します。

 

ケース1:フレッツ光から光コラボへ乗り換える

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合、工事不要で光回線を利用できます。理由は、光コラボの事業者はNTTのフレッツ光の回線を借りて自社サービス提供しているから、同じ回線を利用しているので工事不要で乗り換えが可能です。

 

また、フレッツ光から光コラボへ事業者を変更することを「転用」と呼びます。乗り換えに必要な手続きは、以下の流れになります。

 

フレッツ光から光コラボへ乗り換える手順

 

①契約しているNTT東日本もしくは、NTT西日本へ問い合わせ「転用承諾番号」を確認する
②光コラボへ契約の申し込みする
③契約先の光コラボ事業者の手続きに従い接続設定する
④フレッツ光と同時に契約していたプロバイダを解約する

 

転用承諾番号の有効期限は15日間しかないため、すみやかに変更先の光コラボへ申し込む必要があります。また、乗り換えの期間は10〜14日くらいが目安です。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

ケース2:光コラボから他の光コラボへ乗り換える

光コラボから他の光コラボの事業者へ乗り換える場合も、工事不要で光回線を導入できます。自宅に配線されている回線は、フレッツ光の回線を利用しているので、他社の光コラボ会社に乗り換えた場合も工事が不要だからです。

 

光コラボへの乗り換えは「事業者変更」となります。乗り換え手続きは、以下の方法で導入できます。

 

コラボ光から他の光コラボへ乗り換える手順

 

①契約しているコラボ光事業者へ「事業者変更承諾番号」を確認する
②契約したい光コラボへ申し込みする
③契約先の光コラボ事業者の手続きに従い接続設定する

 

光コラボ事業者は、事業者数が多いので代表的な事業者を表にまとめました。

 

携帯会社系ドコモ光ソフトバンク光楽天ひかり
プロバイダ系OCN光@TCOMヒカリBIGLOBE光So-net光など

 

ケース3:以前契約した光回線と同じ事業者と再契約する

以前契約した光回線の設備が残っており、同じ事業者と再契約する場合も、工事不要で光回線を導入できます。フレッツ光や光コラボのほかにも、NTTの回線に頼ることなく、自社回線を提供する事業者が対象となります。以下の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

独自回線を所有する事業者auひかりNURO光
電力会社系eo光、コミュファ光、BBIQ光 など
CATV系J:COM、itscom など

 

光回線の再契約時の注意点ですが、ご自宅に光回線の配線と光コンセントが残っていても、回線の劣化の具合によっては再度工事が必要な可能性があります。もし再契約を希望する場合、事業者に問い合わせて工事が必要か問い合わせましょう。

 

【要注意】光回線の工事が必ず必要な2つのケース

光回線の工事が必要なケースは、ご自宅に光回線の配線がなく、光コンセントの設置もない場合は必ず開通工事が必要です。

 

以下の条件に当てはまる場合、開通工事が必要となります。

 

・新築住宅には光回線工事が必ず必要

・フレッツ光や光コラボから他の独自回線事業者へと変更する

 

それぞれ解説していきます。

 

新築住宅には光回線工事が必ず必要

新築住宅には光回線工事が必要となります。理由は、新築住宅には光回線が配線されていないため、新規契約時に開通工事が必須だからです。

 

光回線事業者には、新規入会キャンペーンを利用し、開通工事費用を安くしたり無料にできる事業者もあります。本記事の後半で、おすすめの光回線事業者を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

フレッツ光や光コラボから他の独自回線事業者へと変更する

フレッツ光や光コラボから他の独自回線事業者へと変更する場合も、開通工事は必要になります。理由は、フレッツ光や光コラボ事業者と独自回線事業者が持っている回線が異なるからです。

 

フレッツ光やコラボ光は、NTTが提供するフレッツ光の回線を利用してサービスを提供しているのに対し、独自回線事業者は自社が持っている回線を利用者に提供します。自宅内に光回線が配線されていても、同じ回線を使えないので別途工事が必要です。

 

独自回線を持つ事業者は、NURO光やau光、電力系回線(イオ光、コミュファ光、BBIQ光など)が該当します。独自回線の事業者と新規に契約する場合は、開通工事が必要と考えましょう。

 

光回線以外の工事不要でインターネット利用する2つの方法

工事不要でインターネット利用する方法は、以下の2つの方法があります。

 

・持ち運び可能なモバイルWiFi
・工事不要で設置できるホームルーター

 

工事不要でインターネット利用できるメリットは大きいですが、通信容量が無制限で安定した高速通信で使える光回線と比較した際にデメリットもあります。デメリットも含め、順番に説明いたします。

 

持ち運び可能なモバイルWiFi

モバイルWiFiは、月々2,000〜4,000円と光回線より安くインターネット利用できます。また、持ち運びが可能なため、外出時にもWiFi接続を使用したインターネットを利用できるのがメリットです。

 

【公式】クイックWiFi | クラウドSIM対応のモバイルWiFiがずーっと50GB月額2,948円!
最安値級のモバイルWiFi「クイックWiFi」ならずーっと50GB月額2,948円~!途中で料金があがる心配なし!【docomo・au・SoftBankの回線に対応】最適な回線に自動接続で繋がりやすいクラウドSIM。しかも最短即日発送!手軽にWi-Fi生活を始めるならお得な「クイックWiFi」で!

 

モバイルWiFiのデメリットは以下になります。

 

・通信速度は光回線より遅い
・通信容量の上限が決まっている
・外出で持ち運ぶと自宅にいる他の家族が使えない

 

モバイルWiFiは、通信容量の上限が決まっていたり、外出時に持ち運ぶと他の家族が使えなかったりして、家族が多いご家庭にはデメリットが大きい印象です。ご家族のいるご家庭には、光回線の利用が適しているといえるでしょう。

 

工事不要で設置できるホームルーター

自宅のコンセントに挿すだけで使用できるホームルータは、工事不要でインターネット利用できます。代表的なサービスはSoftBank Airが有名です。SoftBank Airの月額料金は、4,880~5,370円と戸建ての光回線の相場が5,000〜6,000円のため、光回線より数百円安く利用できる点もメリットです。

 

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!

 

ただし、ホームルーターのデメリットは以下になります。

 

・光回線より通信速度が遅い
・時間帯によって速度制限のリスクがある

 

戸建て住宅ではマンションと違い、光回線が引けないことはありません。通信品質を安定して使用したい場合、光回線を利用した方が高速通信で、ストレスなくインターネットを利用できます。

 

光コラボの乗り換えも可能な3つのおすすめ光回線を紹介

工事不要で乗り換え可能な事業者として、光コラボを説明しました。ただし、光コラボは事業者数も多く、どの事業者を選択すればお得に利用できるかわかりにくいです。

 

そこで、今回は新規契約キャンペーンを利用し、キャッシュバックや月額料金を安く抑えられる以下3つの光コラボを紹介いたします。

 

・おすすめの光コラボ①IPoE接続にも対応可能な高速通信のOCN光
・おすすめの光コラボ②新規工事無料で12ヶ月月額料金が格安の@TCOMヒカリ
・おすすめの光コラボ③ソフトバンクスマホとセット割がお得なソフトバンク光

 

また、各社が提携するスマホや格安SIMと契約すると、携帯料金が割引になるお得なセット割も利用可能なので、合わせてご紹介いたします。

 

おすすめの光コラボ①IPoE接続に対応可能な高速通信のOCN光

IPoE接続に対応し、高速通信で月額料金がお得な光コラボは「OCN光」がおすすめです。

 

OCN 光
NTTコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「OCN 光」のサービス内容。当サイト限定で最大5,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

OCN光は、標準搭載で高速通信が期待できるIPoE(IPv4 over IPv6)接続が利用可能。プレゼントでもらえるWiFiルーターを使用して、追加料金なしでIPoE(IPv4 over IPv6)接続による高速回線を利用できます。

 

戸建ての月額利用料は5,610円です。また、今なら新規契約キャンペーンを活用し、追加オプションの利用なしでキャッシュバックが受けられます!

 

工事費用は、工事不要の無派遣工事は2,000円、配線の新設工事が必要な場合は19,800円が別途料金で必要です。

 

OCN光は、NTTドコモのエコノミーMVNOという位置づけで提供されている格安SIM「OCNモバイルONE」と組み合わせて利用することで通信費を抑えることが可能です。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

OCNモバイルONEのメリットは、月額利用料金の安さです。500MBのプランで月額550円から利用可能できます!OCN光の契約と組み合わせて、OCNモバイルONEの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの光コラボ②新規工事無料で12ヶ月月額料金が格安の@TCOMヒカリ

@TCOMヒカリは、新規工事無料で12ヶ月月額料金が割引で利用可能なため、おすすめの光コラボです。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ サービス内容
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」(アットティーコムヒカリ)の月額料金・サービス内容

 

戸建ての月額料金は5,610円です。また、2年自動更新プランの「2年バリューパック」と契約すると、最初の12ヶ月は4,290円と格安で利用可能となります。また、新規工事も2年バリューパックの契約で、今なら工事費無料で工事可能です!

 

新規契約時に、追加オプションの利用なしで28,000円のキャッシュバック(他社転用、事業者変更は22,000円)を受けられ、初回事務手数料も無料で契約可能です。

 

通信速度も安定していて、月額220円で高速通信が期待できるIPoE(IPv6)接続が利用可能。IPoE(IPv6)接続の月額料金は、ヒカリ電話と契約する場合は無料となります。

 

@TCOMヒカリと対応するセット割引の適応は、同じくTOKAIコミュニケーションズが運営する「LIBMO」と「auスマホ、auタブレット」が対象です。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

LIBMOのメリットは、通信容量20G・30Gの利用料金が他のスマホや格安SIMと比較して、最も安く利用可能なことです。20GBの通信容量で、月額1,991円から利用可能なので、外出時に動画視聴など大容量通信を楽しみたい方にオススメの格安SIMとなります。

 

セット割引を利用すると、1契約につき月額利用料が220円割引になるので、さらにお得に利用できます。

 

LIBMOの月額基本料金

 

データ容量データ+音声通話+SMSデータ+音声通話+SMS
+10分かけ放題
@T COMヒカリ
月額割引額
3GBプラン980円(税抜891円)1,750円(税抜1,591円)220円(税抜200円)/月割引
8GBプラン1,518円(税抜1,380円)2,453円(税抜2,230円)220円(税抜200円)/月割引
20GBプラン1,991円(税抜1,810円)2,926円(税抜2,660円)220円(税抜200円)/月割引
30GBプラン2,728円(税抜2,480円)3,663円(税抜3,330円)220円(税抜200円)/月割引

 

auスマホやタブレットと契約している方は「auスマートバリュー」の割引対象となり、月額最大で1,100円の割引となります。ただし、auスマートバリューはヒカリ電話の契約が別途必要です。

 

すでにauスマホを利用の方や、大容量通信のスマホに変更を検討している方は、この機会に@TCOMヒカリの契約と合わせてLIBMOの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの光コラボ③ソフトバンクスマホとセット割がお得なソフトバンク光

ソフトバンクスマホやワイモバイルをすでにお持ちの方は、セット割引がお得なソフトバンク光がおすすめです。

 

SoftBank 光(ソフトバンク光)
ソフトバンク提供の光コラボレーションモデル「SoftBank 光」(ソフトバンク光)月額料金・サービス内容

 

戸建ての月額料金は5,720円です。さらに、今なら新規契約時に追加オプションなしで25,000円(他社転用、事業者変更は15,000円)のキャッシュバックを受け取れます!他にも、パソコンやタブレット、液晶TVなど割引販売やプレゼント特典が選べます。

 

工事費用は、工事不要の無派遣工事の場合は2,200円、配線の新設工事が必要な場合は26,400円が別途料金で必要です。ソフトバンク光は、光回線の開設までの期間、無料でホームルーターもしくはモバイルルーターの貸し出しサービスを行っています。工事までの期間に、インターネット利用できるのは魅力的です。

 

ソフトバンク光のセット割引は、ソフトバンクスマホやワイモバイルと契約している方が対象となります。セット割引の適応に必要な追加オプション(月額550円〜)を契約すると、スマホ1台1,100円(ワイモバイルは1台550円)の割引が適用となります。別居の家族にも適応されるので、家族5人の場合は月額5,500円の携帯料金が割引となります。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ソフトバンク系のスマホと契約している方は、ぜひソフトバンク光の契約を検討してみてください。

 

まとめ

戸建て住宅で光回線を工事不要で導入するには、現在もしくは過去に光回線と契約し、自宅内に配線された光ファイバーをそのまま他社へ流用可能かどうかになります。また、自宅に光回線が配線されている必要があるため、新築住宅では必ず開通工事が必要です。

 

工事不要なケースは、以下の3つのケースです。

 

・ケース1:フレッツ光から光コラボへ乗り換える

・ケース2:光コラボから他の光コラボへ乗り換える

・ケース3:以前契約した光回線事業者と同じ事業者と契約する

 

工事不要の場合、工事派遣員の立ち合いなしで光回線の開通が可能なため、通常20,000〜40,000円前後かかる初期工事費用を2000円前後に安く抑えることが可能です。

 

また、以下3つの光コラボの事業者は新規契約キャンペーンやキャッシュバック、スマホとのセット割引を利用し、お得に光回線を利用できます。

 

・おすすめの光コラボ①IPoE接続にも対応可能な高速通信のOCN光

・おすすめの光コラボ②新規工事無料で12ヶ月月額料金が格安の@TCOMヒカリ

・おすすめの光コラボ③ソフトバンクスマホとセット割がお得なソフトバンク光

 

安定したインターネット通信のご利用に、本記事の光回線事業者を参考にしてみてください。

 

光コラボレーション比較 人気コラボの実質料金がはっきりわかる!
光コラボレーションを徹底比較!2022年版。光コラボ各社のサービス内容や1年間/2年間/5年間の実質費用や月額料金、キャンペーン、スマホセットなどの料金を総合的に比較。当サイト限定の新規及び転用の光コラボキャンペーンも実施中!

 

タイトルとURLをコピーしました