iijmioひかりはキャッシュバックがある?他の光回線と比較して解説

光回線

2021年11月10日に、MNOと呼ばれるキャリア大手3社(docomo・au・SoftBank)が発表した、9月の中間決算が出揃いました。

 

各社とも前年と比較して純利益を大きく減らし、その金額は各社を合計すると800億円を優に超えます。通常の決算発表で大幅な減益は、事業が不調であった事になりますが、キャリア大手3社はどこも、基本的に事業が不調だったとは言えません。

 

管前首相が旗振り役となり、「携帯電話料金の値下げ」を国が働きかけたことで、「ahamo・povo・LINEMO」の安価なオンライン専用プランが実現して好評に推移しましたが、通信料の値下プランにより収益が低下したという事です。

 

浮いた800億円は、国民に渡ったと考えても良く、菅義偉氏と総務省は良い仕事をしました。しかし、この800億円は、MNO3大キャリア利用者だけに還元されたわけではありません。キャリアの回線を間借りしている、MVNOと呼ばれる「格安SIM」の利用者にも恩恵が有ったと言えます。

 

新プランに比較すれば大きなニュースになっていませんが、MVNOがキャリアに支払う利用料にあたる接続料が、2021年4月から2019年と比較して半額になっています。この値下げを利用して、格安SIMを運営する各社はプランの見直しを行い、値下げが行われました。この接続料の引き下げも、確実にキャリア各社の利益からユーザーに還元されています。

 

IIJmioは格安SIMを代表するブランドの一つで、2021年の春から大幅なプラン改定を行い、既存ユーザーの評判も良く、新規ユーザーも増えて業績好調に推移していますが、個人向けと法人向けを合わせても、事業全体の約22%を占めるに過ぎません。

 

運営企業「IIJ」の大きな割合を占めているのは、法人向けインターネット接続回線の提供を中心とした、システムインテグレーションやホスティングサービスです。歴史と信頼が有り、法人需要に強い「IIJ」がサービスを提供する、個人向け光回線「IIJmioひかり」はキャッシュバックを含めてどうなのか?他の光回線と比較して解説します。

 

IIJとは?

「IIJmio」を運営する「IIJ」は、株式会社インターネットイニシアティブ(Internet Initiative Japan Inc.、)が正式名称です。

 

日本先駆けのプロバイダ

プロバイダ業務の歴史は古く、1993年に国内で初めてIPで直接インターネットに接続するサービスを開始しました。サービス開始当初は接続先が国内限定でしたが、翌年3月には認可が降りて、海外とも繋がるインターネット接続サービスになっています。

 

1994年には、電話回線で接続する都度にIPアドレスを割り当てる「PPP技術」を使い、一般向けの「ダイヤルアップIPサービス」を開始しています。この当時の回線速度は20kbpsでした。

 

2000年には、国内で初のIPv6で直接インターネットにネイティブ接続する、「IPv6ネイティブサービス」をスタートさせています。

 

携帯通信キャリアのグループ企業以外で、インターネット接続専業のISP事業者としては国内最大規模のインターネットバックボーンを自社で構築していて、その歴史・技術力への信頼は厚く、官公庁や法人に多くの顧客を有しています。

 

特に、高度で大規模なシステムインテグレーションが必要な大企業に対するシェアは圧巻で、各産業上位10社の半数以上から受注しています。「IIJ」は、単純にプロバイダ事業を行う企業とは明確に異なり、その高い技術力ノウハウと背景で、他の中小規模のプロバイダ事業者に接続環境の提供を行っています。

 

日本先駆けのMVNO

MVNO事業者として、データ通信用SIMの提供を2008年1月にスタートさせています。アメリカで初代iPhoneが発売されたのが2007年1月で、日本で発売されたのは2008年7月です。

 

当時の主流はガラケーと呼ばれる携帯電話が大半で、SIMフリー端末も殆ど存在自体が無かったため、主に法人向けサービスになっていました。一般に普及するのはまだ先の事です。

 

当時は携帯電話と、それを販売する携帯電話会社キャリアがワンセットで、SIMロックという端末「縛り」が掛かっていて、携帯電話会社を乗り換えると、利用する端末機種も変更する事を余儀なくされていました。

 

2010年初頭になっても状況に大きな変化は有りませんでしたが、2010年代半ば頃から、Appleが自社ショップで販売するiPhone(SIMフリーです)が増加して、どの携帯電話会社でもSIMの入れ替えで利用出来るユーザーが増えて、Android機種でもSIMフリーの端末が徐々に販売を増やしていくのに併せて、一般ユーザーも増加していきました。

 

MVNOとしての活動だけで無く、そのノウハウと技術力を活かして、MVNOサービスを始める企業に対して、通信網の卸売を受ける場合の交渉の代行、相互接続機能、顧客管理・課金システムの構築・運用、端末機器の調達・配送、法的な届け出を行いサポートする、数少ないMVNEとしての顔を持ちます。「IIJ」が行っているのは、docomo回線とau回線です。

 

格安SIM「MVNO」の現状

 

利用している携帯電話会社のシェア

調査会社MMD研究所が、18歳~69歳の男女40,000人を対象に2021年2月8日~2月10日の期間で調査した内容が発表されています。

 

 

(出典:MMD研究所

 

通信契約をしている携帯電話・スマートフォンを現在利用している37,731人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信サービスの調査内容です。

 

自社で回線・アンテナ設備等を所有管理して運営する、MNOの強さが出ています。

 

「docomo(35.0%)」「au(24.5%)」「SoftBank(15.7%)」「Rakuten UN-LIMIT(4.0%)」を合計すれば79.2%になり、8割近くのユーザーがMNOを利用しています。

 

それに続く「Y!mobile(7.2%)」「UQ mobile(3.2%)」は、安い月額料金を提示するブランドですが、キャリアに回線を間借りしているMVNO「格安SIM」ではなく、キャリアのサブブランドでMNOです。これらを合わせると89.6%と9割近くを占めていて、残った10.4%をMVNO「格安SIM」で分け合っているのが現状です。

 

価格の逆転現象

ahamopovoLINEMO」の新しく登場したオンライン専用プランは、調査対象時期にサービスを開始しておらず、データには反映されていません。

 

しかし、既にサービス内容は発表していたため、最もユーザーが動く春先に向けて、そのオンライン専用プラン新サービスの価格が当時のMVNO価格よりも割安であり、新規顧客獲得を阻害している側面が有ります。

 

当時の格安SIM「IIJmio」の価格を見てみましょう。

 

通話付き3GBプラン 1,600円(税抜)

通話つき6GBプラン 2,220円(税抜)

通話つき12GBプラン 3,260円(税抜)

 

という価格でサービスを行っていました。

 

IIJmio」の月額料金は、「格安SIM」の中では標準的なポジションと言えます。

 

たとえば、同時期のMVNOである「BIGLOBEモバイル」では

 

通話付き3GBプラン 1,600円(税抜)

通話つき6GBプラン 2,150円(税抜)

通話つき12GBプラン 3,400円(税抜)

 

という価格でサービスを行っていました。

 

この価格に対して、新しく出てきたオンライン専用プランが当初打ち出したのは、「3,000円(税抜)を切る月額料金で、20GBが利用出来て、5分間以内の国内通話が何度でもOK」ですから、全く勝負になりません。

 

格安SIMが、キャリア料金と比較して格安で無くなったら、それは死活問題になります。

 

MVNOを運営する企業の団体は総務省に「公正な競争環境」を陳情して、冒頭に書いた接続料の値下げを引き出し、さらに安価なプラン価格に2021年春から改訂しています。

 

「IIJmio」「IIJmioひかり」の具体的な月額料金を確認してみましょう。

 

「IIJmioひかり」の月額料金とキャンペーン

「IIJmioひかり」は、「光コラボ」の一つで、NTT東西が敷設した光ファイバーケーブル「フレッツ光」を利用したサービスです。

 

簡単に「光コラボ」を説明します。

 

光コラボって何?

「フレッツ光」回線を利用するのには、別途に接続業者プロバイダとの契約が必要です。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

回線利用費はNTT東日本・西日本に支払い、接続料をプロバイダへ支払う事が一般的でした。ユーザーにとっては、「フレッツ光」+「プロバイダ」と2箇所で契約を結んで、月額料金も別々に支払う必要があり、トラブルが発生した時や、要望を伝えたくても窓口が二箇所あるのは、ユーザーにとってデメリットが大きく、ワンストップで契約支払いが出来るシステムを望む声が大きくなってきました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

光回線をユーザーとの直接契約を結ぶシェアが、巨大企業NTTの独占状態になれば、競争原理が働かなくなり、普及が加速しないと考えた国の意向もあって、NTT東西は、フレッツ光回線の卸業務への移行へ、大幅な方向転換をします。

 

NTTは光回線の卸事業へ注力して、光回線の卸し提供を受けたプロバイダを中心とした事業者が、プロバイダ機能と光回線をワンセットにしたサービスを提供する「光コラボ」が、2015年2月から開始されました。

 

 

出典:NTT西日本*一部改変

 

現在個人の契約は「光コラボ」・法人の契約は「フレッツ光+プロバイダ」が主流になっています。

 

光コラボレーション | BBN
NTTフレッツ光の品質はNTT回線そのままに、価格を安くご利用するなら光コラボレーションが断然おトクです!

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

 

「光コラボ」を扱う事業者は、2021年11月現在、NTT東日本エリアで530社・NTT西日本エリアで235社が有ります。

 

NTT東日本「光コラボレーションモデル事業者様」及び「お取り扱いサービス」一覧

 

NTT西日本「光コラボレーションモデル事業者様」及び「お取り扱いサービス」一覧

 

「フレッツ光+プロバイダ」契約で利用している方は、転用で「光コラボ」に乗り換える事が簡単に出来ます。工事も不要で月額料金も安くなります。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

現在「光コラボ」を利用している方は、「事業者変更」で他の光コラボ事業者に乗り換える事が出来ます。フレッツ光回線をそのまま利用する為、別途工事も必要ありません。

 

 

出典:NTT東日本公式

 

IIJmioひかり月額料金

「IIJmioひかり」の月額料金は次の通りです。

 

〇マンション集合住宅タイプ 月額4,356円

〇一戸建てタイプ 月額5,456円

 

IIJmio(格安SIM)月額料金

「IIJmio」の音声対応月額料金は、以下の通りです。

 

〇2GBプラン 858円

〇4GBプラン 1,078円

〇8ギガプラン 1,518円

〇15GBプラン 1,848円

〇20GBプラン 2,068円

 

2021年の春から改訂したプラン内容です。それまでの月額料金と比較して、大幅に競争力が増しました。

 

「IIJmioひかり」が行っているキャンペーンと「セット割」

 

(出典:IIJmioひかり

 

新規加入申込みで、10,000円のキャッシュバックを行っています。更に、12ヵ月間「IIJmioひかり」月額料金から1,056円が割引きされるキャンペーンを行っています。

 

キャンペーンとは別に、格安SIM「IIJmio」の契約者は「セット割」が適用されて、660円が永年割引きされます。

 

マンション集合住宅タイプ

月額料金4,356円から1,056円の12ヵ月間割引きが受けられ、期間中の割引き後の月額料金は3,300円になり、割引き総額は12,672円になります。期間終了後の13ヶ月目以降は月額4,356円になります。

 

格安SIM「IIJmio」契約者は、月額料金4,356円から1,056円の12ヵ月間割引きが受けられるのに加えて、660円の割引きが加算されて、期間中の割引き後の月額料金は2,640円になります。期間終了後の13ヶ月目以降は月額3,696円になります。

 

一戸建てタイプ

月額料金5,456円から1,056円の12ヵ月間割引きが受けられ、期間中の割引き後の月額料金は4,400円になり、割引き総額は12,672円になります。期間終了後の13ヶ月目以降は月額5,456円になります。

 

格安SIM「IIJmio」契約者は、月額料5,456円から1,056円の12ヵ月間割引きが受けられるのに加えて、660円の割引きが加算されて、期間中の割引き後の月額料金は3,740円になります。期間終了後の13ヶ月目以降は月額4,796円になります。

 

「IIJmioひかり」の月額料金や特典キャンペーンを、他の人気光回線と一覧で比較してみましょう。

 

キャンペーンや特典を含めて月額料金を比較

 

マンション集合住宅タイプ

マンション 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
IIJmioひかり月額4,356円1,056円12ヵ月+10,000円IIJmio最低利用期間2年5,000円
工事費16,500円
ぷらら光月額3,960円40,000円ひかりTV無し無し
工事費16,500円
ドコモ光タイプA月額4,400円現在公式HPは
dポイントを
20,000ポイント
docomo2年8,800円
工事費16,500円
→ 実質無料
ドコモ光タイプB月額4,620円現在公式HPは
dポイントを
20,000ポイント
docomo2年8,800円
工事費16,500円
→ 実質無料
So-net光プラス月額4,928円60,000円au3年20,000円
工事費26,400円UQ mobile
→ 実質無料
ビッグローブ光月額4,378円20,000円au3年11,900円
工事費16,500円BIGLOBE
→ 実質無料UQ mobile
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCB換算無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IV利用していない工事費16,500円26,400円
楽天ひかり月額4,180円月額割引をCB換算無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IVユーザー工事費16,500円50,160円
ソフトバンク光月額4,180円25,000円SoftBank2年10,450円
工事費26,400円Y!mobile
乗換は実質無料
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank2年10,450円
工事費44,000円+撤去費
→ 実質無料
OCN光月額3,960円5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
工事費16,500円
@TCOMヒカリ月額4,180円27,000円au2年13,200円
工事費16,500円月額割引をCB換算LIBMO
→ 実質無料11,840円UQ mobile
@nifty光月額4,378円22,000円au3年22,000円
工事費16,500円月額割引をCB換算UQ mobile
22,550円
ASAHIネット光月額4,235円月額割引をCB換算9,120円au1年22,000円
工事費16,500円
auひかり月額4,180円40,000円au3年16,500円
工事費33,000円UQ mobile+撤去費 同一棟内16契約以上
→ 実質無料

 

戸建てタイプ

戸建て 料金キャッシュバックセット割引契約期間途中解約の違約金
IIJmioひかり月額5,456円1,056円12ヵ月+10,000円IIJmio最低利用期間2年5,000円
工事費19,800円
ぷらら光月額5,280円40,000円ひかりTV無し無し
工事費19,800円
ドコモ光タイプA月額5,720円現在公式HPは
dポイントを
20,000ポイント
docomo2年14,300円
工事費19,800円
→ 実質無料
ドコモ光タイプB月額5,940円現在公式HPは
dポイントを
20,000ポイント
docomo2年14,300円
工事費19,800円
→ 実質無料
So-net光プラス月額6,138円60,000円au3年20,000円
工事費26,400円UQ mobile
→ 実質無料
ビッグローブ光月額5,478円20,000円au3年11,900円
工事費19,800円BIGLOBE
→ 実質無料UQ mobile
楽天ひかり月額5,280円月額割引をCB換算26,400円無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IV利用していない工事費19,800円
楽天ひかり月額5,280円月額割引をCB換算63,360円無し3年10,450円
Rakuten UN-LIMIT IVユーザー工事費19,800円
ソフトバンク光月額5,720円25,000円SoftBank2年10,450円
工事費26,400円Y!mobile
乗換は実質無料
NURO 光月額5,200円45,000円SoftBank2年10,450円
工事費44,000円+撤去費
 実質無料
OCN光月額5,610円5,000円OCNモバイルONE2年11,000円
工事費19,800円
@TCOMヒカリ月額5,610円30,000円au2年13,200円
工事費19,800円月額割引をCB換算LIBMO
→ 実質無料15,840円UQ mobile
@nifty光月額5,720円22,000円au3年22,000円
工事費19,800円月額割引をCB換算UQ mobile
27,060円
ASAHIネット光月額5,698円月額割引をCB換算13,920円au1年22,000円
工事費19,800円
auひかり月額5,610円40,000円au3年16,500円
工事費41,250円UQ mobile+撤去費
→ 実質無料

 

契約期間の「縛り」について

「IIJmioひかり」の最低契約期間は2年です。

 

光回線にはよくある一般的な期間「縛り」は、期間経過後の解約月を逃すと、再度同じ契約期間の「縛り」が発生しますが、「IIJmioひかり」では2年を経過した後には、違約金は発生しません。

 

急な転勤に伴う引っ越しや、生活環境の変化による転居で、契約後2年以内に解約した場合には違約金5,000円が掛かります。

 

結局「IIJmioひかり」は、お得なのか?

現在は10,000円のキャッシュバックを実施していて、12ヶ月の割引きも合わせれば、積極的に一般顧客のニーズを獲りにいっていると言っても良い「IIJ」です。

 

1990年代の「IIJ」は、プロバイダの中では一角上の存在で、決して一般ユーザーにフレンドリーでは無かった事を知っているユーザーには、隔世の感があります。

 

IIJmioをスマートフォンに利用して「セット割」を受ければ、トータルの通信費は比較的安価に抑えられ、高品質な「IIJ」のサービスが安価に享受出来ると言っても良いです。

 

「IIJmio」で展開するプランは20GBまでですが、自宅に光回線が有ればWi-Fi環境の下でスマートフォンも利用する為、データの消費は外出時のみに限られます。その場合、多くのユーザーは統計的に3GB程度の容量で足りる事が解っています。

 

「IIJmio」のプラン設計は、2GBのプランが最小で次は4GBプランになり、3GBを消費するケースでは、4GBプランを契約する必要が有ります。

 

マンション集合住宅タイプ

光回線月額 4,356円+スマホ通信量(2GB)858円-セット割 660円=4,554円

 

光回線月額 4,356円+スマホ通信量(4GB)1,078円-セット割 660円=4,774円

 

一戸建てタイプ

光回線月額 5,456円+スマホ通信量(2GB)858円-セット割 660円=5,654円

 

光回線月額 5,456円+スマホ通信量(4GB)1,078円-セット割 660円=5,874円

 

使いやすい3GB容量のプランはニーズが高く、新しいオンライン専用プラン「povo・LINEMO」でも展開していて、「セット割」が無くても、月額990円で利用が出来ます。

 

 

(出典:LINEMO公式)

 

また、外出時に殆どデータ通信を利用しないユーザーは2GBでも使い切れず、2021年10月21日から始まったドコモのエコノミーMVNO「OCNモバイルONE」の利用が最適です。0.5GBプランが550円で利用出来ます。ドコモショップで契約が出来て、サポートも受けられます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式)

 

これらの「セット割」が無くても安価なプランは、契約期間の「縛り」も有りません。

 

安価な「縛り」の無い光回線「ぷらら光」を組み合わせる事で、煩わしい「縛り」から解放されます。具体的に組み合わせた月額料金は、以下の通りです。

 

ぷらら光0.5GB合計金額3GB合計金額20GB合計金額
OCNモバイルONEマンション3,960円550円4,510円990円4,950円
戸建て5,280円550円5,830円990円6,270円
ahamoマンション3,960円2,970円6,930円
戸建て5,280円2,970円8,250円
povoマンション3,960円990円4,950円2,700円6,660円
戸建て5,280円990円6,270円2,700円7,980円
LINEMOマンション3,960円990円4,950円2,728円6,688円
戸建て5,280円990円6,270円2,728円8,008円

 

シンプルに安く縛りが無い「ぷらら光」をオススメします

 

(出典:ぷらら光申込サイト)

 

「ぷらら光」をお勧めする理由は、期間「縛り」が無く、信頼と実績のNTTグループが提供しているサービスで、しかも安価だからです。マンション集合住宅の方にも、一戸建てにお住まいの方にもオススメです。

 

縛りの無いプランは他社の光回線サービスでも提供されていますので、比較してみましょう。

 

月額料金
戸建てマンション
ぷらら光5,280円3,960円
ソフトバンク光(縛りなしプラン)6,930円5,390円
NURO光(縛りなしプラン)7,836円7,836円
ドコモ光(縛りなしプラン)7,370円5,500円
OCN光(縛り無しプラン)6,820円5,170円
auひかり(縛りなしプラン)6,930円4,180円

 

一般的に掲げられている光回線の価格は、期間「縛り」の有るプランが大半で、「縛り無し」で比較すれば、一戸建てでもマンション集合住宅でも、「ぷらら光」が圧倒的に安くなります。急な転居や引っ越しでも違約金が掛からず、撤去費用も掛かりません。

 

「ぷらら光」と「縛り」の無い安価なスマートフォンプランを組み合わせる事で、自由でシンプルでありながら、トータル通信費が安価になります。シンプルに安い事で、煩わしい組み合わせ等による割引き制度に、頭を悩ますこともありません。

 

自分にとって魅力あるスマートフォンプランが登場すれば、いつでも「セット割」に縛られずに、乗り換える事が出来ます。

 

ぷらら光は月額料金が割安でも、NTTグループの技術力・資本力・サポート力・バックボーンによる安心感が有り、自信を持ってオススメ出来ます。

 

オススメする理由は、縛りが無くて安価なだけでなく、他にもあります。

 

次世代規格のIPv6 IPoEに対応

ぷららv6エクスプレス
ぷらら光なら速度遅延を解消する次世代通信技術(IPoE方式)を採用した「ぷららv6エクスプレス」で従来(PPPoE方式)よりも高速化を実現!快適な通信環境で動画視聴などをストレスなく楽しみたい方には最適です。

 

回線品質や速度は、実際に利用するのに大切な要素です。

 

IPv6 IPoEとは?

ぷらら光は、次世代規格のIPv6 IPoE「ぷららV6エクスプレス」が標準対応です。

 

 

(出典:NTTPC公式サイト

 

従来からある通信方式は、PPPoEです。

 

PPPoEは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略で、電話回線の時代からある通信方式を、LANの規格であるイーサネットに対応させたものです。

 

これに対し、新しい通信方式が、IPoEです。

 

IPoE は、IP over Ethernetの略で、当初からLAN規格(イーサネット)の利用を前提として構築されています。

 

同じ回線を使っても、理論上の通信速度はPPPoEよりもIPoEの方が、10倍速くなります。

 

従来の「IPv4 PPPoE」を使った接続方式がもたらす、プロバイダのネットワーク終焉装置がボトルネックになっている状態を、次世代規格のIPv6 IPoEを使う事で、ネットワーク終焉装置を経由が無くなり、最大理論値の速度に近づける事が可能になります。

 

実際の回線速度の差

ぷらら光は、フレッツ光回線を利用しています。

 

みんなのネット回線速度にある、直近3ヶ月に計測された46,714件のPPPoE方式のフレッツ光回線、194,311件のIPoE方式のフレッツ光回線の測定結果から平均値は、以下の通りです。

 

PPPoE方式のフレッツ光回線の平均値

平均Ping値: 35.36ms

平均ダウンロード速度: 179.61Mbps

平均アップロード速度: 176.57Mbps

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓これだけ数値が変わります↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

IPoE方式のフレッツ光回線の平均値

平均Ping値: 25.78ms

平均ダウンロード速度: 327.54Mbps

平均アップロード速度: 222.09Mbps

 

技術力に裏付けされた、安定した回線品質が「ぷらら光」が選ばれる理由の一つです。

 

Wi-Fiルーターのレンタルが標準装備

ぷらら光 Wi-Fiルーター無料レンタル
ぷらら光なら次世代通信技術「IPoE(IPv6)方式」(ぷららv6エクスプレス)に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタル可能!スマホやパソコンにゲーム機などの通信端末をWi-Fi接続で利用したい方に最適です。

 

前述の新世代技術「ぷららV6エクスプレス」に対応したルーターのレンタルが、無料で出来ます。対応ルーターを探して入手する手間も費用も掛からず、誰でも新技術を簡単に享受出来ます。(申し込み後にマイページから申し込むと、自宅に発送されます)

 

このルーターは、Wi-Fiを飛ばす機能を当然備えていて、安定した光回線を利用したWi-Fi接続が使えるので、タブレットやゲーム機、スマートフォン等を快適に利用出来ます。

 

ひかりTV

ぷらら光オプション ひかりTV サービス内容
NTTぷらら提供の光コラボレーションモデル「ぷらら光」のオプションサービス、ひかりTVの詳細ページ

 

本格的な視聴には専用のチューナーが必要ですが、「ひかりTVエントリープラン」が無料で使えます。映画・ドラマ・アニメなど幅広いジャンルで、20,000本以上のビデオ作品がオンデマンドで見放題です。スマートフォン・タブレット・パソコンで、視聴することが出来ます。

 

地上デジタル放送・BSデジタル放送・BS4Kデジタル放送の他、幅広いチャンネルに対応した「ひかりTV」の月額料金から、毎月660円の割引きが受けられます。

 

インターネットとの合計料金で割引き後は、マンション集合住宅では4,950円から・戸建てでは6,270円から利用する事が出来ます。

 

セキュリティ

マカフィー for plalaの月額利用料が、最大24か月無料になっています。

 

マカフィー for plala|ぷらら光
ぷらら光でインターネットを安心・安全に利用するなら、充実の総合セキュリティソフトウェア「マカフィー for plala(月額407円→最大24ヵ月無料)」にお任せ!1ライセンスで最大10台のパソコンやスマホを保護!

 

キャッシュバック

「ぷらら光」では、キャッシュバックも行っています。

 

ぷらら光 キャッシュバック情報 最大70,000円を現金還元
NTTぷらら提供の光インターネット回線「ぷらら光」のおトクなキャッシュバック情報。最大70,000円を現金還元!

 

 

タイトルとURLをコピーしました