自宅にWiFiを繋ぐ3つの方法とおすすめ回線を紹介

WiFi

ご自宅にWiFiを繋ごうとご検討中の皆様は、いったいどれを選べばいいのかお困りではないでしょうか。

 

自宅にWiFiを繋ぐ方法には、モバイルWiFi、ソフトバンクエアー、光回線の3種類があります。本記事では、これら自宅にWiFiを繋ぐ3つの方法を解説し、おすすめの回線についてもご紹介します。

 

最も簡単かつ手軽で安いのはモバイルWiFi

自宅にWiFiを繋ぐ3つの方法の中で、最も簡単かつ手軽なのがモバイルWiFiです。導入費用も安いメリットがあります。

 

モバイルWiFiの特徴

WiFiとは、インターネットの無線通信です。パソコン、スマホやタブレットなどのデバイスを、WiFiルーターという機器と無線接続してインターネットを利用します。このWiFiルーターを、携帯しやすいコンパクトな形にしたのがモバイルWiFiです。

 

「ポケットWiFi」という呼称もありますが、これはソフトバンクが提供するモバイルWiFiサービスのことを指します。

 

モバイルWiFiは設置の工事が不要で、専用のWiFiルーターが届いたら、設定してすぐにインターネットを利用できるのが大きなメリットです。携帯性にも優れているため、自宅だけではなく外出先でもWiFiを使ってインターネットを利用できます。

 

また、他のインターネット契約に比べ料金が安く、できるだけ費用を抑えて自宅にWiFi環境を構築したい方に向いています。

 

モバイルWiFiはこんな人におすすめ

モバイルWiFiは、インターネット契約にかかる工事をしたくない方に向いています。一人暮らしで引っ越しまでの期間や頻度が早い場合や、お住まいの集合住宅にネット環境がない上に工事ができないケースにも適しています。

 

さらに、モバイルWiFiは携帯性に優れているので、外出が多いビジネスシーンでの利用にも最適です。

 

 

 

モバイルWiFiのデメリット

モバイルWiFiは無線接続のため、有線接続に比べて回線の安定度や通信速度の面で少々劣る面があります。無線接続はその構造から、設置される場所の環境に影響を受けやすく、障害物が多いと通信の妨げになってしまうのです。

 

そのため、安定した高速通信が必要な動画視聴やオンラインゲームだけでなく、リモートワークでのWEB会議でも快適さを感じられないケースが出てきます。

 

加えて、契約プランに応じて通信容量の上限があるため、大容量通信を頻繁に行うようなインターネット利用には向いていません。

 

モバイルWiFiは、簡易的なインターネット環境をご自宅に構築したい場合、一人暮らしなどでの最低限のインターネット利用などの個人使用におすすめです。一方で、家族での利用や、大容量通信には適していません。

 

設置が簡単で大容量ならソフトバンクエアー

モバイルWiFiと共通点が多いものの、大容量通信に対応しているのがソフトバンクエアーです。

 

 

(出典:ソフトバンクエアー公式サイト)

 

ソフトバンクエアーの特徴

ソフトバンクエアーは、モバイルWiFiの仕組みを応用して大容量通信に対応させたインターネット契約になります。

 

従来型のインターネット契約は、有線接続で回線を家庭やオフィスにひく方法のため、導入時には工事が必要となります。しかし、ソフトバンクエアーは専用のWiFiルーターを用いることで、工事無しに大容量通信でのインターネット利用を可能にしました。

 

ソフトバンクエアーの導入は、専用のWiFiルーターをコンセントに繋いで置くだけです。面倒な工事は不要で、簡単にご自宅にWiFi環境を構築できます。

 

ソフトバンクエアーはこんな人におすすめ

ソフトバンクエアーは、工事はしたくないが、モバイルWiFiでは大容量通信の面で不十分という方におすすめです。専用WiFiを置くだけなので、スケジュール調整して工事に立ち会う必要もありません。WiFi導入に関わる面倒な手間なく、すぐに自宅でインターネットを利用できます。

 

ソフトバンクエアーのWiFiは、モバイルWiFiに比べ大容量通信に対応しているだけでなく、月々の通信制限がありません。つまり、データ容量を気にせずに、インターネットが使い放題ということになります。

 

また、ソフトバンクエアーはひかり電話の利用にもメリットがあります。ひかり電話とはインターネット回線を利用したIP電話で、クリアな音質とセキュリティの高さから、近年では従来型の固定電話と入れ替わるように導入が進んでいます。

 

ソフトバンクエアーでひかり電話を利用する場合、現在使用中の固定電話をそのままソフトバンクエアーの専用WiFiルーターに接続するだけです。このソフトバンクエアーの固定電話サービス「おうちの電話」は、インターネットとのセット利用で割引も適用されます。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大86,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大86,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーはモバイルWiFiに比べると大容量通信ができる点で優れていますが、光回線のような有線との比較では安定した高速通信の面でデメリットがあります。

 

無線接続のため、やはり障害物の影響を受けやすく、特に住宅が密集している地域や、戸数の多いマンションなどの集合住宅では、壁に遮られ通信速度が遅くなるケースが出てくるのです。

 

インターネット回線が混雑したり、通信制限が起きるようなことは可能な限り避けたい場合は、ソフトバンクエアーは向いていないでしょう。

 

また、ソフトバンクエアーの専用ルーターは、レンタルと分割払いでの購入の2パターンが選択でき、購入の方が月々の支払額は低くなります。ただ、分割払いの購入はだいたい4年6カ月ほどの期間となり、その間の解約には違約金が発生します。

 

最もおすすめのWiFiは光回線

自宅にWiFi環境を構築する3つの方法の中で、最もおすすめなのが光回線です。通信速度と安定度、インターネットのバリエーションだけでなく、通信費用を安くできる面でも大変おすすめです。

 

光回線の特徴

光回線の特徴は、安定した高速通信にあります。光回線とは、NTT東日本・西日本が管理・運営するインターネット回線のことです。その通信速度の速さと安定度の高さから信頼を得て、光回線は日本中の家庭やオフィスに広く普及しています。

 

光回線はそのまま直接家庭やオフィスに繋がっているわけではなく、プロバイダという業者が大きな川から水を運ぶように仲介しています。そのため、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」との契約では、別にプロバイダとの契約も必要になるのです。

 

ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光などのように「○○光」という名前の業者もありますよね。こうした業者は「光コラボ」と呼ばれ、NTT東日本・西日本の光回線を利用して自社サービスを提供しています。光コラボは回線業者とプロバイダがセットとなっており、料金プランも安い傾向にあります。

 

フレッツ光や光コラボなど、光回線業者は数も多いため、競争も激しいです。そのため、工事費無料やキャッシュバック、さらに月額料金の割引など、各社キャンペーンを実施しています。

 

光回線はこんな人におすすめ

光回線は、安定した高速通信でインターネット利用できる、快適なWiFi環境をお求めの方におすすめです。

 

安定した高速通信でリモートワークにも最適

ソフトバンクエアーやモバイルWiFiは、携帯電話のように基地局とWiFiルーターを無線接続して、自宅でもインターネット利用できる仕組みです。

 

一方で光回線は、インターネット回線と家庭やオフィスを有線で繋ぐため、回線速度も高速で安定しています。もちろん、モバイルWiFiのように毎月の通信に上限はありません。

 

インターネット回線が安定した高速通信であることは、YouTubeだけでなく、Netflix、HuluやU-NEXTなのでの動画・映画・ドラマの快適な視聴には不可欠です。通信障害で動画が止まってしまっては、せっかくの感動も台無しになってしまいますよね。

 

PS5の品薄状態も続くなど、ゲームも盛り上がっています。近年のゲームは、オンラインでのプレイも当たり前です。しかし、インターネット回線が不安定だったり、通信速度が遅いとオンラインゲームは全く楽しめなくなってしまいます。

 

また、新型コロナウイルスの影響により、ご自宅でのリモートワークの機会も増えました。WEB会議をスムーズに行う場合も、安定した高速通信は不可欠です。特にビジネスシーンでは、エンタメなどのプライベート以上に回線が安定していることは重要度が高いでしょう。

 

プライベートの充実も、快適なリモートワークの環境作りにも、光回線の安定した高速通信が最適です。

 

豊富なバリエーションでインターネットがもっと楽しくなる

ご自宅での光回線によるインターネット利用では、ルーターという機器にパソコンやテレビをはじめとする、各種デバイスを接続して行います。このルーターに、さらにWiFiルーターを接続すれば、ご自宅でも無線でスマホ・タブレット・パソコンなどでのインターネット利用も可能です。

 

例えば、YouTube、Netflix、HuluやU-NEXTでの動画・映画・ドラマの視聴には、より回線が安定する有線接続で使用します。同時に、リラックスしながら使いたいスマホやタブレットには、WiFiで無線接続する。このように、光回線にはご自宅でのシーンに合わせ、豊富なバリエーションに対応できる大きなメリットもあるのです。

 

限られた環境でのインターネット利用ではなく、光回線なら制限を設けずに、インターネット利用がもっと楽しくなる要素に溢れています。

 

光回線は格安スマホとのセット利用で料金が安くなる

光回線の魅力は、快適で便利なだけではありません。格安スマホとのセット利用なら、ご自宅だけでなく、外出時の通信費用も含めて大幅に安くできるメリットがあります。

 

先ほど光コラボについて少し触れましたが、光コラボ事業者の多くは格安スマホ(格安SIM)サービスも取り扱っています。そのため、光回線と格安スマホをコラボレーションさせたお得なプランも提供しているのです。

 

特に、光回線と格安スマホをセット利用するなら、スマホはデータ容量10GB以下のプランがおすすめになります。その理由は、ご自宅でWiFiを使用するからです。

 

ご自宅では、スマホやタブレットをWiFiに無線接続して利用します。この時、スマホやタブレットは光回線に接続されているため、スマホのデータ容量は消費されません。つまり、家にいる間はスマホは無料ということになります。

 

データ容量を使うのは外出先などでの日中の利用に限られるため、自宅にWiFiを導入すれば、帰宅後のスマホ料金を全て節約できるのです。

 

ただでさえ基本料金の安い格安スマホに、光回線とのセット利用による月額料金の割引が加わると、3大キャリアに比べ大幅に通信料金を安くできます。

 

おすすめの光回線と格安スマホのセット

光回線の魅力についてお伝えしましたので、おすすめの光回線と格安スマホの組み合わせについてもご紹介したいと思います。

 

OCN光とOCNモバイルONE

 

OCN光とOCNモバイルONEのセット利用なら、スマホ料金を月額550円(税込)まで抑えることも可能です。

 

OCN光は、フレッツ光やドコモでおなじみのNTT東日本・NTT西日本グループの光コラボ事業者です。OCNは格安スマホOCNモバイルONEも展開しており、OCN光でセット利用すると、スマホの月額料金は220円(税込)割引されます。

 

OCNモバイルONEは、データ容量1GBで月額770円です。OCN光とのセット利用なら割引により月額料金は550円になり、最大5人までこの割引が適用されます。もし、高齢になったご両親のスマホデビューをご検討中なら、最適なプランではないでしょうか。ご両親が電話やメールだけの簡単なスマホ利用なら、データ容量1GBで十分です。二人合わせても、たった月額1,100円に料金を抑えられます。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

OCN光では、さらに新規契約者向けのキャンペーンも充実しています。キャッシュバックと月額料金の割引を組み合わせれば、工事費を相殺してもさらにお得になる内容です。

 

OCN光 キャンペーン
プロバイダ「OCN」提供の光コラボレーションモデル「OCN 光」の新規加入・転用で最大40,000円のキャッシュバックキャンペーン

 

@TCOMヒカリとLIBMO

 

光回線もスマホも両方たくさん使うなら、@TCOMヒカリとLIBMOがおすすめです。光コラボの@TCOMヒカリを運営するTOKAIコミュニケーションズは、格安スマホのLIBMOも展開しています。

 

LIBMOはデータ容量20GBプランが月額1,991円(税込)、30GBは2,728円と、ギガを気にせず格安でスマホをたくさん使えます。@TCOMヒカリとのセット利用なら、光回線の利用料金から月額330円(税込)が割り引かれ、大変お得です。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

さらに、LIBMOの20GBと30GBプランで契約すると、12,000円分のTLCポイントがもらえるキャッシュバックキャンペーンも行っています。5GBのプランもデータ容量3GB増量中で、10GBはいらないけど3GB以下では物足りないという方にはこちらがおすすめです。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャンペーン
「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」当サイト限定キャッシュバックキャンペーン

 

ソフトバンク光とY!mobile

 

ソフトバンク光とY!mobile(ワイモバイル)のセット利用なら、スマホ料金が最大1,100円/月割引になります。

 

ソフトバンクのインターネット契約にはソフトバンクエアーだけでなく、光回線のソフトバンク光もあります。ソフトバンク光は乗り換えキャンペーンが充実しており、最大24,000円のキャッシュバックを、普通為替と月額料金1,100円割引(最大24カ月)から選択可能です。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ワイモバイルはソフトバンクグループの格安スマホで、シンプルプランはS/M/Lの3通りあり、Mでもデータ容量15GBで2,090円(税込)という低価格です。さらにソフトバンク光とセット利用すると「おうち割」が適用されて、1,100割引の月額990円になります。割引の対象は家族全員で、期間は契約中ずっとの永年です。

 

光回線の乗り換えなら、ソフトバンク光とワイモバイルの組み合わせがおすすめです。

 

ソフトバンク光キャンペーン
ソフトバンク光の当サイトキャンペーン。新規加入で最大48,000円キャッシュバック!ソフトバンク光の基本契約で48,000円CB、さらに公式キャンペーンで月額料金も大幅割引!

 

まとめ

自宅にWiFiを繋ぐ3つの方法を解説し、おすすめの回線についてもご紹介しました。モバイルWiFiはライトユーザーや、外出先でもWiFiを利用する場合に適しています。大容量通信には向いておらず、毎月の通信容量にも上限があるため、たくさんインターネットを使うならソフトバンクエアーがおすすめです。工事不要の場合は、モバイルWiFiかソフトバンクエアーの選択になります。

 

しかし、モバイルWiFiとソフトバンクエアーはともに無線接続によるインターネット契約になるため、通信速度の速さと安定度の点では有線に劣る面があります。

 

安定した高速通信をお求めの場合には、光回線がおすすです。光回線は有線接続だけでなく無線接続のWiFiにも対応できるため、豊富なバリエーションでインターネット利用が楽しめます。

 

さらに、光回線なら格安スマホとのセット利用で通信料金が安くできるので大変お得です。ご両親のスマホデビューにも最適なOCN光とOCNモバイルONEのセット、スマホをたくさん使うなら@TCOMヒカリとLIBMOのセット、光回線の乗り換えをご検討中ならソフトバンク光とワイモバイルのセットがそれぞれおすすです。

 

タイトルとURLをコピーしました