通信費の平均はどれぐらい?一人暮らしでも節約できる方法とは?

光回線

総務省「家計調査」(総世帯)によれば、移動電話通信料の金額は2010年に年間79,918円だったのが、2019年には103,466円へ増加しています。

 

菅義偉首相は2006年に発足した、第一次安倍政権で総務大臣を務めていました。移動通信費の高騰を問題として捉えていて、2018年の管官房長官時代の「携帯電話料金は4割値下げできる余地がある」発言に繋がっています。

 

2020年から2021年にかけて、実際に携帯電話の通信料は大きく変化しています。2019年と比較して現在の通信料は下がっている傾向にはありますが、自分で考えて自分で行動しなければ、大きな変化は望めません。

 

通信費の平均金額を考察しながら節約出来る方法、一人暮らしでも節約出来る方法はあるのか?解説していきます。

 

通信費とは?

一般的に言う通信費は、帳簿上の文書通信費勘定の事を表し、電話代・ネット通信費用・テレビ受信料・切手葉書等の総額を表します。

 

一般家庭でも上記の費用は通信費として考えられますが、話が解りにくくなりますので、今回はインターネットに関わる費用に絞って通信費とします。

 

インターネット利用者の増加

総務省が2020年に発表した、インターネットの利用者は、国内13歳から69歳までの調査で9割を超えていて、人口全体でも89.8%になります。

 

 

(出典:総務省

 

インターネットの利用端末は、パソコンを抜いてスマートフォンが1位になっています。

 

 

(出典:総務省

 

通信費の増加に大きなウェイトを占めるのは、スマートフォンです。

 

令和二年版の総務省「家計調査」(総世帯)によれば、スマートフォンの通信料は以下の様な推移をしています。

 

 年移動電話通信料
201079,918円
201180,566円
201281,477円
201383,099円
201486,239円
201591,306円
201696,306円
2017100,250円
2018103,343円
2019103,466円

(出典)総務省「家計調査」(総世帯)により抜粋作成

 

一本調子で上がってきた携帯電話の通信料が、2018年から急に鈍化しています。まだデータにはなっていませんが、2020年・2021年と鈍化が進むか、2021年には初の減少が記録されるかもしれません。

 

この総務省のデータは、世帯が年間に支払う金額です。

 

2019年の103,466円を12ヵ月で割れば、8,622円強になります。

 

日本全国の世帯で、平均して一世帯が月に8,622円を携帯電話料金として支払っている計算になります。

 

同じく家計消費状況調査(2019年)では、インターネット回線接続料に1世帯で平均6,167円を支払っていることが解っています。内容として考えられるのは、光回線・ADSL回線・ケーブルテレビネット回線・無線ルーター等です。

 

スマートフォンの月額使用料と回線接続に世帯あたり8,622円+6,167円=14,789円を支払っている計算になります。ただし、世帯ごとの統計からは日本全体の大枠を掴む事は出来ても、1人世帯から大家族まで含む平均値データであり、個々のリアリティには少々欠けますので、もう少し深掘りしてみます。

 

世帯数から個々の支払い額を計算

総務省が2021年6月に発表した世帯数の速報集計では、1世帯あたりの人数の減少が明らかになっています。全国平均は1世帯あたり2.27人で、東京に限れば1.95人と単身世帯の増加が目立っています。

 

前述の携帯電話の世帯あたりの支払いは8,622円ですから、単純に1世帯2.27人で割れば、一人あたりの携帯電話料金は3,798円になり、概ね4,000円弱を支払っていることになります。

 

インターネットへの接続料については、家族それぞれがモバイルWi-Fiルーターを持っているケースも考えられますが、多くの場合単身世帯でも複数世帯でも1回線が圧倒的に多いと思われますので、回線単価としては6,000円強程度と考えるのが妥当でしょう。

 

単身世帯の通信料

単身世帯の具体的な通信料を考える場合、インターネットを使う人と使わない人で、物凄く差が有る事を考慮する必要があります。

 

難しい単身世帯の通信料算出

お年寄りの一人暮らしの場合、スマートフォンもインターネット回線も無いケースも多いでしょう。逆に若い一人暮らしの場合は、大半がスマートフォンを使っていて、自宅ではWi-Fiでの回線利用者も一定数は居ることが考えられます。

 

単身世帯用のマンション・アパートなどの集合住宅では、物件の売り文句としてインターネット無料を打ち出す事も多くなっています。この場合は、別途回線料の徴収をせずに家賃に込みであれば、通信費の統計に回線料の支払いが計上されないケースが多くなります。

 

また、学生の単身世帯の場合は、スマートフォンの利用料を親が支払っているケースも多い事が考えられ、親の世帯での支払いにカウントされて、この世帯では支払いが0円になります。

 

スマートフォンのみが通信手段と仮定した場合も、個人の使い方によって大きく変わります。動画を普段から視聴する機会が多いユーザーと、LINE・メール程度しか普段使う事が無く、希に検索やブラウザーの閲覧をする程度のユーザーでは、契約プランも全く違います。

 

前者のユーザーなら、キャリアの大容量プランを契約する事が自然で、後者のユーザーならキャリアの小容量プランか、格安SIMを利用する事が多くなると考えられます。

 

携帯電話料金とシェア

2021年3月末の時点で総務省が発表した「2020年度第4四半期の移動系通信契約数およびシェアに関する四半期データ」によれば、NTTドコモが36.9%・KDDI(au)が27.1%・ソフトバンクが21.1%・楽天モバイルが1.5%になっています。

 

この数値から考えれば、残りの13.4%が格安SIMになります。

 

3大キャリアだけで85.1%あり、ネット回線がスマートフォンだけの世帯も多く有ることと、携帯ショップ窓口で特に希望を出さなければ勧められるので、大容量・無制限プランへの加入者が相対的には多いと考えられます。

 

各社の料金は以下の通りです。

 

○docomo

 

ギガホプレミアプラン 容量60GB/月 月額7,205円

 

○au

 

使い放題MAX 4Gプラン 容量無制限 月額7,238円

 

○SoftBank

 

メリハリ無制限プラン 容量無制限 月額7,238円

 

オンライン契約やサポートに抵抗が無く、ネットリテラシーが高い若い世代で、それほど大容量を必要としていないユーザーは、2021年春からスタートした政府主導の鳴り物入り新プラン、docomoの「ahamo」・auの「povo」・SoftBankの「LINEMO」に乗り換えたユーザーも一定数居ると考えられます。

 

これらのプランは月額3,000円以下で、月額支払い額が大幅に下がります。

 

新しいプランは、開始間もない2021年6月末の時点で「ahamo」が180万回線超・「povo」が約100万回線・「LINEMO」が約50万回線弱である事が、各社の決算発表で明らかになっています。

 

短期間で多くの契約者を集めていることは、間違いありません。しかし、携帯契約回線総数は1億9512万ですから、全体のシェアから考えれば1.6%程度で全体の価格に大きな影響を及ぼすまでには、まだ到達していません。

 

自宅にWi-Fi環境が構築されている場合は、キャリアの小容量プランを契約している事も考えられます。

 

大手キャリア各社の小容量プランを見てみましょう。

 

○docomo

 

ギガライトプラン 1GBまで 月額3,465円

3GBまで 月額4,565円

 

○au

 

ピタットプラン 1GBまで 月額3,278円(2年契約)

4GBまで 月額4,928円(2年契約)

 

○SoftBank

 

ミニフィットプラン 1GBまで 月額3,278円

3GBまで 月額5,478円

 

 

キャリアを利用する単身世帯の平均支払額は、6,000円程度と考えられます。

 

格安SIMの場合は、2021年の春から全体的に値下げが進んでいて、以前は2,000円から4,000円程度だった平均月額は、現在1,500円から3,500円程度に下がっていると考えられます。

 

単身の通信費平均支払額

一人暮らしの単身者が支払う通信費の平均額は、以下のケースが考えられます。

 

○キャリア回線スマホのみ

 

他に回線手段を持たない単身世帯の通信費平均は、7,000円程度です。

 

○キャリア回線スマホ+自宅Wi-Fi回線

 

キャリア回線を契約していても、新しいオンラインプランや小容量プランも増えるため、携帯電話の支払いは5,000円程度です。

 

自宅Wi-Fi回線は、光回線か無線Wi-Fiルーターを利用して6,000円程度です。

 

合計した通信費平均は、11,000円程度です。

 

○格安SIM回線スマホのみ

 

他に回線手段を持たない場合、殆どネットを利用しないか、ある程度利用する場合は中容量の契約をしているケースが多いと考えられて、通信費平均は3,500円程度です。

 

○格安SIM回線スマホ+自宅Wi-Fi回線

 

自宅で使うスマートフォンのデータ消費はWi-Fi回線を使うため、小容量で契約しているケースが多いと考えられ、携帯電話の通信費としては1,500円程度です。

 

自宅Wi-Fi回線は、光回線か無線Wi-Fiルーターを利用して6,000円程度です。

 

合計した通信費平均は、7,500円程度です。

 

家族3人世帯の通信料

家族3人の世帯は、夫婦と子供というケースが多いと思われます。子供の年齢によって、スマートフォンを利用者が2人と3人のケースが有りますが、最近は10歳以下の小学生にも持たせるケースが多くなっています。

 

複数のスマートフォンの契約を同一会社でまとめると、割引きが適用されるケースが多くなります。

 

携帯電話料金

大手キャリアのプランを見ていきましょう。

 

○docomo

 

ギガホプレミアプラン 容量60GB/月 月額7,205円

 

家族で3回線以上docomoを利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族3人では

 

月の支払料金は(7,205円-1,100円)×3人=18, 315円

 

になります

 

○au

 

使い放題MAX 4Gプラン 容量無制限 月額7,238円

 

家族3人以上で利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族3人では

 

月の支払料金は(7,238円-1,100円)×3人=18,414円

 

になります。

 

○SoftBank

 

メリハリ無制限プラン 容量無制限 月額7,238円

 

メリハリ無制限は、家族で回線数が増えるほどお得になります。

 

家族3人では

 

月の支払料金は7,238円+6,578円+6,028円=19,844円

 

になります。

 

自宅にWi-Fi環境が構築されている場合は、キャリアの小容量プランを契約している事も考えられます。

 

○docomo

 

ギガライトプラン 1GBまで 月額3,465円

3GBまで 月額4,565円

 

家族で3回線以上利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族3人では

 

1GBまでの月の支払料金は(3,465円-1,100円)×3人=7,095円

3GBまでの月の支払料金は(4,565円-1,100円)×3人=10,395円

 

になります。

 

○au

 

ピタットプラン 1GBまで 月額3,278円(2年契約)

4GBまで 月額4,928円(2年契約)

 

家族3人以上で利用すれば、1,100円の割引きが受けられます。

 

家族3人では

 

1GBまでの月の支払料金は(3,278円-1,100円)×3人=6,534円

4GBまでの月の支払料金は(4,928円-1,100円)×3人=11,484円

 

になります。

 

○SoftBank

 

ミニフィットプラン 1GBまで 月額3,278円

3GBまで 月額5,478円

 

家族割はありません。

 

家族3人では

 

1GBまでの月の支払料金は3,278円×3人=9,834円

3GBまでの月の支払料金は4,928円×3人=14,784円

 

になります。

 

キャリアを利用する3人世帯の平均支払額は、15,000円程度と考えられます。

 

格安SIMの場合は、2021年の春から全体的に値下げが進んでいて、以前は2,000円から4,000円程度だった1人あたりの平均月額は、現在1,500円から3,500円程度に下がっていると考えられます。家族3人の場合は、5,000円から10,000円程度です。

 

家族3人世帯の通信費平均支払額

3人暮らしの世帯が支払う通信費の平均額は、以下のケースが考えられます。

 

○キャリア回線スマホのみ

 

他に回線手段を持たない3人世帯の通信費平均は、20,000円程度です。

 

○キャリア回線スマホ+自宅Wi-Fi回線

 

キャリア回線を契約していても、新しいオンラインプランや小容量プランも増えるため、携帯電話の支払いは10,000円程度です。

 

自宅Wi-Fi回線は、光回線か無線Wi-Fiルーターを利用して6,000円程度です。

 

合計した通信費平均は、16,000円程度です。

 

○格安SIM回線スマホのみ

 

他に回線手段を持たない場合、殆どネットを利用しないか、ある程度利用する場合は中容量の契約をしているケースが多いと考えられて、通信費平均は10,000円程度です。

 

○格安SIM回線スマホ+自宅Wi-Fi回線

 

自宅で使うスマートフォンのデータ消費はWi-Fi回線を使うため、小容量で契約しているケースが多いと考えられ、携帯電話の通信費としては5,000円程度です。

 

自宅Wi-Fi回線は、光回線か無線Wi-Fiルーターを利用して6,000円程度です。

 

合計した通信費平均は、11,000円程度です。

 

通信費削減のための手段

特に単身世帯では、スマートフォン料金の割引等が受けにくくなるため、通信費削減のために見直す事を羅列します。

 

○スマートフォンの契約プラン見直し

 

実際に使う月のデータ量を把握しましょう。適正なプランが解れば、青天井のプランにしている必要は無くなります。

 

○オプションの見直し

 

有料オプションを契約時に付けて、そのままになっていませんか?

自分に必要無いオプションは解約して、支払料金を適正化しましょう。

 

○通話プランの見直し

 

殆ど電話をしていないのに、「かけ放題」プランに入っているのは無駄です。自分の通話時間と使い方を把握し、不要なら時間制限の有るプランに変更するか、「かけ放題」プラン自体解約するなど、適正な通話オプションにしましょう。

 

「かけ放題」プランに未加入で通話料金を多く支払っているなら、オプション加入した場合の料金と比較してください。IP電話の導入を検討しても良いです。

 

○自宅に光回線を入れてWi-Fiを活用する

 

特にキャリアで大容量プランを契約して動画を視聴しているなら、視聴する場所は自宅ではありませんか?その場合は、光回線を自宅に入れてWi-Fi環境下で利用すれば、データ通信量の少ない安いプランに変更出来ます。トータルの通信費も安くなるケースが多くなります。

 

○格安SIMに乗り換える

 

8割以上の方が3大キャリアでスマートフォンの契約をしていますが、格安SIMなら、もっと安いプランで同じ事を出来る可能性が多いにあります。

 

通信費全体を見直すなら、「OCN光」+「OCNモバイルONE」

削減のための項目を羅列した中で、大きな効果が得られるのが最後の2つです。ただし、支払い月額料金を下げられても、回線品質が下がればストレスが溜まり、我慢を強いられるようでは意味がありません。

 

「OCN光」+「OCNモバイルONE」の組み合わせなら自信を持ってオススメ出来ます。

 

 

OCNブランドサービスは、NTTグループの通信技術を担う中核企業のNTTコミュニケーションズが運営しています。格安SIMはキャリア回線の一部を間借りしてるため、回線速度が遅いというイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

実際の格安SIM「OCNモバイルONE」の回線速度を見てみましょう。

 

最も回線速度が必要な状況は、動画の視聴です。

 

解像度にもよりますが、5Mbpsから20Mbpsの速度があれば、快適に視聴出来ます。

 

実際に契約して使っているユーザーが、計測している「みんなのネット回線速度」を見てみましょう。代表的な格安SIMの一つとして、「OCNモバイルONE」の速度レポートで、直近3ヵ月に計測された355件の測定結果の平均値は59.0Mbpsです。

 

このスピードならば、通常のスマホ利用に支障が出ることは殆ど無いと考えられますよね。

次に光回線の「OCN光」の中身を簡単に見ていきましょう。

 

「OCN光」は、世界的なTier1 IPバックボーンを保有しています。Tier1とは、インターネットの品質を自らコントロール出来る世界規模の広帯域IPバックボーンを有するISPグループの事で、世界で数社しかありません。アジアでは唯一のステータス保持社です。

 

 

(出典:NTTコミュニケーションズ公式サイト

 

OCN光は、IPoE標準対応していて、次世代の規格を誰でも享受出来ます。

 

そんなOCN光とOCNモバイルONEの月額料金を見ていきましょう。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式

 

「OCNモバイルONE」の通常月額料金は、500MB/月で月額550円・1GB/月で月額770円・3GB/月で月額990円・6GB/月で月額1,320円・10GB/月で月額1,760円です。

 

 

またOCN光の契約者かつ1GB以上のプランは、220円の割引が受けらます。

 

OCN光の月額料金は、一戸建てタイプが月額5,610円・マンションタイプが3,960円です。

 

単身世帯で3GB容量のスマートフォン契約をした場合の通信費トータルは

 

○一戸建てタイプ

 

5,610円+(990円-220円)=6,380円

 

○マンションタイプ

 

3,960円+(990円-220円)=4,730円

 

家族3人世帯で3GB容量のスマートフォン契約をした場合の通信費トータルは

 

○一戸建てタイプ

 

5,610円+(990円-220円)×3=7,920円

 

○マンションタイプ

 

3,960円+(990円-220円)×3=6,270円

 

ある程度インターネット回線を使うなら、単身世帯でも3人世帯でもトータルの通信費は、大きく節約出来ます。パソコンやタブレットにゲーム機、どれだけ使っても通信料は変わりません。

 

https://hikari-collaboration.jp/provider/ocn-campaign.html

 

また、戸建てタイプの光回線の方や他の格安スマホと組み合わせて利用したい方には、OCN光と同じNTTグループの「ぷらら光」もオススメです。契約期間の縛りもなく、シンプルに月額料金が安いため、自由に格安スマホを組み合わせて利用できます。

 

ぷらら光キャンペーン
NTTぷららの光コラボレーションモデル「ぷらら光」の当サイト限定キャンペーン情報。新規・転用・事業者変更の申し込みでお得なキャッシュバック実施中!

 

 

外出時にもデータ容量を使うなら光回線「@TCOMヒカリ」+格安SIM「LIBMO」

格安SIMでは比較的小容量のプランで、大きな価格メリットが出ます。先のOCNモバイルONEでは、10GBまでしかデータ容量プランを用意していません。

 

それ以上の大きな容量を外出時に消費するユーザーには、光回線「@TCOMヒカリ」+格安SIM「LIBMO」の組み合わせをオススメします。

 

 

@TCOMヒカリは自社データセンターを保有し、自社光ファイバーケーブルを運用するなど、単にプロバイダとしてだけで無く、豊富な技術力が有り人気があります。

 

@TCOMヒカリユーザーは、格安SIM「LIBMO」の割引が受けられます。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

1GB/月で月額1,078円・5GB/月で月額1,518円・20GB/月で月額1,991円・30GB/月で月額2,728円です。この金額から、最大330円(30GBプランの場合)の割引が受けられます

 

@TCOMヒカリの月額料金は、一戸建てタイプで5,610円・マンションタイプで4,180円です。

 

さらに!お得なキャッシュバックも、やっています。キャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャンペーン
「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」当サイト限定キャッシュバックキャンペーン

 

 

引っ越し・乗り換えに伴う、光回線の違約金や撤収費をカバーするなら、「SoftBank光」+「Y!mobile」

予期せぬ急な引っ越しで、今使っている光回線を解約する必要がある場合、契約期間によっては違約金が発生し、回線の撤去費用が請求される事があります。

 

契約状況によって費用は変わりますが、数万円になることも珍しくありません。

 

そんな方には、光回線「SoftBank光」+スマートフォン「Y!mobile」の組み合わせをオススメします。

 

 

SoftBank光は、現在契約している回線を解約する場合、使用期間によっては違約金や撤去費用が発生する費用を、他社からソフトバンク光に乗り換える場合、他社への違約金・撤去費用等が満額還元(最大10万円)してくれます。

 

SoftBank光ユーザーは、Y!mobileの月額料金に「おうち割」1,188円引きが適用されます。割引き後の価格は、シンプルS(3GB)990円・シンプルM(15GB)2,090円・シンプルL(25GB)2,970円で高品質なSoftBank回線が利用出来ます。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

SoftBank光の月額料金は、一戸建てタイプで5,720円・マンションタイプで4,180円です。

 

さらに!お得なキャッシュバックも、やっています。キャッシュバックキャンペーン詳細については、以下をご覧ください。

 

ソフトバンク光キャンペーン
ソフトバンク光の当サイトキャンペーン。新規加入で最大50,000円キャッシュバック!ソフトバンク光の基本契約で50,000円CB、さらに公式キャンペーンで月額料金も大幅割引!

 

タイトルとURLをコピーしました