格安スマホ【OCNモバイルONE】は1GB770円!光回線セットでさらにお得

光回線

待ちに待ったOCNモバイルONEの新プランがようやく発表されました。格安スマホの中では最後に発表された新プランですが、期待通りのプランになっています。

 

 

  • 音声通話SIM1GBのデータ容量で月額770円
  • 専用アプリ無しで11円/30秒の通話料金
  • 最低利用期間無し

 

その他にも光回線割や端末購入の特別価格など、NTTグループならではの特典もあり注目度の高い格安スマホ・SIMサービスです。さっそく具体的なプラン内容をご紹介いたします。

 

OCNモバイルONEとは?

OCNモバイルONEは、NTTグループのNTTコミュニケーションズが提供する格安スマホ・SIMで、当然ですがNTTドコモ回線のみを使用しています。

 

OCN光とのセット割や、スマホ販売のgoo Simseller、Wi-Fi機器製品やスマート家電を取り扱うgoo ストアの割引など、会員向けの幅広い特典がある格安スマホです。

 

OCNモバイルONE 新プランの特徴

OCNモバイルONEの新プランは、低容量・通話重視のバランスの良いプランとなりました。

 

低容量ユーザーを重視 1GB770円

格安スマホの人気プラン、1GB、3GBプランを中心に4段階の容量設定で、最近主流になっている20GB~の大容量はなく、低~中容量が中心のプランです。

 

 

【OCNモバイルONE 音声対応SIM料金表】

1GB700円(税込770円)
3GB900円(税込990円)
6GB1,200円(税込1,320円)
10GB1,600円(税込1,760円)

 

1GBプランでは、BIGLOBEモバイルやJ:COMの1,078円よりも安く770円と最安値を更新しています。

 

3GBプランは、nuroモバイルの新プラン(4月1日より)792円にはかないませんが、格安スマホの中では十分に競争できる価格帯です。

 

1GBはスマホを初めて持つ場合や、通信をほとんどしない人向きですが、普段使いには少々物足りない容量なので、3GB~6GBプランに人気が集まることが予測されます。

 

【3GBで何ができる?】

 

・YouTube視聴:約5時間(SD画質)

・LINE通話(音声):約166.5時間

・LINE通話(ビデオ):約10時間

 

外での動画視聴は移動中程度で家に光回線などWi-Fi環境がある場合は、3GBあれば容量を気にすることなく余裕をもって利用できるでしょう。

 

余ったデータも翌月末まで繰り越しできるので、余裕を持ったプランを選んでも無駄がありません。

 

通話を重視 通話料は他社の半額

今回の発表で最も注目なのは、専用アプリ無しで11円/30秒のという通話料金の安さです。格安スマホの通話料金は、通常の電話アプリ発信なら 22円/30秒 、各社が提供しているアプリからであれば 11円/30秒 で電話をかけられる仕組みです。

 

専用アプリから電話をかければ、標準装備の電話アプリから発信するよりも半額になるため一見お得に思えますが、着信履歴からかけ直した場合など標準アプリからの利用は半額にならず、何かと不便です。

 

OCNモバイルONEは、この手間を省き標準アプリから発信しても11円/30秒 で電話をかけられるという画期的なサービスを提供しました。(4月7日~)

 

かけ放題のオプションもありますが、「毎月通話はするけれど、オプションを付けるまでもない。」という人には嬉しいプランですね。

 

【OCNモバイルONE かけ放題オプション】

 

  • 10分:935円
  • トップ3:935円
  • 完全:1,430円

 

OCNモバイルONE は「無料」がいっぱい

格安スマホを契約すると、何かと手数料がかかってきます。

 

OCNモバイルONEは、極力無駄な料金を無くし入退出を気軽にできるよう、ユーザー目線のサービスを提供しています。

 

基本料金 初月無料

初月の基本料金は「日割り」の格安スマホが多い中、OCNモバイルONEでは無料にしています。

 

契約キャリアの切り替えは慣れていれば1日の無駄もなくスムーズに行えますが、手続きの関係もあり契約が重複する期間が発生することがあります。

 

契約月の基本料金は日割でも解約月は日割にならないキャリアもあるので、「初月無料」であれば解約&契約のタイミングを気にすることなく気軽に申し込むことができます。

 

解約手数料無料

OCNモバイルONEは、契約期間の定めも無く解約時の手数料もかかりません。携帯電話を契約する時は、解約する時のことも考えておかなければ後に高額な違約金が発生することもあるので注意が必要です。

 

以前は「2年ごとの自動更新、更新月以外の解約は10,450円の違約金が発生」が主流で、キャリア移動しづらい状況でした。

 

2019年10月の法改正でこのような「縛り」にメスが入ったものの、以前として「最低利用期間は1年」「解約手数料1,100円」というようなキャリアも多く存在しています。

 

OCNモバイルONEは初月の無料期間に解約した場合を除き、いつ解約しても違約金は発生しません。(初月解約は1カ月の料金発生)

 

また、4月1日よりMNP転出手数料が廃止されるので、他社からOCNモバイルONEに転出を考えている人は、ますます気軽に申し込みができるようになりました。

 

 

 

参考:OCNモバイルONE公式サイト

 

MUSICカウントフリーで無料で音楽視聴

1GB~3GBの低容量で格安スマホを利用する場合、使用データがカウントされない「カウントフリーサービス」は注目です。

 

OCNモバイルONEのMUSICカウントフリーサービスは、オプションではなく標準装備。利用中であればWEB上で完結する簡単な申し込みだけで誰でも利用できます。

 

 

【MUSICカウントフリー 対象サービス】

 

・amazon music

・LINE music

・Spotify

・Rec music

・AWA

・dヒッツ

・ひかりTVミュージック

・ANiUTa

 

主要の音楽配信サービスはほとんど対象となっています。

 

1時間の再生通信料は音質にもよりますが約100MBなので、10時間再生なら1GBです。この使用量がカウント対象外なので、移動時間やランニング中の音楽をデータ容量を気にせずに楽しむことができます。

 

格安スマホNo.1の通信品質

OCNモバイルONEは、MM総研が行ったMVNOネットワーク品質調査で、「docomo回線通信品質」1位を獲得しています。

 

アプリダウンロード以外は快適に利用できる水準まで品質が向上 ≪ プレスリリース | 株式会社MM総研
■Web表示を最も快適に閲覧できたのはOCNモバイルONE■OCNモバイルONEが評価指標6項目の内、3項目で最高評価を獲得■全ての項目でストレスなく利用できるレベル(基準値)をクリアしたのは、OCNモバイルONE、mineo、BIGLOBEモバイル(au回線)、LINEモバイル

 

通信速度や動画再生、ギガ消費量など6項目で調査され、混雑時を含めたWEBサイトを最も快適に閲覧できる事業者ということで、料金が安いだけでなく品質面でも優良の格安スマホです。

 

端末の多さ満足度No.1

OCNモバイルONEの特徴として好評なのが、選べる端末の多さです。iPhone12やAQUOS sense5G、Redmi 9Tなどの最新種から、リーズナブルな中古品までの品揃えで、端末保証もついているので安心して購入することができます。

 

販売はNTTレゾナントが運営している「goo Simseller(グーシムセラ―)」で行っており分割にも対応しているので 、ハイスペックな端末でも購入しやすいですね。

 

goo Simsellerでは、4月1日11時よりOCNモバイルONEの新プラン発表を記念して、特別価格セールを開催します。

 

「Redmi 9T」や「OPPO Reno A」など合計5機種を1円で販売するという、大特価セールです。詳細発表は当日される予定なので、検討している人は要チェックですね。

 

実店舗は無くても対面販売

格安スマホ選びで悩ましいのが「実店舗」の有無。デジタルネイティブを想定し、各社WEB手続きのみで格安料金を維持していますが、実店舗へのニーズはまだまだ高いのが現状です。

 

OCNモバイルONEは、直営の店舗はありませんがその場でSIMを受け取ることのできる「即日カウンター」を設置しています。

 

設置場所は全国のヨドバシカメラ、ゲオ、ビックカメラ、コジマ×ビックカメラ、ソフマップ の店内で、端末販売を行っている店舗であれば実際の機種を見ながら選ぶこともできます。(一部地域を除く)

 

操作に関する説明などは案内してくれることもあるようなので、購入予定の店舗に確認をしてみましょう。

 

光回線とのセット割でさらにお得に

OCNモバイルONEを検討するなら、光回線「OCN光」とのセットも視野に入れてはいかがでしょうか?

 

OCN 光申し込みサイト 豪華加入特典を最短2週間還元!
光インターネット回線なら会員数NO.1の「OCN 光」、実質月額963円~(12ヵ月間)!当サイト限定、最大70,000円キャッシュバックやパソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch、WiFiルータープレゼントなど選べるキャンペーン実施中!豪華特典を最短2週間でお届け。

 

OCN光モバイル割は220円

20GB以上の大容量プランを選択する人を除き、格安スマホユーザーは自宅に光回線を持っている場合がほとんどです。大手キャリアの低価格ブランドでは、光回線とのセット割を無くしていますが、格安スマホでは基本料金を下げても割引は無くなっていません。

 

OCNモバイルONEとOCN光をセットで利用すると、基本料金が220円割引になる「OCN光モバイル割」が適用されさらにお得になります。この割引は最大5台まで適用されるので、家族全員で割引を受けることも可能です。

 

 

【OCN光モバイル割適用料金】

容量月額基本料金割引後基本料金

(-220円)

1GB770円550円
3GB990円770円
6GB1,320円1,100円
10GB1,760円1,540円

 

1GBなら550円、6GBでも1,100円におさめることができ、本当にお財布に優しい料金プランです。

 

OCN光は光会員数NO.1で加入特典もお得

OCN光は、ブロードバンド回線事業者の加入件数No.1の実績を持つ大手事業者です。

 

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2020年9月末時点) ≪ プレスリリース | 株式会社MM総研
■2020年9月末のFTTH契約数は3410.4万件で20年度上期純増数は103.6万件だった ■テレワーク等の需要がFTTH市場をけん引、上期純増100万件超えは2011年度上期以来 ■2020年度のFTTH純増数は188万件を予測、前年度の134万件を大幅に上回る見込み

 

料金は、マンションタイプで3,960円(2年更新割引適用)となり、他社の人気光コラボ回線より100円~数百円安い設定となっています。

 

プラン標準料金2年自動更新割引適用料金
ファミリータイプ6,820円5,610円
マンションタイプ5,170円3,960円

 

例えば、OCNモバイルONEの3GBプランと、OCN光の2年更新のマンションタイプを契約した場合、990円+3,960円-220円=4,730円と5,000円内で高速通信のネット環境が整います。

 

大手キャリアのスマホプランだけで1万円近くかかった時に比べ、驚くほど安い価格になりましたね。

 

価格は下がっても品質は向上しており、次世代型通信と言われるIPoE(IPv4 over IPv6)接続にもしっかり対応。従来のIPv4ではユーザーをまかないきれなくなり速度遅延が起こりがちでしたが、新方式のIPoE(IPv4 over IPv6)接続で通信することにより混雑を避け快適な速度でネットを楽しむことができます。

 

 

OCN光はお得なキャッシュバックも実施中です。キャッシュバック適用で工事費も賄え、月額料金もお得に始めれらます。

 

OCN 光キャッシュバック 最大 70,000円を最短2ヵ月還元!
【当サイト限定】OCN 光の新規契約または転用(フレッツ光からの乗り換え)で最大70,000円キャッシュバック!さらに希望者にはWi-Fiルーターをプレゼント♪OCN 光公式割引&当サイト限定キャッシュバックでお得に高速インターネットを始めるなら!

 

格安スマホ OCNモバイルONEは4月1日より始動

OCNモバイルONEの新プランは4月1日より開始しています。

(アプリ無し11円/30秒適用は4月7日から)

 

1GB770円、3GB990円の低容量プランを、格安料金で提供します。

 

OCN光モバイル割を活用すれば、スマホと光回線が月額4,510円~で利用できるのも魅力です。

 

最低利用期間も無く初月基本料金も無料なので、格安スマホを検討している人は有力候補になりそうですね。

 

OCNモバイルONE

 

タイトルとURLをコピーしました