ドコモ home 5G HR01とドコモ光を比較、料金・特徴を比較

光回線

以前までは、ドコモユーザーにとってWi-Fiを選ぶとしたら、ポケットWi-Fiか光回線しか選択肢がありませんでした。

 

しかし、2021年8月にドコモからホームルーターが登場しました。

 

その名も「ドコモ home 5G

 

そこで今回はドコモ home 5G HR01とドコモ光の料金や特徴などを比較して紹介していきます。これからどちらにしようか決めかねている人にとっては必見の内容なので、是非最後までお読みください。

 

ドコモ5G homeとは

ドコモ home 5G HR01は2021年8月にドコモによって発売されたホームルーターです。

 

 

(出典:GMOとくとくBB ドコモ home5G

 

ホームルーターとは、光回線と違い本体をコンセントに接続するだけで、工事することなくWi-Fiを使用することができる長方形の形をした置き型のWi-Fiです。

 

ドコモからのホームルーターは今まで発売されていなかったので、ドコモユーザーの中にはホームルーターの登場を待ちわびた人もいるのではないのでしょうか。

 

ドコモ home 5G HR01の月額基本料金は4,950円と、他のホームルーターに比べて安いです。

 

 

 

端末代金は39,600円ですが、月々1,100円の割引が36回あるので相殺という形になり、実質無料です。しかし、3年経過せずに解約してしまうと、割引が無くなり、端末代金も残るので注意しましょう。

 

ドコモ home 5Gの最大通信速度は4.2Gbpsというホームルーターにも関わらず、圧倒的な通信速度の速さを兼ね備えています。ドコモでスマホを契約しているユーザーは、「home 5G セット割」が対象となり、プランによって550円~1,100円の割引が適用されます。

 

ドコモ光とは

ドコモ光はドコモが提供する光回線サービスです。アクセス回線はフレッツ光でプロバイダーは自由に選択することが出来ます。

 

 

(出典:ドコモ光 for ぷらら公式サイト)

 

また、一部ケーブルテレビのサービスをそのままドコモ光として販売する形態もあります。

 

料金表は以下の通りです。

 

戸建てタイプの場合

 

プラン2年縛りあり2年縛りなし
1GB タイプA5,720円7,370円
1GB タイプB5,940円7,590円
1GB 単独タイプ5,500円7,150円
ドコモ光ミニ2,970円〜6,270円4,640円〜7,920円

 

マンションタイプの場合

 

プラン2年縛りあり2年縛りなし
1GB タイプA4,400円5,500円
1GB タイプB4,620円5,720円
1GB 単独タイプ4,180円5,280円

 

通信速度は最大1Gbpsで、料金は契約しているプロバイダーによって異なります。

 

タイプAよりもタイプBの方が料金が220円高いのですが、通信品質に問題があるわけではありません。また、単独タイプというのはプロバイダー機能が含まれていないプランです。単独タイプを契約した場合には、自分でプロバイダーの契約をしなければいけないので注意が必要です。

 

戸建てのプランにはドコモ光ミニというプランもあります。ドコモ光ミニはインターネットをあまり使用しない人に向けてのプランです。こちらのプランも別途でプロバイダーを契約しなければいけません。インターネットではなく、ひかり電話サービスだけを使用したい人に向けてのプランです。

 

そのため、一般的にはタイプAかタイプBを選びます。

 

2年縛りで契約した場合、解約可能月以外に解約をしてしまうと、戸建タイプ14,300円、マンションタイプは8,800円の違約金が発生するので注意しましょう。

 

ドコモ光もドコモ home 5Gと同様に、スマホをドコモで契約しているユーザーは「ドコモ光セット割」の対象となり、プランによって550円~1,100円の割引が適用されます。

 

ドコモ home 5Gのメリット・メリット

ドコモ home 5Gのメリット・メリットを紹介します。

 

メリット①:5Gに対応している

ドコモ home 5G HR01は5Gに対応しています。

 

5Gは4Gと比べて圧倒的に通信速度が異なります。実際に使用する場所が5Gのエリアであれば、最大通信速度は4.2Gbps(Wi-Fiの最大伝送速度は1201Mbps)と、非常に速い高速通信が可能になるので、今まで以上に快適にインターネットを使うことが出来ます。

 

メリット②:契約期間の縛りがない

ほとんどのWi-Fiの場合、2〜3年の契約期間というのが存在します。解約しないのであれば自動更新契約となるので、解約期間に解約しなければ違約金が発生してしまうのが一般的でした。

 

しかし、ドコモ home 5Gの場合、契約期間がありません。そのため、いつ解約しても違約金が発生することが無いので安心です。ただし、3年以内に解約してしまうとドコモ home 5G HR01の本体代金が残ってしまうので注意しましょう。

 

メリット③:Wi-Fi6に対応

従来のWi-FiはWi-Fi5対応でしたが、ドコモ home 5GではWi-Fi6対応となっています。

 

Wi-Fi6の特徴としては3つ。

 

1つ目は通信速度です。

 

Wi-Fi5は6.9Gbpsでしたが、Wi-Fi6では9.6Gbpsとなりました。通信速度が速くなったことで高品質な動画や画像の送受信もスムーズになりました。

 

2つ目は混雑の緩和です。

 

今までWi-Fiを使ったことのある人は、Wi-Fiの繋がる時間が遅かったり繋がりにくいと感じた人も多いのではないのでしょうか。

 

しかし、Wi-Fi6では「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」が採用されたことによって、複数台の機器がWi-Fiに同時接続されていても繋がりにくいということが無くなりました。

 

最後の3つ目は省エネです。

 

Wi-Fi6では「TWT(Target Wake Time)」が導入されたことで接続しているスマホやタブレットなどのバッテリーの消費量を抑えることが出来るのです。

 

そのため、Wi-Fi接続時には今まで以上に長時間使用することが可能になります。

 

メリット④:保証サービスが充実している

ドコモ home 5Gでは保証サービスが充実しています。

 

1つ目はケータイ補償サービスです。

 

ケータイ補償サービスは、携帯が故障や盗難、紛失など万が一のことが起こった場合に代替機を用意してくれるサービスです。

 

2つ目のオプションはネットワークセキュリティです。

 

ネットワークセキュリティは、自身が所有するパソコンにウイルスや不正にアクセスされた場合に保護してくれるサービスです。(3台まで)

 

ケータイ補償サービスは月額550円、ネットワークセキュリティは月額385円なので、2つ加入すると通常935円が月額でかかりますが、「home 5G パック」によって770円で加入することが出来ます。

 

万が一のことがあっても安心したいという人はオススメのオプションです。

 

デメリット①:5Gを使用できるエリアが限られている

ドコモ home 5Gは5Gに繋ぐことが出来ますが、あくまでも5Gが対応しているエリアのみになります。

 

現状、5Gに対応しているエリアが関東の一部だけだったりもするので、地方で利用する場合には5Gが対応されておらず、4Gしか使えないことがあります。

 

デメリット②:速度制限がある

ドコモ home 5Gは連日大量のデータを使用すると速度制限にかかる可能性があります。

 

実質、無制限で使い放題というわけではないのです。そのため、長時間高画質な動画を視聴していたりオンラインゲームをおこなっていると通信速度に制限がかかるので注意しましょう。

 

ドコモ光のメリット・デメリット

続いてドコモ光のメリット・デメリットを紹介します。

 

メリット①:オプションが充実している

ドコモ光では「光電話」や「光テレビ」など普段の生活で役立つオプションが充実しています。

 

実際に、光電話にすることで通話料金が安くなりますし、光テレビによってアンテナを立てることなくテレビが視聴できるので、非常に便利なオプションです。

 

メリット②:実効速度が速い・Ping値が低い

ドコモ光は光回線なので無線通信のドコモ home 5Gと比べると実際に計測されてい通信速度が速く、また通信速度の品質を判断する指標のひとつPing値が低いです。

 

Ping値とは、ネット回線のレスポンスや応答速度のことを指します。

 

Ping値が低いほど、レスポンスや応答速度が速くなるので、オンラインゲームなどをストレスなくおこなうことが可能です。

 

参考:みんなのネット回線速度

 

ドコモ光の速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中!
ドコモ光の速度測定結果(505340件)⇒熊本県芦北町 下り:165.2Mbps 上り:49.87Mbps 東京都三鷹市 下り:235.79Mbps 上り:365.02Mbps 千葉県市原市 下り:85.53Mbps 上り:92.06Mbp

 

ちなみにPing値の指標は以下の通りです。

 

0~40ms:速い

41~60ms:普通

61~100ms:やや遅め

 

ドコモ光のPing値は平均20.39msなので、応答速度が速いことがわかります。

 

メリット③:工事が不要な場合もある

光回線を利用する場合、工事するのが面倒だと思うユーザーも少なくありません。しかし、フレッツ光を利用していてドコモ光を契約するのであれば、工事の必要が無くなります。

 

ドコモ光はNTTのフレッツ光回線を利用しているからです。同じ回線を使用するため、工事の必要がありません。工事費用も掛からないので、面倒な手間をかけることなくドコモ光を利用することが出来ます。

 

デメリット①:開通までに時間がかかる

ドコモ光お申し込みをしてから実際に光回線を使えるようになるまで時間がかかります。

 

大体2週間〜1ヶ月ほどです。

 

引越しする時期と重なってしまうとそれ以上に時間がかかるケースもあるので、いますぐWi-Fiを使いたい人にとってはオススメできません。

 

デメリット②:引越し費用が高い

ドコモ光は引越し先にもよりますが、引越しする費用が高くなってしまいます。

 

同一エリアであれば9,500円~11,000円ほどかかります。

 

同一エリア以外の引越しとなると、19,000円~22,000円と同一エリアの2倍もかかるので、近々引越しする予定がある場合には他の光回線も一度検討してみましょう。

 

ドコモ home 5Gとドコモ光はどっちがオススメ?

ドコモ home 5Gとドコモ光はどちらがオススメなのでしょうか。

 

今までの内容をふまえた上で比較表を作成しました。

 

ドコモ home 5Gドコモ光

(戸建ての場合)

月額料金4,950円5,720円
最大通信速度下り最大4.2Gbps

Wi-Fi接続時1.2Gbps

下り最大1Gbps
工事無し有り
ダウンロード
実効速度平均
150.01Mbps258.17Mbps
アップロード
実効速度平均
17.69Mbps203.49Mbps
Ping値平均55.02ms 高い20.39ms 低い
使用開始日即日可能2週間〜1ヶ月

 

(通信速度参考:みんなのネット回線速度

 

ドコモ home 5Gはドコモ光に比べて料金が安く即日使うことが出来ますが、Ping値が高く通信速度もあくまでも最大値であり、データ容量を使いすぎると速度制限になります。

 

そのため、ドコモ home 5Gは即日でインターネットを使いたい人や回線工事をしたくない人、引越しが多い人にオススメです。

 

一方でドコモ光は、料金がドコモ home 5Gに比べて高く、工事期間などもあるので使用開始日が遅いのが懸念点として挙げられます。

 

しかし、通信速度や通信状況は常に安定しており、光電話などのオプションも充実しています。通信速度もダウンロード速度だけでなく、アップロード速度が速く、Ping値も低いので、光電話や光テレビを利用したい人や安定した通信環境を求める人、家族みんなでWi-Fiを使いたい人にオススメです。

 

 

 

(出典:ドコモ光 for ぷらら公式サイト)

 

自分自身の状況を考慮した上でどちらを契約するか判断しましょう。

 

オススメの光回線を紹介

ドコモ home 5Gとドコモ光以外にも通信品質が高く、利用料金を抑えて利用できる光回線がありますのでご紹介いたします。

 

 

 

ぷらら光

 

1つ目はぷらら光です。ぷらら光はドコモ光とおなじNTTグループの光回線を使用しています。

 

ぷらら光の料金はマンションタイプが毎月3,960円で工事費用が16,500円です。

一方のホームタイプは毎月5,280円で工事費用が19,800円です。

 

IPoE方式のIPv6接続を採用しているため、回線が混雑することなく、ストレスフリーで使うことが出来ます。IPoE方式に対応したWi-Fiルーターも無料で提供してくれるので、購入する必要がありません。

 

また、解約したいと思った場合も解約金などが一切かからないので、安心です。

 

ぷらら光最大の特徴はキャンペーン。新規にぷらら光へ申し込むと38,000円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。転用や事業者変更をするだけでも20,000円のキャッシュバックが受け取れます。最大65,000円分のキャッシュバックが受け取れます。

 

キャッシュバックをたくさん受け取りたい人にはオススメの光回線です。

 

ぷらら光キャンペーン
NTTぷららの光コラボレーションモデル「ぷらら光」の当サイト限定キャンペーン情報。新規・転用・事業者変更の申し込みでお得なキャッシュバック実施中!

 

@TCOMヒカリ

 

2つ目は@TCOMヒカリです。

 

@TCOMヒカリの料金はファミリータイプが1年目4,290円、2年目が5,610円です。

一方でマンションタイプが1年目3,190円、2年目が4,180円です。

 

@TCOMヒカリ特徴は初期費用の安さです。光回線を導入する場合は工事費用がかかりますが、@TCOMヒカリでは2年契約自動更新の場合、工事費用がかかりません。

 

そのため、初期費用を抑えて光回線を導入することが出来ます。また新規契約で30,000円、指定のオプションにも加入する最大39,000円までキャッシュバックを受け取ることが可能です。

 

さらに、@TCOMヒカリは格安スマホとの相性がよく、複数のスマホキャリアとセット割引が適用可能です。

 

auスマホの「auスマートバリュー」、UQモバイルの「自宅セット割」、格安SIM「LIBMO」の「SIM×光セット割」が適用できます。

 

 

 

(出典:UQ mobile公式サイト

 

 

(出典:LIBMO公式サイト

 

LIBMOはプランによって異なりますが、最大330円の割引が適用されるので、@TCOMヒカリを検討する場合にはスマートフォンの契約も見直すと今まで以上に安くすることが可能です。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ サービス内容
TOKAIコミュニケーションズ提供の光コラボレーションモデル「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」(アットティーコムヒカリ)の月額料金・サービス内容

 

まとめ

今回はドコモ home 5Gとドコモ光のメリットやデメリット、料金や特徴などを比較してみました。

 

Wi-Fi選びで重要なのは、自分に合ったWi-Fiを選択することです。

 

ドコモ home 5Gとドコモ光以外にもオススメの光回線として@TCOMヒカリとぷらら光も紹介しました。どちらもキャンペーンなどが充実しているので、さらにお得にWi-Fiを利用したいのであれば是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました