ahamo(アハモ)におすすめの光回線はどこ?

光回線

三大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクからオンライン専用のモバイルサービス、「ahamo」「povo」「LINEMO」(個人契約向けプラン、法人契約不可)が発表されました。

 

この3プランの月額料金は同じ条件で比べてみると、発表時には横並びの料金プランでしたが、ahamoがさらに料金値下げを発表しました。

 

ドコモ・au・ソフトバンクが新たに発表したプランの料金表

 

ドコモ
ahamo(アハモ)
au
povo(ポヴォ)
ソフトバンク
LINEMO(ラインモ)
月額料金2,970円2,728円
データ容量容量20GB
音声通話国内通話 5分以内無料国内通話 22円/30秒
かけ放題オプション1,100円1,650円
申込方法オンライン専用

 

ahamo:音声通話5分無料つきで月額2,970円、音声通話かけ放題オプションつきで月額4,070円

 

povo、LINEMO:音声通話オプションなしで月額2,728円、音声通話5分無料つきで月額3,278円、音声通話かけ放題オプションをつけると月額4,378円

 

上記の料金プランとなっています。

 

今までは自宅の光回線を選ぶ時に割引対象になる光回線を選べば、スマホとのセット割引が適用され、家族全員のスマホを同じキャリアにすれば、最大数千円の割引が適用されるというメリットがありましたが、今回発表のオンライン専用プランでは、その割引も無くなってしまいました

 

ドコモのスマホであれば「ドコモ光」、auであれば「auひかり」などのスマートバリュー対象回線、ソフトバンクであれば、「ソフトバンク光」のおうち割が適用されるという、無難に安くなる法則が通用しなくなり、ahamoとドコモ光のセット割も適用できないので、自宅の光回線はシンプルに月額料金が安い回線を選ぶ方がトータルで安くなるという状況です。

 

今までは複雑なスマホの料金体系が原因で、安くなっているのかどうかも解りづらかったですが、シンプルにスマホや光回線を選べるという点ではユーザーにメリットがありそうですね。

 

今回、当コラムでは「ahamo」「povo」「LINEMO」、3大キャリアから発表されたオンライン専用の新プランにおすすめのシンプルに月額料金が安い光回線を調べましたので、ぜひ参考にしてくださいね

 

スマホとのセット割を含まず、光回線の基本料金を比較

スマホとのセット割やキャンペーン適用での割引を含まず、2年または3年契約での月額基本料金を比較してみました。

 

戸建て 月額マンション 月額契約期間途中解約の違約金
OCN光5,610円3,960円2年11,000円
(不課税)
@TCOMヒカリ5,610円4,180円2年13,200円
ソフトバンク光5,720円4,180円2年10,450円
楽天ひかり5,280円4,180円3年10,450円
ビッグローブ光5,478円4,378円3年11,900円
(不課税)
ニフティ光5,720円4,378円2年10,450円
ドコモ光5,720円(タイプA)
5,940円(タイプB)
4,400円(タイプA)
4,620円(タイプB)
2年戸建て
14,300円
マンション
8,800円
So-net光プラス6,138円4,928円3年20,000円
(不課税)
NURO 光5,217円5,217円2年10,450円
+撤去費
auひかり5,610円4,180円(V16)戸建て
3年
マンション
最低6ヵ月利用
戸建て
16,500円+撤去費
マンション
残期間料金
フレッツ光4,730円~
(+別途プロバイダ契約必須)
3,135円~
(+別途プロバイダ契約必須)
2年戸建て
11,000円
マンション
7,700円

 

人気プロバイダが提供する光回線の基本料金を比べてみるとマンションについてはOCN光が一番安く、戸建て向けではNURO光が一番安いという結果になりました。

 

マンションで2番目に安い光回線としては@TCOMヒカリ、ソフトバンク光、楽天ひかりが同額となっています。この3種やOCN光はNTTのフレッツ光回線を利用した光コラボになりますので、物理的な光回線の品質としては同じですが、プロバイダの品質やサービス内容、サポートの面で違いがあります。

 

2年以上など長く利用する場合は基本料金が安い光回線を選ぶ方が、気づかないうちに月額料金が高くなってるようなこともありません。

 

ただし、2年や3年ごとに光回線の契約を見直そうと思っている方はキャンペーン内容を含めた実質料金が安い光回線を選べば安く利用できますし、途中解約時の違約金も含めて考えると安心ですね。

 

光コラボの実質料金については光コラボ比較サイトで2年、3年、5年の実質料金が簡単に比較できますので参考にしてくださいね。

 

光コラボレーション比較 人気コラボの実質料金がはっきりわかる!
光コラボレーションを徹底比較!2021年版。光コラボ各社のサービス内容や1年間/2年間/5年間の実質費用や月額料金、キャンペーン、スマホセットなどの料金を総合的に比較。当サイト限定の新規及び転用の光コラボキャンペーンも実施中!

 

上記の比較表から月額料金を一番安くできる光回線を判断すると次の項目のようになります。

マンションでahamoにおすすめの光回線はOCN光

ahamo(アハモ)の料金プランはスマホと光回線のセット割引が適用されないこと、住まいがマンションなどの集合住宅であることを考えた場合におすすめの光回線は月額基本料金がシンプルに安いOCN光が料金的に一番お得になります。

 

ahamo  月額2,970円

OCN光 月額3,960円

月額合計6,930円

 

でスマホと自宅のネット回線が利用できることになります。

 

ahamo(アハモ)とOCN光利用時の通信費合計

 

ahamo(アハモ)
音声通話SIMプラン
OCN光 マンション
利用時の合計金額
OCN光 戸建て
利用時の合計金額
利用なし3,960円5,610円
20GB + 通話5分無料6,930円8,580円
20GB + 通話かけ放題8,030円9,680円

 

一昔前にはスマホ料金だけで1万円以上かかっていた方もおられると思うので、それを考えるとかなり通信費は抑えられるようになりますね。

 

OCN光はNTTグループの代表的なプロバイダで、運営会社のNTTコミュニケーションズ(NTTコム)は最近NTTドコモの完全子会社となる発表がありました。

 

元々NTTコムはNTTグループのグローバルネットワークの構築を担う位置づけの会社で、法人向けのインターネットアクセスサービスもNTTコムが多くのサービスを提供しています。

 

ドコモ光のプロバイダであるドコモネットやNTTグループのプロバイダには、IPoE(IPv4 over IPv6)接続の技術(提供名称はOCNバーチャルコネクト)をNTTコミュニケーションズが提供していることからもOCN光の回線品質には期待できそうです。

 

OCN光では、このIPoE(IPv4 over IPv6)接続という新しい通信方式を標準搭載しており、追加料金なく無料で利用できるのでコストパフォーマンスも高い光回線です。

 

基本料金が他の光回線と比べ安いOCN光ですが、お得に加入できるキャンペーンも実施しています。マンションにお住まいの方はぜひチェックしてみてください。

 

OCN 光 キャンペーン一覧 最大70,000円の豪華特典
OCN 光の新規申し込みで新品パソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) などのゲーム機、液晶テレビなどの豪華特典プレゼント・割引または最大70,000円のキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中!もちろんOCN公式キャンペーンも併用可能◎

 

OCNは格安スマホ・格安SIMのサービス「OCNモバイルONE」も提供している事業者ですので、ahamoよりもっと安くスマホを利用したい、トータルの通信費をもっと安くしたいという方は格安スマホと光回線の組み合わせの参考記事もぜひご覧くださいね。

 

 

 

戸建てでahamoにおすすめの光回線はNURO光

戸建てに住まいの方がスマホをahamoに契約して、自宅では光回線を利用する場合、料金的に一番安くなる光回線はNURO光という結果になりました。

 

サービスエリアがOCN光などの光コラボと比べて限定されているのがデメリットとして考えられますが、最大2Gbpsの通信速度、高速WiFiルーターも標準装備、セキュリティも付属とサービス内容も充実しており、月額料金も5,217円と他の光回線と比べてもリーズナブルな月額料金が特徴です。

 

ahamo 月額料金2,970円

NURO光 月額料金 5,217円

合計月額 8,187円

 

でスマホと自宅の光回線が利用できることになります。

 

NURO光は人気のあるプロバイダの1つ「So-net」がNTTのダークファイバー(利用していない光回線)を借り受けて独自に提供している光回線サービスです。

 

サービスエリアも順次拡大しており、現在は東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡、佐賀、北海道でサービスを提供しています。

 

NURO光はNTTのダークファイバーと呼ばれる光回線を利用したサービスのため、NTTの屋外工事とSo-netの屋内工事と2回必要になることが多いです。NURO光を申し込む際には早めに申し込みを済ませておいた方がいいですね。

 

3大キャリアのスマホを利用中でahamoに乗り換えようか検討している方は、この機会にNURO光を検討してみてもいいですね。NURO光は基本料金もリーズナブルですが、充実したキャンペーン内容も特徴です。

 

公式サイトではサービスエリア内かどうか、建物に導入できるかどうかを調べられます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

参考:NURO光公式サイト

 

代理店ではキャッシュバックの還元時期が早く、手続きも簡単なのでおすすめです。

 

代理店のNURO光キャッシュバック情報はこちら

 

NURO光 キャッシュバック | 最大57,000円
NURO 光の新規加入で最大57,000円のキャッシュバック!ネットのみでも45,000円がもらえる♪So-net公式特典に加え、当サイトキャッシュバックでだんぜんお得に加入いただけます。NURO 光をお得に始めるならぜひ当サイトまで!

 

ahamoなど三大キャリアの新プランが光回線とのセット割が対象外となったことで、料金が安くなるスマホと光回線の組み合わせは大きく状況が変わりました。

 

スマホをahamoに乗り換えるだけでも通信費を節約することは可能ですが、この機会にトータルの通信費を少しでも安くするため、自分にあった光回線を見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました