法人で光回線を契約するなら?お得なキャッシュバックの利用がおすすめ

インターネット回線

「インターネットを法人で契約するときはどのサービスを選べばいいのだろう」
「安心して使えるネットワークを社内に設置したい」
「光回線をできるだけより安く、お得に利用したい」

 

このように考えることはないでしょうか?

 

また、オフィスでインターネットを利用する場合、大切な情報が漏れてしまわないか不安に思うこともあるかもしれません。できるだけお得に、かつ安全にインターネットを利用したいですよね。

 

今回のコラムでは、光回線の法人契約について解説します。記事を読めば、法人契約のメリットや個人契約との違いや法人で光回線を契約する際の注意点が理解できます。また、光回線をお得に利用できる方法も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

光回線法人契約のメリット、個人契約との違いとは

光回線を契約する場合には、「法人契約か?個人契約か?」という違いがあります。
こちらの項目では、法人契約について以下のメリット・個人契約との違いを紹介します。

 

  • 固定IPが利用可能
  • VPNを利用することで安全に通信できる
  • セキュリティ対策が必須
  • サポートが充実
  • 請求書があるため経費にできる

 

固定IPが利用可能

法人で光回線を契約する場合、固定のIPアドレスが利用可能です。

 

IPアドレスとは、パソコンやスマートフォンなどのインターネットを利用する機器に割り振られる番号です。よく、ネットワーク上の住所という表現がされています。つまり、IPアドレスはデータを送ったり受け取ったりするための識別方法なのですね。

 

とはいえ、このIPアドレスは家の住所とは違い頻繁に変わる場合があります。それは、通常の家庭でインターネットに接続している場合などです。この場合、自動的にプロバイダからアドレスが割り当てられます。

 

反対に、固定IPアドレスは設定を変更しないかぎり変わりません。外から社内のネットワークにアクセスしたい場合や、次の項目で説明するVPNを利用する際には固定IPが必要です。

 

プロバイダによっては法人契約のみに固定IPを提供していたり、個人では取得できるIPの数に制限があったりします。そのため、社外から社内にアクセスすることがある場合などは、法人契約をおこなうのがおすすめです。

 

VPNを利用して安全に通信できる

拠点間でインターネットを利用する場合、VPNを導入すると情報の漏えいを防止できます。
VPN(Virtual Private Network)とは、その名の通り仮想の専用回線を構築するものです。簡単に言えば、他者から情報をのぞき見されないように守ってくれる役目を担うのがVPNですね。テレワークなどで社外から社内ネットワークにアクセスする場合にもVPNが必要です。

 

拠点間で通信をおこなう際の機密情報漏えいを防ぐためには、専用の回線を引く方法があります。専用線と呼ばれるこの回線は、完全にプライベートなためセキュリティが高く安全です。しかし、この方法では物理的に回線を引くため、拠点間の距離が離れるほどコストが上がってしまうというデメリットがあります。

 

対して、VPNは仮想の専用線を構築する方法のため、距離によるコストの変動がないのが魅力です。VPNにもいくつか種類があり、それぞれコストや回線品質に差があるため、目的にあったVPNを選ぶと良いでしょう。

 

セキュリティ対策が必須

先述のVPNを含め、法人として光回線サービスやプロバイダを利用する場合はセキュリティ対策が必須です。なぜなら、業務上での機密情報が漏れてしまうと大変な損害が起こり得るからです。個人情報を漏えいした場合、罰則を受けるだけではなく社会的な信用を失う恐れがあります。

 

そのため、法人向けの光回線サービスでは大切な情報を守るためにさまざまなセキュリティオプションが用意されていることも。例としては、外部からの遠隔操作を防ぐサービスや、マイナンバーを含めた情報漏えいを防ぐセキュリティ対策サービスです。

 

このようなセキュリティの高いサービスを利用すれば、安心してインターネットを使用できます。

 

サポートが充実

法人向けの光回線サービスは、サポートが充実しています。たとえば、サポート付きのパソコンレンタルや、センターによる運用サポートなどが利用可能です。

 

トラブルが起きてしまったときや、社内にインターネットやICTに関する専門担当者がいない場合、こういったサポートを受けられると安心ですよね。

 

このように、法人向けの光回線サービスでは、業務に役立つサポートを受けられます。

 

請求書があるため経費にできる

光回線の支払い方法は、法人契約と個人契約で異なる可能性があります。たとえば、法人であれば口座振替や郵便振替、銀行口座振替などが利用可能です。そのほかにも、利用明細や請求書が発行されるため、利用料を経費として計上できます

 

 

個人契約では、支払い方法がクレジットカードのみで請求書が発行されなかったり、紙による明細書の発行には手数料がかかったりする場合もあります。

 

光回線を法人契約する場合に注意するポイント

光回線を法人契約する場合の注意点は、以下の3つです。契約をおこなう前に、これらの項目について事前にチェックしておきましょう。

 

  • 契約書類をチェックする
  • 支払い方法を確認する
  • 開通までの流れを確認する

 

契約する際の必要書類をチェック

法人で光回線の契約を申し込む場合、登記簿謄本などの証明書が必要な場合があります。事業者にて登記情報が確認できればそれらが必要ないこともありますが、確認できなかった場合には先述の謄本や資格証明書・印鑑登録証明書などが求められる可能性があります。

 

光回線申し込みの前に今一度、必要書類を確認しておきましょう。

 

支払方法の確認

光回線におけるインターネット通信の利用料金には、いくつかの支払い方法があります。法人や個人事業主であれば、クレジットカードのほかビジネスカードの支払いが可能な場合もあります。その他、口座振替や請求書払いが利用可能です。

 

ただし、事業者によって利用可能な支払い方法が異なることもありますので、しっかりと確認しておくのがポイントです。

 

契約からインターネット開通までの流れを確認

光回線を契約する前に、インターネット開通までの期間や流れをチェックしておきましょう。

 

個人の場合は1週間〜3週間ほどで開通することも多いのですが、法人の場合は事業者や契約内容によって10営業日〜1ヶ月程度とその期間には差があります。

 

インターネット開通までには、申し込みから始まり、工事日の調整などの工程もありますので、スケジュールに余裕を持って契約するのがおすすめです。

 

また、契約のキャンセルがいつまで可能か(工事日まで、など)も確認しておくとよいでしょう。

 

法人の光回線はフレッツ光がおすすめの理由とは?

それでは、法人で光回線を契約するならどれを選ぶべきなのでしょうか。おすすめは「フレッツ光」です。その理由は、以下の通り安心してインターネットを使えるから。

 

こちらの項目では4つ、その理由を紹介します。

 

  • フレッツ光はNTTだから安心
  • フリーWi-Fiを導入できる
  • エリアカバー率が高い
  • 代理店からの申し込みでお得に

 

フレッツ光とは?NTTだから安心!

フレッツ光とは、NTT東日本・NTT西日本が提供する光回線です。抜群の信頼度でシェアがNo.1であることや、安定した速度で接続できるのが特徴です。

 

また、フレッツ光は法人向けのオプションが他の光回線と比べ、圧倒的に豊富で充実したオプションサービスを提供しています。ひかり電話やVPN系のサービスはもちろん、

 

「フレッツ あずけ〜るPRO」などを活用すれば、大切なデータをバックアップできます。それだけではなく、回線認証やログ管理機能などの豊富な機能が利用できて、さらに安心です。

 

フリーWi-Fiを導入可能

フレッツ光などのインターネット環境があれば、NTTの「ギガらくWi-Fi」を利用することで、フリーWi-Fiを社内に導入できます。

 

従業員がWi-Fiを利用できるだけではなく、飲食店などの店舗で来訪者にWi-Fiを提供することも可能です。従業員と来訪者で異なるアクセス権限を設定できるため、アクセスポイント装置が1台でも社内ネットワークに来訪者がアクセスしてしまうことはありません。初期費用無料、月額は2,200円から利用できます。

 

エリアカバー率が95%以上なので全国で利用可能

フレッツ光の対応エリアカバー率は、なんと95%以上。事業所が全国にある場合、地域によってインターネットが使えないとなると困ってしまいますよね。

 

その点、フレッツ光なら全国で利用できるので、「拠点によって使えない」ということがほとんどなく安心です。

 

ただし、わずかながら対応していない地域もあるため、提供エリアを確認しておくことが大切です。光回線提供エリアは、問い合わせをするか下記のサイトで検索すると確認できます。

 

住所選択|提供エリアの確認|NTT東日本フレッツ公式

 

https://flets-w.com/cart/?etc_data_kks=kantan%3D1%40

 

代理店からの申し込みで費用がお得になることも

フレッツ光は代理店からの申し込みでお得に利用できる場合があります。なぜなら、契約の際にキャンペーンを行っているからです。

 

キャンペーンの内容は、ゲーム機や生活家電のプレゼントやキャッシュバックなどです。その中でもキャッシュバックを利用すればコストを抑えられますよね。代理店ごとにキャンペーンの内容が違うことがあるので、気になる場合は要チェックです。

 

また、代理店がおこなっているのは契約の受付です。契約先自体はNTTのため、何かあった場合のサポート対応はNTTでおこなわれます。

 

契約先やサポートはNTTのうえ、お得に利用できる入り口があるならそちらを使うのが断然いいですよね。

 

フレッツ光を法人でお得に利用するなら

法人で光回線を利用するのにおすすめの、安心のフレッツ光。高品質な光回線をできるかぎりお得に利用できたら良いですよね。そこで、この項目では法人でフレッツ光をお得に利用するための情報を紹介します。

 

  • キャンペーン・キャッシュバックの利用がおすすめ
  • 最大85,000円の法人限定キャッシュバックを紹介

 

お得なキャンペーン・キャッシュバックを活用するのがおすすめ!

フレッツ光をお得に利用するためにかかせないのが、キャンペーンの活用です。先ほども説明したとおり、フレッツ光は代理店を通して契約するとキャッシュバックなどのキャンペーンの恩恵を得られます。

 

NTT公式のキャンペーンには「ギガ・スマート割引」「にねん割」がありますが、それに加えて代理店の特典が受けられることも。代理店を通さず契約した場合に比べて2年間で最大10万円コストを抑えられることもあるため、キャンペーンを見逃さないように注意です。

 

【最大85,000円】法人・SOHO・個人事業主様限定のキャッシュバック

下記のリンクから、法人・SOHO・個人事業主様限定のキャッシュバックキャンペーンがチェックできます。キャッシュバックの最大金額は、なんと85,000円。キャッシュバック金額が大きいと、受け取り条件が複雑なのでは?と思うかもしれませんが……

 

実は、フレッツ光とプロバイダという最低限の契約だけでも東日本エリア35,000円、西日本エリア45,000円のキャッシュバックが受け取れるのです。70,000円以上の高額キャッシュバックについても、不要なオプションに無理して加入する必要はありません。ひかり電話やセキュリティサポートサービス、ギガらくWi-Fi等の法人として必要な役立つオプションが条件だからです。

 

また、キャッシュバックの受け取りには時間がかかることも多いのですが、こちらからなら最短2ヶ月と業界でも最速レベルです。

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT東日本エリア
【NTT東日本エリア】フレッツ光キャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典+NTT公式割引♪とキャンペーンの併用が可能!当サイト限定の豪華特典キャンペーンには新品パソコン・人気タブレット・PS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機などおトクなキャンペーンが勢揃い!

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア

 

フレッツ光キャンペーン一覧 NTT西日本エリア
【NTT西日本エリア】フレッツ光のキャンペーン一覧。当サイトならキャッシュバックまたは豪華特典と選べるキャンペーンに加え、NTT西日本公式キャンペーンとも併用が可能!商品特典には新品パソコンや人気タブレットにPS4や任天堂スイッチなどの最新ゲーム機も!他にはない機器特典を多数ご用意♪

 

まとめ

今回は、法人で光回線を利用する際のポイントを紹介しました。

 

法人としてインターネットを利用する場合は、情報漏えいを防ぐために個人の場合よりセキュリティを強固にする必要があったり、オフィス・店舗へのフリーWi-Fiなどのインターネット関連設備を考える必要があったりします。また、契約に必要な書類や開通までの流れを確認しておくと、ネットワークの開通がスムーズにできるでしょう。

 

そして、光回線を法人契約で利用するならフレッツ光がおすすめです。なぜなら、全国で使えてセキュリティ・サポート面も安心、オフィスまわりのオプションも充実しているからですね。

 

さらに今回紹介したキャンペーンでは、公式の割引に加えて最大85,000円のキャッシュバックが受け取れます。この機会にぜひ、条件や内容を詳しく確認してみてください。

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

タイトルとURLをコピーしました