格安SIM 通話かけ放題の種類と特徴を解説

格安スマホ・SIM

「電話をよく使うので、かけ放題や電話が使いやすい格安SIMがあったら嬉しい」

「制限時間内の通話なのに、どうして料金が発生しているのかわからない」

 

こんな疑問をお持ちになったことはありませんか

 

結論ですが、通話専用「アプリ」を使わない格安SIM会社がおすすめです。

 

例えばインターネットサイトから電話番号をタッチして電話する際、「専用アプリ」が開かず、料金がかかってしまうことがあります。

 

その理由は「アプリ」を開かなければ無料通話ができないからです。

 

そこで【価格com.】より音声SIMランキング1&2位と通話「専用アプリ」を必要としない2社、合計4社を比較し、お得に使える方法をご紹介します。

 

音声通話の方法の違い

まず格安SIMにはかけ放題プランとかかげている会社が多いですが、いくつか注意点があります。

 

格安SIMかけ放題では電話するために「専用アプリ」が必要になってきます。注意点として専用アプリを使わないと”かけ放題”にならず、通話料が下がるなどの恩恵を受けることができません。

 

通常の電話(既存の電話アプリを使った電話)であれば大手キャリアと変わらない通話品質の電話ができますが、一方”かけ放題”は「プレフィックス通話」か「IP電話」という方法で電話するので、電話回線が異なり、結果として通話品質に影響がでてきます。

 

”プレフィックス通話”とは電話番号の頭に、業者ごとの決められた番号をつけると、料金の安い回線を使えるという仕組みです。

 

ただ毎回番号をつけるのが面倒くさいので、格安SIM各社がだしている「専用アプリ」を使えば自動的にその番号をつけて通話が可能になります。

 

格安SIM 通話かけ放題を紹介

それでは【価格.com】より格安SIMの音声SIMランキングから抜粋した4社を”かけ放題プラン”にフォーカスしてご紹介します。

 

なお、「nuroモバイル」「BIGLOBEモバイル」はランキング上位理由で選出。

 

「LIBMO」「OCNモバイルONE」は電話専用アプリを使わなくても通話できる”便利な”2社として選びました。上位2社と”便利な”2社は価格と使い勝手はどう変わるのか見ていきます。

 

nuroモバイル

 

 

参考:nuroモバイル公式サイト

 

ソニーネットコミュニケーションズ株式会社が提供し、3大キャリアの回線を選べる格安SIM。

 

通話には「専用アプリ」か「0037-692」が必要のプレフィックス通話です。

 

・価格表

 

音声SIM(専用アプリあり)
かけ放題サービス10分かけ放題
概要10分以内なら何度でも通話可能
月額料金/30秒国内通話料金(税込)880円/11円

 

 

・口コミや実用例

 

かけ放題プランは1つのみです。

 

「専用アプリ」以外からうっかりかけてしまい、通話料が高くなるなど意見がありました。

 

・デメリット

 

かけ放題プランが1つのみ。

 

「専用アプリ」が必要のプレフィックス通話。

 

・メリット

 

好きなキャリア回線が選べる。

月額を安く抑えることが可能。

 

BIGLOBEモバイル

 

 

参考:BIGLOBEモバイル公式サイト

 

ビッグローブ株式会社が提供するdocomo回線を利用する格安SIM。

通話には「専用アプリ」が必要のプレフィックス通話です。

 

・価格表

 

音声SIM(専用アプリあり)
かけ放題サービス3分10分通話パック60通話パック90
概要3分以内なら何度でも通話可能10分以内なら何度でも通話可能1188円分(60分分)の国内通話が可能1782円分(90分分)の国内通話が可能
月額料金/30秒国内通話料金(税込)660円/9.9円913/9.9円660円/9.9円913/9.9円

 

 

・口コミや実用例

 

日常的にはLINE電話を使用し、通話したい時にオプションなし(30秒9.9円)を使っているユーザーの口コミがありました。通常の通話料金の半額が魅力で、不自由はないです。

 

・デメリット

 

「専用アプリ」が必要のプレフィックス通話。

 

自分の一ヶ月通話時間を把握してないと、オプションが4つと多いから悩んでしまう。

 

・メリット

 

国内通話料金が30秒9.9円。使い方によって電話代を節約できる。

 

LIBMO

 

 

参考:LIBMO公式サイト

 

株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営するNTTドコモ回線を利用した格安SIMです。高品質な回線と最新のiPhoneやAndroid端末をはじめ、動作確認端末は100種類以上にもおよびます。

 

そして大きな特徴はプレフィックス通話でありながら、”専用アプリ”を使わないで電話が可能なところです。

 

 

・価格表

 

音声SIM(専用アプリなし)
かけ放題サービスかけ放題ダブル10分かけ放題通話パック30
概要10分かけ放題に加えて、国内通話料の上位3番号の通話料が0円1回あたり10分以内の国内通話が何度でも無料月間30分まで通話が可能

*30分以降は料金発生

月額料金/30秒国内通話料金(税込)1430円/11円935円/11円968円/22円

 

 

・口コミや実用例

 

下記記事より、「利用者の8割が満足・関心を持っている点は”料金体系”」にありました。

 

LIBMO BLOG格安SIMLIBMO」の満足通信速度を調査

 

 

 

・デメリット

 

利用者がまだ少ない。

通常電話の品質>プレフィックス通話。

 

・メリット

 

「専用アプリ」を使うことなくプレフィックス通話が可能。

かけ放題プランが豊富。docomo回線で取扱端末が豊富。

 

OCNモバイルONE

 

 

参考:OCNモバイルONE公式サイト

 

NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するdocomo回線を利用した格安SIMです。2期連続でdocomo回線通信品質総合No.1、総合満足度最優秀賞3冠を達成しています。

 

また「専用アプリ」を使うことなくプレフィックス通話が可能です。

 

・価格表

 

音声SIM(専用アプリなし)電話オプション
かけ放題サービス10分トップ3完全050plus
概要10分以内円月内通話料上位3番号への通話0円国内通話0円050を付けて発信するもう1つの電話番号
月額料金/30秒国内通話料金(税込)935円/11円935円/11円1430円セット割り月165円

固定:8円(3分)

携帯:16円(1分)

 

 

「050plus」は電話サービスのオプション。音声SIMともう1つ「050〜」から始まる電話が可能になる。

 

通常30秒11円よりお得に電話可能で、使い方次第ではさらに節約が可能です。

 

・口コミや実用例

 

音声SIM付きで月額がかなりお得に抑えられる点や、充実したサポートが魅力との意見が見られた。

 

・デメリット

 

「050plus」はお得だが通話品質が低い。毎月末日にプラン変更ができない。

 

・メリット

 

1GB音声付きが770円の破格値段。

「専用アプリ」を使うことなくプレフィックス通話が可能。

かけ放題オプションが安くて便利。

 

格安SIM各社の月額を比べてみました

視覚的にわかりやすいよう、4社の5GB、6GBの音声SIMと10分間無料オプションをつけた1ヶ月の合計額を比べてみました。

 

nuromobile

(音声SIM+10分かけ放題)

BIGLOBEmomileLIBMOOCNモバイルONE
5GB1870円2453円
6GB2783円2255円

 

かけ放題プランをさらにお得に使いたい

音声通話プランの各社特徴は料金体系にそこまで大きな差はありませんでした。

 

冒頭でも述べましたが、インターネットサイトから電話番号をタッチして電話する際、「専用アプリ」が開かず、料金がかかってしまうことがあります。

 

そこで「専用アプリ」を必要としない通話方法を推進します。

 

「専用アプリ」を使わない通話プランもいいけど、「価格差がないなら知名度がある格安SIMの方を選ぼうかな」という意見もあるでしょう。

 

しかしながら、OCNモバイルONEとLIBMOをお得に利用する方法があるのでご紹介します。

 

スマホと光回線をセットでさらにお得に

月々携帯料金をお得に使う方法は、光回線とセットで契約することです。

 

実際にどれくらい割り引かれるのかをまとめました。

 

LIBMO+@T COMヒカリ

 

データ通信量音声SIM

(データ+音声通話+SMS)

オプション

(かけ放題ダブル)

オプション

(10分かけ放題)

オプション

(通話パック30)

@T COMヒカリ割引額
ライト1078円2508円2013円2046円割引なし
1GB1078円2508円2013円2046円110円引
5GB1518円2948円2453円2486円110円引
20GB1991円3421円2926円2959円220円引
30GB2728円4158円3663円3639円330円引

 

 

@T COMヒカリ 月額料金

 

標準料金2年バリューパック月額料金12ヶ月割引
ファミリータイプ(一戸建て)7040円5610円4290円
マンションタイプ(集合住宅)5500円4180円3190円

 

 

*2年バリューパック:24ヶ月の自動更新を適用した場合の24ヶ月間の月額料金。

*月額料金12ヶ月パック:月額料金12ヶ月割引を適用した場合の12ヶ月間の月額料金。(新規のみ適用)

*また「ファミリータイプ(一戸建て)」は30000円、「マンションタイプ(集合住宅)」は27000円のキャッシュバックがあります。

*その他別途工事料金などはご参照ください。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ新規受付サイト
光回線(フレッツ光)とプロバイダ(@T COM(アットティーコム)がセットになった超高速の光インターネット「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」なら月額3,190円(税込)~と低価格!さらに今なら初期費用もお得。

 

 

OCNモバイルONE+OCN光

 

データ通信量音声SIM

(データ+音声通話+SMS)

オプション

(10分)

オプション

(トップ3)

オプション

(完全)

OCNモバイルONE割引額
1GB770円1705円1705円2200円220円引
3GB990円1925円1925円2420円220円引
6GB1320円2255円2255円2750円220円引
10GB1760円2695円2695円3190円220円引

 

 

OCN光 月額料金

 

標準料金2年更新プラン
ファミリータイプ(戸建て)6820円5610円
マンションタイプ(集合住宅)5170円3960円

 

*その他別途工事料金などはご参照ください。

 

OCN 光申し込みサイト 豪華加入特典を最短2週間還元!
光インターネット回線なら会員数NO.1の「OCN 光」、実質月額3,213円~(12ヵ月間)!当サイト限定、最大30,000円キャッシュバックやパソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch、WiFiルータープレゼントなど選べるキャンペーン実施中!豪華特典を最短2週間でお届け。

 

 

契約を統一して混乱を避ける

バラバラで契約するよりも統一されていた方が管理が簡単です。もし通信業社と携帯電話会社を別々で契約する場合、解約のときは各社に連絡を取らなければならないことをイメージしてみてください。

 

会社が同じであれば、変更や相談が一本ですみます。なにより月々「OCNモバイルONE+OCNヒカリ」の場合、220円割引×12=2640円も節約できるんです。

 

光回線とセットで格安SIMをもっとお得に使おう

NTTフレッツ光の光回線に@T COMヒカリとOCN光があります。またフレッツ光が提供する光回線のコラボレーションモデルではさらにプランが一つになって分かりやすくなっています。それぞれみていきましょう。

 

高速通信に定評のある@T COMヒカリと品質の良いOCNヒカリの乗り換えプランが公式より選択可能です。乗り換えることでLIBMOとOCNモバイルONEの割引、その他キャッシュバックと初月無料の恩恵も受けられます。

 

光コラボレーション

NTT西日本、東日本の提供する「フレッツ光」を他の事業者が借受け、事業者がオリジナルの料金やサービス再販する形態のサービスです。

 

したがって、今までなかったような多様なプランを選択できます。何より1つのサイトで光回線とプロバイダ、格安SIMを申込できるので、管理もしやすいです。

 

LIBMO+@T OCMヒカリ(5GB音声SIMプランを申し込んだ場合)

 

標準料金2年バリューパック月額料金12ヶ月パック例)音声SIM

(5GBプラン)

ファミリータイプ(一戸建て)7040円5610円4290円月額1518円-110円割引

=月額1408円

マンションタイプ(集合住宅)5500円4180円3190円月額1518円-110円割引

=月額1408円

 

マンションタイプ(月額料金12ヶ月パック)で5GB音声SIMプランを申し込んだ場合、月々固定費が3190円+1408円=4598円でインターネットと携帯料金を使うことが可能です。

 

OCNモバイルONE+OCNヒカリ(3GB音声SIMプランを申し込んだ場合)

 

標準料金2年更新プラン例)音声SIM

(3GBプラン)

ファミリータイプ(戸建て)6820円5610円月額990円-220円割引

=月額770円

マンションタイプ(集合住宅)5170円3960円月額990円-220円割引

=月額770円

 

マンションタイプ(2年更新プラン)で3GB音声SIMプランを申し込んだ場合、月々固定費が3960円+770円=4730円でインターネットと携帯料金を使うことが可能です。

 

まとめ

格安SIMを使ったとき、どこのかけ放題プランがお得に使えるか見てきました。月々料金にほとんど差はありません。しかしながら電話「専用アプリ」を使う必要があるプランの場合、少し注意点が必要です。

 

よくあるのが「インターネット検索をしていて、そのままお店に電話をかけてしまうこと」があるからです。せっかく節約しているのですから、無駄な出費は避けたいもの。

 

そこで電話「専用アプリ」を必要としないLIBMOとOCNモバイルONEをご紹介いたしました。よりお得に格安SIMを使う術として、「インターネット回線、プロバイダ統一もすることでさらに安く固定費を抑える」ことができます。

 

もしも携帯料金の見直しを検討しているならば、関連する通信機器と一括で見直すこともおすすめです。あなたに必要な”かけ放題プラン”はありましたでしょうか。無駄を省いて、賢く必要なモノを選択しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました