インターネット契約のキャッシュバックを比較

インターネット回線

インターネット契約は、各社それぞれキャッシュバックキャンペーンや料金プランがあり、ユーザーは混乱してどれにすればいいのか分からなくなってしまいますよね。

 

本記事では、インターネット契約のキャッシュバックを比較して、最も安くて快適なインターネット契約についてご紹介します。

 

※記載されている金額は全て税込価格です。

 

インターネット契約のキャッシュバック・料金・データ容量などを比較

インターネット契約には、モバイルWiFi、ホームルーター、そして光回線の3種類があります。

 

これらインターネット契約のキャッシュバックや月額料金といったポイントに加え、工事の有無やデータ容量の違いについても比較していきましょう。

 

キャッシュバック額と料金の比較

 

■モバイルWiFi

 

モバイルWiFiキャッシュバック額月額料金2年間利用の総額
楽天モバイル
WiFi ポケット
3,278円78,672円
クイックWiFi8,000円3,718円89,232円
– 8,000円CB
(8ヵ月目
81,232円)
どこよりもWiFi
ピタッとプラン
3,400円81,600円
GMOとくとくBB
WiMAX
27,500円2ヵ月目まで
3,969円
3ヵ月目以降
4,688円
111,074円
– 27,500円CB
(12ヵ月目
83,574円)

 

モバイルWiFiからは、楽天モバイル、クイックWiFi、どこよりもWiFi、GMOとくとくBBの4社を取り上げました。モバイルWiFiとは、無線通信によるインターネット契約です。小型のWiFiルーターを用いるため、外出先でもインターネットができるメリットがあります。

 

モバイルWiFiの月額料金は、だいたい3,000円台から4,000円台です。キャッシュバックがあるのは、この中ではクイックWiFiとGMOとくとくBBになります。2年間利用の総額は、約7.8万円~11万円です。

 

■ホームルーター

 

ホームルーターキャッシュバック額月額料金2年間利用の総額
ドコモ4.950円118,800円
ソフトバンクエアー47,000円

(最大86,000円)

5,368円

月額12カ月割引

128,832円

-47,000円CB

-14,256円(月額割引)

(実質67,576円)

UQ WiMAX

(Speed Wi-Fi HOME 5G L11)

4,818円

月額25カ月割引

115,632円

-13,200円(月額割引)

(実質102,432円)

 

ホームルーターからは、ドコモ、ソフトバンクエアー、UQ WIMAXの3社を取り上げました。ドコモのホームルーターサービスは、2021年8月下旬からの提供開始予定です。

 

ホームルーターは、モバイルWiFiと同じ無線通信によるインターネット契約になります。モバイルWiFiに比べ、ホームルーターのWiFiルーターは大型で大容量通信が可能です。そのため、モバイルWiFiのように外出先での使用には適さず、家庭やオフィスといった屋内でのインターネット利用に適しています。

 

ホームルーターの月額料金は約4,800円~5,300円程度です。この中でキャッシュバックがあるのは、ソフトバンクエアーのみになります。2年間利用の総額は、約6.7万円~11.8万円です。

 

■光回線

 

光回線キャッシュバック額月額料金2年間利用の総額
OCN光戸建て40,000円

マンション32,000円

戸建て

5,610円

マンション

3,960円

戸建て134,640円

-40,000円CB

-29,040円(月額割引)

(実質65,600円)

マンション95,040円

-32,000円CB

-29,040円(月額割引)

(実質34,000円)

ソフトバンク光36,000円戸建て

5,720円

マンション4,180円

戸建て137,280円

-36,000円CB

(実質101,280円)

マンション100,320円

-36,000円CB

(実質64,320円)

@TCOMヒカリ戸建て28,000円

マンション25,000円

月額割引をCB換算

(戸建て15,840円

マンション11,840円)

戸建て

5,610円

マンション4,180円

月額12カ月割引

戸建て134,640円

-28,000円CB

-15,840円(月額割引)

(実質90,800円)

マンション100,320円

-25,000円CB

-11,840円(月額割引)

(実質63,480円)

 

光回線からは、OCN光、ソフトバンク光、@TCOMヒカリを取り上げました。光回線は、有線接続によるインターネット契約です。厳密には、「光回線」とはNTT東日本・西日本の提供するインターネット回線を指します。「○○光」という名の業者は「光コラボ」と呼ばれており、光回線を用いて独自サービスを展開しています。

 

光回線の月額料金は戸建てで約5,600円、マンションでは約4,000円程度です。光回線は業者の数が多く競争も激しいため、各社キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

2年間利用の総額は戸建てで約13.4万円、マンションだと約10万円です。しかし、キャッシュバックと月額割引を差し引くと、実質的には戸建てで約6.5万円~10万円、マンションでは約3.4万円~6.4万円となります。

 

工事の有無とデータ容量の比較

 

■モバイルWiFi

 

モバイルWiFi工事データ容量
楽天モバイル

WiFi ポケット

なし1GB~20GB以上、

無制限(1日10GB制限)

クイックWiFiなし50GB~100GB
どこよりもWiFi

ピタッとプラン

なし100GB~200GB
GMOとくとくBB
WiMAX
なし無制限(3日間で15GB制限)

 

モバイルWiFiは申し込むとWiFiルーターが指定住所に配達され、設定するとすぐにインターネットを利用できます。そのため、モバイルWiFiは工事不要です。

 

データ容量は無制限のものもありますが、通信速度の高速なWiFiルーターだと月間のデータ容量に上限が設けられる傾向にあります。

 

■ホームルーター

 

ホームルーター工事データ容量
ドコモなし無制限
ソフトバンクエアーなし無制限
UQ WiMAX

(Speed Wi-Fi HOME 5G L11)

なし無制限

 

ホームルーターもモバイルWiFiと同様に、工事不要のインターネット契約です。ホームルーターを申し込むと指定住所にWiFiルーターが配達され、電源に繋いで設定するだけでインターネットを使えます。

 

ホームルーターはモバイルWiFiの弱点だったデータ容量を克服しており、無制限に大容量通信を行うことが可能です。

 

■光回線

 

光回線工事データ容量
OCN光有り無制限
ソフトバンク光有り無制限
@TCOMヒカリ有り無制限

 

光回線は、工事が必要なインターネット契約です。工事費はキャンペーンなどにより無料になる場合もありますが、OCN光のように最大戸建てで19,800円、マンションでは16,500円かかります。しかし、先述したように光回線はキャッシュバックが高額なため、有料であっても工事費を実質無料にすることができます。

 

また、光回線のデータ容量は無制限です。光回線は、モバイルWiFiやホームルーターのような無線通信とは異なる有線通信になります。そのため、回線が高速で安定しており、データ容量も気にせず大容量通信のインターネットを楽しむことが可能です。

 

インターネット契約のキャッシュバック比較結果

インターネット契約の中で、最もキャッシュバックが充実しているのは光回線でした。キャッシュバック額が、約3万円~4万円と高額なのも特徴的です。

 

2年間利用の総額はモバイルWiFiが約7.8万円~11万円、ホームルーターが約6.7万円~11.8万円、そして光回線は戸建てで約6.5万円~10万円、マンションでは約3.4万円~6.4万円になります。

 

光回線は高くて工事が面倒といったイメージを持たれている方にとって、これは意外な結果ではないでしょうか。2年以上の長期利用だと、インターネット契約の中で最もコストパフォーマンスに優れているのが光回線なのです。

 

ケース別の失敗しないインターネット契約の選び方とは?

インターネット契約のキャッシュバックを比較した次は、ケース別に失敗しないインターネット契約の選び方について解説します。

 

工事不要のライトユーザーならモバイルWiFiがおすすめ

工事不要のインターネット契約をお探しなら、まずモバイルWiFiが候補に挙がります。モバイルWiFiはルーターを設定すればすぐに使えるので、工事ができない一人暮らしの方や、外出先でのビジネス利用などに向いています。

 

反面、データ容量の月間制限があるので、大容量通信やご家族での利用には向いていません。モバイルWiFiは、工事不要のライトユーザー向きのインターネット契約になります。

 

特におすすめなのは、クイックWiFiです。クイックWiFiは、3大キャリアの広いエリアをカバーしたクラウドSIMなので、繋がりやすいメリットがあります。また、どこよりもWiFiもドコモSIMでおすすめです。

 

 

(出典:クイックWiFi公式サイト)

 

工事不要で大容量通信ならソフトバンクエアーが最適

 

(参考:ソフトバンクエアーお申し込みサイト)

 

工事不要で大容量通信がしたいヘビーユーザー向けのインターネット契約なら、ソフトバンクエアーが最適です。

 

ソフトバンクエアーは、専用のWiFiルーター「Air ターミナル」を置くだけの、工事のいらないホームルータータイプのインターネット契約です。

 

ソフトバンクエアーは大容量通信が可能なだけでなく、ホームルーターの中ではキャッシュバックがある点も大きなメリットになります。ソフトバンクエアーのキャッシュバック額は47,000円と高額ですが、オプションサービスへの加入により最大86,000円も可能です。大容量通信ヘビーユーザーで、工事なしのインターネット契約ならソフトバンクエアーが向いています。

 

ソフトバンクエアーキャッシュバック 最大86,000円を現金還元
当サイトよりSoftBank Air(ソフトバンクエアー)をお申し込みいただくと最大86,000円キャッシュバック!さらにソフトバンク公式の乗り換えキャンペーンや月額料金割引キャンペーンとも併用可能♪お得にソフトバンクエアーを始めるならぜひ当サイトまで!

 

快適さとコスパ重視なら光回線がおすすめ

快適さとコストパフォーマンスを最重視する方には、光回線がおすすめのインターネット契約になります。

 

光回線は安定した高速通信でインターネットが快適

モバイルWiFiやホームルーターは無線通信のインターネット契約ですが、無線通信は回線の安定度に弱点があります。無線通信やモバイル通信は、建物の壁といった障害物の影響を受けやすいため、住宅の密集している地域や、基地局から離れている地域では回線が繋がりにくくなったり遅くなるケースが出てきます。

 

こうした無線通信のデメリットは、YouTubeやNetflixなどの動画視聴やオンラインゲームといった安定した高速通信が必要なインターネット利用では問題です。

 

一方、光回線は有線通信のため回線が高速で安定しており、動画視聴やオンラインゲームを快適に行うことができる点がメリットです。さらに、光回線のルーターにWiFiルーターを接続すれば、ご家庭でスマホやタブレットを無線通信で使うこともできます。

 

帰宅後はWiFiによる無線通信でスマホを使えば、その間のデータ容量は消費されないため、スマホ代の節約にも繋がるメリットもあるのです。光回線は安定した高速通信で快適なだけでなく、様々なスタイルのインターネット利用にも対応できる豊富なバリエーションがある点も魅力です。

 

光回線と格安スマホを組み合わせれば通信費を最大限に安くできてお得

光回線は格安スマホと組み合わせることで、通信費全体を大幅に削減する効果があります。

 

例えば3大キャリアのスマホを使っている場合、月々の料金は7,000円以上になることもあるでしょう。これは、数十GBやデータ容量無制限のプランに加入しているためです。

 

先ほども触れましたが、帰宅後はスマホを光回線のWiFiで使えば、その分のデータ容量を節約できます。必要なのはSNSやLINEに使うデータ容量のため、多くても10GB以下で十分です。このように、光回線との組み合わせで小容量のプランに変更すれば、スマホ代を安くすることができます。

 

さらに、格安スマホなら3大キャリアよりも基本料金が大幅に安いです。光回線業者の中には格安スマホを提供しているものもあり、光回線とのセット利用によってスマホ代が割引になります。

 

光回線だけでもコストパフォーマンスに優れていますが、格安スマホと組み合わせることで、通信費全体を最大限に安くすることができ、とてもお得なのでおすすめです。

 

おすすめの光回線と格安スマホの組み合わせ

最後は、おすすめの光回線と格安スマホと組み合わせについてご紹介します。

 

OCN光とOCNモバイルONE

 

OCN光とOCNモバイルONEは、快適さとコストパフォーマンスが素晴らしいバランスの組み合わせです。

 

■OCNモバイルONEの月額料金

 

・1GB:770円

・3GB:990円

・6GB:1,320円

・10GB:1,600円

 

OCNモバイルONEは月額770円から利用できる格安スマホですが、OCN光とのセット利用により月額220円の割引が適用されます。そのため、1GBなら550円、10GBでもわずか1,380円とリーズナブルです。この割引は最大5契約まで可能なので、ご家族での利用にも大変おすすめです。

 

 

(出典:OCNモバイルONE公式サイト)

 

3大キャリアのスマホを無制限プランで使用すれば、月額料金は7,000円以上になってしまう可能性もあります。

 

しかしマンションにお住まいなら、OCN光とOCNモバイルONEの10GBプランを組み合わせても、月々の支払いはたった4,130円です。

 

OCN光 キャンペーン
プロバイダ「OCN」提供の光コラボレーションモデル「OCN 光」の新規加入・転用で最大40,000円のキャッシュバックキャンペーン

 

@TCOMヒカリとLIBMO

 

LIBMOは、@TCOMヒカリを運営するTOKAIコミュニケーションズの格安スマホです。

 

■LIBMOの月額料金

 

・無制限:1,078円(最大速度200kbps)

・1GB:1,078円

・5GB:1,518円

・20GB:1,991円

・30GB:2,728円

 

LIBMOは、1,078円から利用できます。20GBは1,991円、30GBでも2,728円なので、多めのデータ容量をお求めの方に最適です。

 

 

(出典:LIBMO公式サイト)

 

今なら、20GBと30GBプランはキャンペーンにより最大12,000円分のTLCポイントがキャッシュバックされるのも嬉しいポイントです。

 

LIBMOは、@TCOMヒカリと組み合わせることでさらにお得になります。セットプラン「SIM×光 セット割」は、LIBMOと@TCOMヒカリのセット利用により、インターネット料金から月額330円割引されるという内容です。

 

マンションタイプで2年間利用なら、実質総額63,480円がさらに安くなって55,560円になります。

 

@T COM(アットティーコム)ヒカリ キャンペーン
「@T COM(アットティーコム)ヒカリ」当サイト限定キャッシュバックキャンペーン

 

ソフトバンク光とY!mobile

 

ソフトバンク光なら、同じグループの格安スマホY!mobile(ワイモバイル)との組み合わせがおすすです。

 

■Y!mobile(ワイモバイル)の月額料金

 

・S/3GB:2,178円

・M/15GB:3,278円

・L/25GB:4,158円

 

Y!mobile(ワイモバイル)は、月額2,178円から利用できます。ソフトバンク光とのセット利用「おうち割 光セット」なら、ここからスマホ料金が月額1,188円永年割引になります。この割引は、家族全員に適用されてお得です。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ソフトバンク光は、特に光回線の乗り換えをご検討の方におすすです。ソフトバンク光では乗り換えキャンペーンとして、最大24,000円分の普通為替または月額1,100円割引(24カ月分)のキャッシュバックを実施中です。

 

ソフトバンク光キャンペーン
ソフトバンク光の当サイトキャンペーン。新規加入で最大48,000円キャッシュバック!ソフトバンク光の基本契約で48,000円CB、さらに公式キャンペーンで月額料金も大幅割引!

 

このように、インターネット契約をご検討中なら、快適さとコストパフォーマンスが両立した光回線と格安スマホの組み合わせがおすすです。

 

まとめ

インターネット契約のキャッシュバックを比較しました。インターネット契約には、モバイルWiFi、ホームルーター、そして光回線の3種類があります。

 

この中で、最もキャッシュバックが充実しているのは光回線です。月額料金割引も考慮すると、2年間以上の長期利用では最もコストパフォーマンスが優れています。

 

工事なしのインターネット契約をお求めの場合は、モバイルWiFiかホームルーターがおすすめです。ライトユーザーには、外出先でも使えるモバイルWiFiが向いています。大容量通信が必要なヘビーユーザーには、ホームルーターの中でもキャッシュバックがあるソフトバンクエアーがおすすめです。

 

しかし、快適さとコスパを重視するなら、光回線が最適です。光回線は有線接続なので、安定した高速通信により快適にインターネットを利用できます。さらに、格安スマホと組み合わせれば、通信費を最大限に安くできてとてもお得です。

 

最も安くて快適な組み合わせは、OCN光とOCNモバイルONEです。20GB~30GBのスマホ利用なら、@TCOMヒカリとLIBMOがいいでしょう。光回線の乗り換えをご検討なら、キャンペーンが充実したソフトバンク光とY!mobile(ワイモバイル)のセットがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました