モバイルWiFiと格安SIMの最も安い組み合わせは?

WiFi

スマートフォンの使い方は人により、それぞれ。

メールやLINE以外は殆ど使わない方もいらっしゃいますが、たっぷり使いたい人の中には、契約内容を考慮して少々我慢している方も多いです。

 

「いつも音楽が溢れる空間でいたい」・「お気に入りの映画をたっぷりみたい」・「高精度なオンラインゲームをとことんやりたい」等、自分のやりたい事を存分にするには、多くのデータを消費するため、高額なプラン契約が必要になります。

 

使いたい場所や時間を問わず、いつでも使いたいニーズには、Wi-Fiだけでは対応出来ません。

自宅だけで無く、通勤の行き帰りの時間や、お昼休みの時間にも徹底的に使い倒すのに必要なデータ量の目安は、月に100GBです。

 

自宅光回線Wi-FiやWi-Fiスポットを導入使用しない前提で、月に100GBを使うなら、最も安い金額に抑えられるのはどんな手段なのか?

 

細かい事はさておき、実際に支払う月額料金を徹底的に調べて比較します。

 

100GBで何が出来る?

 

月に100GBの容量で何が出来るのか?実際に計算してみます。

 

YouTube

動画配信サービスのウルトラメジャーYouTubeは、どれだけ見てもネタが尽きない無尽蔵とも言えるネタの宝庫です。

 

YouTubeの画像品質は色々設定で変更出来ますが、出来ればフルHDで楽しみたいですよね。

フルHDは1080pで動画1分あたりの通信量は34.2MBになります。1ヵ月30日で100GBを使うと仮定すると、1日あたりの視聴可能時間は約1時間34分になります。

 

毎日の通勤時間+お昼休みにコンスタントに視聴すると、20日程度の稼働で100GBに到達しそうです。

 

HD720pでの視聴なら、動画1分あたりの通信量は17.6MBになります。

 

100GBなら、こちらのモードでは1日あたり約3時間楽しめる事になります。自宅でも、たっぷり楽しむ習慣があれば、こちらのモードの方が現実的ですね。

 

Netflix

新作ドラマ目白押しのNetflix。画質は低・中・高の他、4Kでの視聴も出来ます。

 

4K時の動画1分あたりの通信量は、116.7MBです。

 

100GBで視聴出来る時間は14時間17分になり、1日あたりに換算すると30分弱になってしまいます。毎日ドラマを1本4K画質で見るのは少々難しいです。

 

4Kでないなら、高画質の設定でも1分あたりの通信量は50MB程度ですから、1日あたりに換算すれば100GB で毎日1時間以上が視聴可能です。

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライム会員向けの動画サイトは、バリエーションの豊富さが魅力です。これがきっかけで、レンタルビデオを利用しなくなった方も多いですよね。

 

最高画質ではNetflixの4Kに近く、1分あたりの通信量は96.7MBになります。

 

100GBで視聴出来る時間は17時間14分になり、1日あたりに換算すると30分強になってしまいます。

こちらも毎日コンスタントに最高画質での視聴は、映画やドラマを1本見るのは難しいです。

 

高画質だと1分あたりの通信量は30MBになり、1日あたり1時間47分になりますから、100GB有ればコンスタントに映画を1本、通勤時や昼休みと組み合わせて見られそうです。

 

U-NEXT

映画・ドラマ・アニメだけでなく漫画まで見られるU-NEXTは、人気のサービスです。

 

最高画質での、1分あたりの通信量は35MBです。

 

100GBで視聴出来る時間は47時間37分になり、1日あたりに換算すると1時間32分になります。

100GB有れば、通勤通学を絡めて1日1本の映画を楽しむ使い方が出来そうです。

 

Hulu

テレビで放映中の人気番組の見逃しや、連動作品も数多く配信しています。

圧巻のボリュームと合わせて、見たいモノが目白押しのサービスです。

 

最高画質の1分あたりの通信量は30MBです。

 

100GBで視聴出来る時間は55時間33分になり、1日あたりに換算すると2時間49分になります。

100GB有れば、空いた時間でHuluをドンドン楽しんでも、大丈夫な計算になりますね。

 

AppleMusic

音楽配信サービスの雄AppleMusicは、iPhoneだけでなくAndroidでもファンが多いサービスです。

 

動画配信に比べると、音楽配信は使う容量も少ないので、参考のために一つだけ計算してみます。

 

高品質の音楽データは1分あたり3.4MB程度で、1曲5分として計算すれば、1日あたりの時間は15時間48分程度になります。

 

100GB有れば、朝起きてから寝るまで、音楽漬けの生活が可能ですね。

 

携帯電話キャリアで100GB使ったらいくら?

 

現在の日本で、自社の設備と回線を持つMNOとして携帯電話サービスを運用している、キャリアと呼ばれる企業は、docomo・au・SoftBank・楽天モバイルの4社があります。

 

最も簡単なのは、スマートフォンで契約しているキャリアで100GBを使用する事です。

 

これらの金額を検討してみましょう。

 

楽天モバイルに関しては、まだまだ発展途上にあり全国的に同じ条件で使用する事が出来ません。アンテナ整備や周波数の増加が今後進んでいけば検討する余地は充分あります。

 

残念ながら楽天モバイルは、今回遡上に乗せません。

 

各キャリアの割引サービスは、光通信の契約や家族が契約する前提ですので、今回は考慮しません。光回線を使用して割引を受けるのは、今回の主旨と合わないので、自分一人で100GB使うというシンプルな設定で、月にいくら支払うかの試算です。

 

光回線と格安スマホとの安い組み合わせはこちらの記事を参考にしてください。

 

 

 

docomo

docomoの契約プランは、5Gギガホになります。

1ヵ月のデータ容量は、100GBなので、今回の主旨にピッタリです。

追加データを購入する事無く、基本的な月額料金のみで100GBが使用出来ます。(通話料は除く)

 

docomoで100GB使用 月額8,415円

 

au

auの契約プランは、データMAX5Gになります。

月額料金は9,515円とdocomoよりも少々高額になりますが、データ容量は無制限です。

100GB使用にあたって、当然追加データ購入は必要ありません。

 

auで100GB使用 月額9,515円

 

SoftBank

ソフトバンクの契約プランは、メリハリプランです。

月のデータ容量は50GBです。

100GBを使うためには、追加データを1,100円/1GBで購入する必要があります。

100GBまでは50GB足りませんから、データ追加料金として55,000円必要です。

メリハリプランは9,328円なので、トータルでは64,328円になります。

 

SoftBankで100GB使用 月額64,328円

 

 

総務省の携帯電話料金値下げ指導で出てきた、従来のプラン料金では考えられない安価なオンライン専用プランに、興味をお持ちの方も多いと思います。

 

確かに非常に安価ですが、プランの基本容量は20GBです。

 

ここまで検証してきた中であるように、データ容量を追加すると割高になるケースが多くなります。

計算してみましょう。

 

ahamo

月額2,970円で20GBの容量があり、5分間のかけ放題込みは、それまでの料金と比較して破格の安さです。2021年3月下旬から始めたサービスですが、5月12日の発表で早くも100万件の契約件数に達しています。

 

ただ、前述のように20GBのプランですので、100GBを使用するためには80GBの追加購入をしなくてはなりません。

 

追加料金は550円/1GBと、こちらも従来の価格に比べれば割安ですが、80GB分を購入すれば追加料金は44,000円になり、合計金額は46,970円になります。

 

大容量が必要な場合には、通常のdocomoプランの方が大幅に安いですね。

 

ahamoで100GB使用 月額46,970円

 

povo

5分かけ放題を基本料金とは分けてオプションとし、20GBで2,480円の金額を打ち出しています。povoの特徴はトッピングと呼ぶオプションで、その中にある1GBの追加料金はahamoと同様に550円ですが、24時間200円でデータ使い放題オプションが有ります。

 

30日間で計算するとオプション料金は6,600円になります。その場合の合計金額は9,828円になります。auも大容量の場合は、素直に通常の大容量プランに契約した方が安いですね。

 

povoで100GB使用 月額9,828円

 

LINEMO

ソフトバンクが提供する割安プランLINEMOは、従来有ったラインモバイルを一新して、別ブランドではなく、ソフトバンクの1プランとして提供を始めました。

 

やはり20GBがプランの基本なので、80GBの追加データを購入する必要があります。

追加料金は550円/1GBで、80GB分を購入すれば追加料金は44,000円になり、合計金額は47,278円になります。やはり大容量の使い方には向いていません。

 

LINEMOで100GB使用 月額47,278円

 

結論:キャリアで100GB最も安いのは、docomo

 

docomoで100GB使用 月額8,415円

 

格安SIMで100GB使ったらいくら?

 

格安SIMは、自社でアンテナ・回線設備を維持することなく、回線の一部を借り受ける事で、キャリアよりも安く提供するサービスで、MVNOと呼ばれます。

 

実際に安い価格で提供していましたが、設備と回線を持つMNO各社が国の指導で安いプランを出してきたため、同じ20GBの容量では価格の逆転現象も起こり、存在意義が無くなるため、その動きが注目されていました。

 

MVNOの団体が国へ回線使用料の引き下げを陳情し、認められる事で2021年の4月から料金の見直しが進んでいます。

 

方向としては、大容量はMNOで小容量をMVNOという図式が鮮明になってきている事から、100GBの利用では厳しい結果になる事が予想されます。

 

Y!mobileとUQモバイルは、MNO回線をそのまま使っているため、正確にはMVNOではありません。現在ではキャリアのプランの一つになっていますが、今回は格安SIMの括りに入れて計算します。

 

OCNモバイルONE

 

最小プラン1GB 770円 最大プラン10GB 1,760円

 

100GB使用時の月額料金は、51,260円になります。

 

LIBMO

 

最小プラン1GB 980円 最大プラン30GB 2,728円

 

100GB使用時の月額料金は、25,828円になります。

 

Y!mobile

 

最小プラン3GB 2,178円 最大プラン25GB 4,158円

 

100GB使用時の月額料金は、84,678円になります。

 

UQモバイル

 

最小プラン3GB 1,628円 最大プラン10GB 2,980円

 

100GB使用時の月額料金は、100,628円になります。

 

IIJmio

 

最小プラン2GB 858円 最大プラン20GB 2,068円

 

100GB使用時の月額料金は、19,668円になります。

 

nuroモバイル

 

最小プラン3GB 792円 最大プラン8GB 1,485円

 

100GB使用時の月額料金は、52,085円になります。

 

イオンモバイル

最小プラン1GB 1,078円 最大プラン50GB 6,578円

 

100GB使用時の月額料金は、32,978円になります。

 

b-mobile

 

最小プラン1GB 980円 最大プラン20GB 5,269円

 

20GBが最大で、100GBの利用は出来ません。

 

格安SIMで100GB最も安いのは、IIJmio

 

IIJmioで100GB使用 月額19,668円

 

格安SIMで最も安いIIJmioでも100GBの利用は、docomoより大幅に高くなります。

 

小さい容量では各社魅力的な価格を打ち出していますが、やはり大容量では大手のキャリアに分があります。

 

格安SIM音声通話可能プランで最も安いのは?

ここで、考え方を変えてみます。

 

スマートフォンには通話機能は必須と考えて、音声通話が出来る安い格安SIMで維持しながら、データ通信は格安SIMの使用をせずに、モバイルWi-Fi導入で100GBを使う事にすれば、キャリアよりも安い支払額で使えるのではないか?

 

そのように考えれば、格安SIMで大切なのは100GB使用時の金額では無く、音声通話の出来る最小プランが安い事に注目します。

 

音声プランで最も安いのは、OCNモバイルONEの1GB770円です。

 

この格安SIMを使って、音声通話とモバイルWi-Fiの予備として1GB確保できれば、後は気になるのはモバイルWi-Fiの100GB使用時の価格です。

 

音声通話可能で最低料金1GB OCNモバイルONE 月額770円

 

モバイルWi-Fiで100GB使ったらいくら?

 

モバイルWi-Fiは、持ち運びが出来る自分だけのWi-Fi基地局です。ポケットWi-FiはSoftBankの登録商標ですが、ホチキスやバンドエイド等と同様に、総称として呼ぶ方も多いですね。

 

鞄に入れておけば、自分の移動する場所においてスマホで契約している通信容量を使用せずに、インターネットが楽しめます。

 

スマートフォンだけで無く、画面の大きいタブレットやパソコンを使用する事も出来ますので、動画を楽しむのに最適です。

 

外出時だけでなく、当然自宅でも使用出来ます。

 

モバイルWi-Fiで、100GB使う場合の月額使用料を調べて比較します。

 

どこよりもWiFi

 

 

参考:どこよりもWiFi公式サイト

 

どこよりもWiFiは、docomo4G回線を使用するモバイルWi-Fiです。

 

ドコモの回線が全国をカバーしているのは、大きなメリットです。

しかし、よく言われるカバー率というのは、あくまで人口カバー率です。

日本全土の99%以上をカバーしている訳ではありません。

 

つい先日行った、それなりに有名な観光地は、同伴者が持っていたスマホのdocomo回線では電波を全く拾わず、au回線はしっかりアンテナが立っている事をリアルに体験しました。

docomo回線とは言え、やっぱり不得手なエリアが有る事も事実です。

 

また、実際に「どこよりもWiFi」で使っている周波数は具体的な記述がありませんが、通常のスマホで使うものと全く同一とは考えられず、docomoのスマホが使えるなら、何処でも使えるとは限りません。

 

どこよりもWiFiで100GBを2年契約で使用すると、月額の支払いは3,400円になります。

 

ASAHIネット WiMAX

 

 

参考:ASAHIネット WiMAX公式サイト

 

WiMAXは、モバイルWi-Fiの一大ブランドで知名度も高く、販売元(プロバイダ)が多くあります。WiMAXの回線自体は同じで、どこも同じ電波を使用しています。

 

WiMAXの一例として朝日ネットを挙げます。

 

ASAHIネットはプロバイダとしての歴史も古く、東証一部上場の朝日ネットが運営しています。信用面が抜群で、高い人気があります。

 

WiMAXは通常のスマホで使われる回線とは異なり、通信速度が速いメリットがあります。

しかし、周波数を考えれば、障害物に弱く奥まった場所では届きにくい特性があります。

カバーしているエリアも通常のスマホ回線とは異なり、地下や山間部、地方では繋がらないケースも多くあります。

 

また、WiMAXには、3日間で10GBの制限があります。

制限を超えた場合には、1Mbps以下に速度制限が掛かります。

具体的な制限イメージの把握として、YouTubeのフルHDで計算すると、10GBは約7時間の視聴で到達します。

3日間で約7時間ですから、1日あたりにすると約2時間強になります。あり得る使い方ですね。

 

ASAHIネット WiMAXで100GBを使用すると、月額の支払いは3,850円になります。

 

クイックWiFi

 

 

参考:クイックWiFi公式サイト

 

クイックWiFiは、3キャリアに対応するクラウドSIM型のモバイルWi-Fiです。

 

クラウドSIMは、Wi-Fi機器の中に物理的なSIMを有していません。

クラウド上にあるdocomo・au・SoftBankのSIMを、使う場所によって最適な電波をキャッチするシステムです。

 

docomoが駄目でもau、auが駄目でもSoftBankの様に、その場で1番強い電波の回線に自動接続する事で、対応エリアが広がり多くの場所で繋がりやすくなっています。

 

電波の繋がりやすさは、必然的に

 

3大キャリアクラウド>特定のキャリア回線>WiMAX

 

になります。

 

モバイルWi-Fiに多く有る、3日間で10GBの通信制限等も「クイックWiFi」にはありません。100GBなら100GBを、1ヵ月の間に自由に使う事が出来ます。

 

大きな容量を使うユーザーにとっては、これは大きなメリットですね。

 

クイックWiFiで100GBを使う月額料金は、3,718円になります。

 

現在2年契約で8,000円のキャッシュバックをしていますから、単純計算すれば月額料金は3,385円になります。

 

クイックWiFiで100GBを使用すると、月額の支払いは3,385円になります。

 

モバイルWi-Fiと格安SIMで最も安いのは、クイックWiFiとOCNモバイルONE

モバイルWi-Fiを比較した時に、最も電波が全国どこでも拾いやすく、通信制限が無い上に、月額料金もクイックWiFiが最も安くなりました。

 

月に100GBを使う、モバイルWiFiと格安スマホの最も安い組み合わせは、OCNモバイルONEクイックWiFi

 

以上の結果から、月に100GBを自由に存分に使って、最も安いのはOCNモバイルONEのSIMをスマホに入れて、データ通信はモバイルWi-FiでクイックWiFiを使用する事が解りました。

 

OCNモバイルONE 770円 + クイックWiFi 3,385円 =4,155円

 

100GB(正確にはOCNの分が1GB有るので101GBですね)で4,155円という金額は、格安SIM単独で使う場合はもちろん、大容量にメリットが出る大手キャリアの最安値と比較しても半額以下になります。

 

【公式】クイックWiFi | クラウドSIM対応のモバイルWiFiがずーっと50GB月額2,948円!
最安値級のモバイルWiFi「クイックWiFi」ならずーっと50GB月額2,948円~!途中で料金があがる心配なし!【docomo・au・SoftBankの回線に対応】最適な回線に自動接続で繋がりやすいクラウドSIM。しかも最短即日発送!手軽にWi-Fi生活を始めるならお得な「クイックWiFi」で!

 

モバイルWi-Fiは、スマホで使うだけで無く、タブレット・パソコン・ゲーム機にも使用出来て、時間も場所も問わないネットの楽しみ方が広がりそうです。

 

月に100GBという事実上の使い放題を、月額5,000円を大きく下回る価格で楽しんでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました