マンション住まいの方におすすめの光回線は?

インターネット回線

インターネット回線を契約する場合、利用できるサービスや料金プランは住んでいる建物が「戸建て」かマンションなどの「集合住宅」かによって異なります。

 

そのため、お得に利用するならもちろん自分にあったインターネット回線を選ぶのがポイントですが、インターネット回線も今は種類が増えてきているので「結局どこがいいの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そこで当コラムでは、マンションのインターネット回線の選び方とおすすめの光回線について解説していきます。通信速度や料金面などから自分にあった最適なインターネット回線を見つけたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マンションでインターネットを利用するには?

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人は光回線やケーブルTVなどの「固定回線」のインターネットを契約するか、持ち運びもできる「モバイルWi-Fi」や据え置き型の「ホームルーター」などのインターネット回線を契約するかの方法があります。

 

モバイルWi-Fiは契約後にモバイルWiFルーターという機器が到着すれば、すぐにインターネットに接続できるので開通工事などが煩わしいという人には便利ですが、100GBなどのデータ通信容量に制限があるタイプがほとんどです。

 

 

また、通信容量無制限でとにかく工事不要でWiFiが使いたいという方は据え置き型WiFiのソフトバンクエアーという選択肢もありますが、高層階に住まいの方は電波が届きにくいこともあり、通信速度に期待は持てません。

 

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!

 

もちろんデータ通信容量がそれほど必要ない、通信速度もそれほど必要ないという人にとってはモバイルWiFiでも十分ですが、下記のように

 

  • 自宅で動画サービスを利用して映画やドラマを存分に楽しみたい
  • オンラインゲームで遊びたい
  • 家族みんながWi-Fiを使う
  • Wi-Fi接続したい機器が複数ある

 

というような人は大容量のデータ通信容量が必要ですので、通信容量無制限で高速のインターネット回線である「光回線 」が一番おすすめです!

 

光回線とは?

光ファイバーというケーブルを利用した固定回線型のインターネット回線。

 

「光回線」は通信速度が最大1Gbpsとインターネット回線の中でも、速くて安定しているのが特長で通信制限がないため、通信量を気にすることなく快適にインターネットを利用することができるのもメリットです。

 

光回線の種類

また光回線は大きくわけて3つのタイプがあります。

 

  • NTT東日本/西日本が提供する光回線
    フレッツ光
  • フレッツ光の回線を借り受けプロバイダとセットで提供している光回線
    光コラボレーション
  • 独自の回線サービスを提供している
    独自の光回線

 

3つのタイプの「光回線」の違い

フレッツ光光コラボ独自の光回線
プロバイダ別契約セットセット
スマホとのセット割引なしありあり
工事費キャンペーンなしありあり
キャッシュバックキャンペーンなし
(法人契約の場合:あり)
ありあり

 

「フレッツ光」はプロバイダが別契約のため、プロバイダのみを乗り換えることも可能!

 

フレッツ光お申し込みサイト | BBN
NTTフレッツ光、光コラボのお得なキャンペーンお申し込みサイト。新品パソコン、タブレット、テレビ、PS4のプレゼントやキャッシュバックなど、公式割引&限定特典で最大9万円以上もおトクです。フレッツ光のお申し込みはブロードバンドナビへ

 

そのため、プロバイダにこだわりたい人にはおすすめですが、「フレッツ光」はスマホとのセット割引や個人契約向けのキャンペーンなどは実施していないので、お得さを求めるなら「光コラボ」や「独自の光回線」がおすすめです。

 

「光コラボ」は「フレッツ光」の卸提供サービスのため、通信速度や提供エリアはフレッツ光と同じ!つまり高品質なのが魅力です。

 

また「独自の光回線」はサービス提供エリアが限定されていますが「フレッツ光」よりも通信速度が速いプランを提供しているところもあります。

 

マンションにおすすめの光回線を選ぶポイントは?

最適な光回線を選ぶポイント!

  • 月額料金の安さで光回線を選ぶ
  • スマホのキャリアにあわせて光回線を選ぶ
  • 通信速度の速さで光回線を選ぶ

 

光回線の料金はもちろん提供する事業者によってさまざまなため、毎月の料金を少しでも安くしたい人は月額料金の安い光回線を契約するのがおすすめですが・・・

 

先ほど説明したように「光コラボ」や「独自の光回線」なら、スマホとセットで利用するとスマホの料金が毎月割引されるセット割引を活用することもできるため、家族みんなが同じキャリアのスマホを利用しているなら

 

スマホのキャリアにあわせて光回線を選ぶのがおすすめです。

 

スマホとのセット割引ができる光回線

スマホ光回線
ドコモドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光
NURO 光
auauひかり
ビッグローブ光
@nifty光
So-net光プラス
@TCOMヒカリ
など
格安SIM・格安スマホOCN光
ビッグローブ光
ソフトバンク光
@nifty光
@TCOMヒカリ
など

 

auスマホを利用中の人は、セット割引(auスマートバリュー)が適用できる光回線が多いため、どこにするか迷ったら、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね!

 

 

 

格安スマホと光回線で安くなる組み合わせはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

 

【光回線】マンションの料金比較!

月額料金工事費
ドコモ光
(光コラボ)
4,400円(タイプA)
4,620円(タイプB)
最大16,500円
OCN光
(光コラボ)
3,960円最大16,500円
ぷらら光
(光コラボ)
3,960円最大16,500円
@TCOMヒカリ
(光コラボ)
3,190円(12ヵ月割引)
4,180円(13ヵ月目以降)
最大16,500円
⇒ 実質無料
@nifty光
(光コラボ)
3,828円(41ヵ月割引)
4,378円(42ヵ月目以降)
最大16,500円
ソフトバンク光
(光コラボ)
4,180円最大26,400円
⇒ 実質無料
(乗り換えの場合)
ビッグローブ光
(光コラボ)
4,378円最大16,500円
⇒ 実質無料
So-net光プラス
(光コラボ)
4,928円最大26,400円
NURO 光
(独自の光回線)
5,200円
(G2Tプラン)
最大44,000円
実質無料
auひかり
(独自の光回線)
4,180円(V16)
5,500円(マンションミニギガ)
最大33,000円
⇒ 実質無料
フレッツ光東日本:3,355円~
西日本:3,135円~
(+別途プロバイダ料金)
最大16,500円

おすすめの光回線は@TCOMヒカリ、OCN光、ぷらら光

今回料金比較した光回線11社の中で最安値だった「@TCOM(アットティーコム)ヒカリ」は、今なら月額料金が割引されるキャンペーンが適用されるため、プロバイダ料金が込みでマンションなら月額3,190円~!と、とてもお得に始めることができるので料金重視の人にはおすすめです。

 

最大39,000円キャッシュバック実施中!

 

@T COMヒカリ(アットティーコム)キャンペーン
@T COM(アットティーコム)ヒカリのお得なキャンペーン情報をご案内。今なら最大19,800円の新規工事費や契約事務手数料がキャンペーンの適用で実質無料になるため、お得に光インターネットを始めたい方はお見逃しなく!

 

また、キャンペーンの割引料金だけでなく基本料金が安い光回線を選ぶなら、「OCN光」や「ぷらら光」もおすすめできます。月額基本料金が3,960円となっているので、長期で利用する方は長い目で見ると一番安くなる光回線です。

 

OCN 光 キャンペーン一覧 最大30,000円の豪華特典
OCN 光の新規申し込みで新品パソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) などのゲーム機、液晶テレビなどの豪華特典プレゼント・割引または最大30,000円のキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施中!もちろんOCN公式キャンペーンも併用可能◎

 

ぷらら光 お申し込みサイト
NTTぷららが提供する低価格、高品質の光回線インターネット「ぷらら光」なら、事務手数料が無料&月額3,960円~さらに当サイト限定キャッシュバック実施中!

 

その他にも光コラボ比較サイトでは実質料金を建物タイプごとに簡単に比較できるので参考にしてみてくださいね。

 

光コラボレーション比較 人気コラボの実質料金がはっきりわかる!
光コラボレーションを徹底比較!2021年版。光コラボ各社のサービス内容や1年間/2年間/5年間の実質費用や月額料金、キャンペーン、スマホセットなどの料金を総合的に比較。当サイト限定の新規及び転用の光コラボキャンペーンも実施中!

 

光回線は通信速度が速いのがメリットですがマンションの場合、光回線は電柱から共有スペースに回線を引き込み、共有スペースから各お部屋に配線されるため、配線方式によって通信速度が異なります。

 

光回線の配線方式

  • 光回線を利用した「光配線方式」なら最大1Gbps
  • 電話線を利用した「VDSL方式」なら最大100Mbps
  • LANケーブルを利用した「LAN配線方式」なら最大100Mbps

 

マンションの配線方式は建物の設備によって決まるため、自分で配線方式を選択することはできません。

 

そのため「オンラインゲームをするために光回線に契約しようと思ったけど、エリア判定するとVDSL方式だったので、快適にゲームが楽しめないのでは?」と不安な人や通信速度にこだわりたい人は!

 

独自の光回線「NURO光」がおすすめです。「NURO光」は戸建て同様マンションも最大2Gbpsと高速通信でインターネットを利用することが可能!

 

そのため、通信速度を重視する人には最適の光回線ですが「NURO光」の提供エリアは限られているため、速度重視の人はまずは公式サイトにて住んでいるエリアが対応しているのかを確認しておきましょう。

 

【NURO光の提供エリア】
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
中国(岡山、広島)
九州(福岡、佐賀)
北海道

 

 

(出典:NURO光公式サイト

 

インターネットをよく利用する人は、このように自分の条件にあった光回線を契約するのがおすすめですが、マンションに住んでいる一人暮らしの人は、契約更新などを機に今後引っ越す可能性もありますよね?

 

そのため、工事が必要な光回線を契約するか悩んでいるなら、こちらの記事も要チェック!

 

 

 

光回線を提供している事業者によっては、引越し先での工事費(移転工事費)が無料になるキャンペーンを実施している場合もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

また快適にインターネットを利用するため、光回線を契約しようと思っていたけど「光回線の提供エリア外だった!」、「建物の都合上工事ができない!」という人はこちらをチェック!

 

 

 

工事不要の「モバイルWi-Fi」や「ホームルーター」は3日間で10GBなど指定のデータ量を超えると、通信速度が低下するといった通信制限を設けているものが多いですが、ホームルーターの「ソフトバンクエアー」ならデータ容量無制限で使い放題!

 

そのため、光回線が提供エリア外だった人や工事ができない人は「ソフトバンクエアー」を検討してみるのもおすすめです。

 

まとめ

マンションに住んでいる人におすすめの光回線の選び方について解説してきましたがいかがでしたか?

 

マンションの光回線の選び方のおさらい

 

  • 料金の安さで選ぶなら「@TCOMヒカリ」「OCN光」「ぷらら光」
  • スマホとセットでお得にするならスマホのキャリアにあわせて光回線を選ぶ
  • 通信速度の速さで選ぶなら「NURO光」

 

今回ご紹介したように、光回線はそれぞれ特長が異なるため、マンションに住んでいる人で「料金の安い光回線を契約するならどこがいいの?」、「通信速度の速い光回線を契約するならどこがいいの?」と光回線選びに悩んでいる人は、ぜひこれらを参考に自分にあった光回線を探してみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました