【旅をしながら働く】ワーケーションにおすすめのモバイルWi-Fiをご紹介

WiFi

近年、各企業で導入されているリモートワークは、私たちをある物から解放しました。そのある物とは「場所」です。かつての働き方は、「会社」というある種のハブに人・モノ・カネを集めていました。

 

しかしリモートワークとなったために、ハブが必要なくなりました。つまり、私たちはどこでも働くことが可能になったのです。このような状況下で、新しい労働のスタイルが生まれました。それは今回取り上げるワーケーションです。

 

ワーケーションを簡単に説明すると、旅行しながら仕事をすることです。旅行というキーワードを聞くと、誰もがやってみたいと思ったことでしょう。しかし、以下のような悩みで躊躇していませんか。

 

「旅先で仕事なんて、なんかオシャレ。でもネットワークが・・・」

「意外とテレビ会議も多い仕事なんだよな。それに耐えうるネットワークが用意できればな・・・」

 

そこで今回は旅先でもバリバリ働くために、最適なモバイルWi-Fiをご紹介します。今後、労働のスタイルは益々多様化していくことでしょう。ワーケーションも新しい労働のスタイルとして注目されています。今回の記事を参考にして、チャレンジしていただければと思います。

 

ワーケーションとは?

ワーケーションにオススメのモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)をご紹介する前に、まずこの章ではワーケーションとは何かを簡単に解説いたします。

 

ワーケーションは文字どおり、働く(ワーク)と休暇(バケーション)が組み合わせた言葉になります。旅先であるリゾート地や避暑地で働きながら、休暇を取る制度のことです。ワーケーションの一例をご紹介します。

 

Ex:3日ある夏休みを利用し、家族との旅行先でワーケーションを実施

 

1日目 月曜日:夏季休暇を利用し、この日は旅行先まで車で移動。移動がメイン日

2日目 火曜日:夏季休暇2日目を利用し、この日は家族で登山

3日目 水曜日:この日は勤務。たまっているメールの処理や対応を中心にこなす

4日目 木曜日:この日も勤務。社内での調整のため、会議を中心にこなす

5日目 金曜日:夏季休暇3日目を利用し、この日は家族でBBQ

6日目 土曜日:家族で沢登りとラフティングを楽しむ

7日目 日曜日:帰りにお土産をたくさん買い、帰宅

 

ワーケーション自体は数年前から実施している企業があり、ある日突然現れた言葉ではありません。当時は一部の人以外には夢物語に近い存在でしたが、今では現実的な選択肢になりつつあります。

 

どこでワーケーションをしているのか?

前章ではワーケーションとは何かを簡単に説明しました、この章ではどこで盛んにワーケーションが行われているのかをご紹介いたします。

 

都会の喧騒から離れた地域でのワーケーションに人気があるようです。例えば、以下のような地域です。

 

沖縄県:沖縄と言えば、暖かい気候と海ですよね。

 

まさにバケーションにピッタリの地域なので、ワーケーションに人気があります。

 

長野県:四方を豊かな自然に囲まれているのが長野県の特徴です。

 

きれいな水と満点の星空は、都会の密集した空気感から私たちを解放します。東京からアクセスが良いのも大きな特徴です。

 

北海道:北海道と言えば、自然豊かな土地と美味しい食べ物です。

 

北国特有の清涼な空気感は、真夏の都会から逃げ出す先としては抜群の存在です。

 

ワーケーションの生産性ってどうなの?

ここまではワーケーションの基本的な情報をご紹介しました。この章ではワーケーションの効率性・生産性について解説いたします。ワーケーションは今までにない労働スタイルのため、疑問視する方もいることでしょう。特に企業の上層部や管理部門の方であれば、なおのことその生産性を知りたいはずです。

 

結論から先に言いますと、ワーケーションは従業員の生産性と心身の健康向上に効果があります。

 

株式会社NTTデータ経営研究所が2020年6月下旬に、男女20名前後のグループを対象に調査を行いました。その結果、以下のことが判明しました。

 

・ワーケーション中は仕事のパフォーマンスが20.7%上昇し、終了後も5日間効果が継続する

・ワーケーションは仕事のストレスを37.3%低減させ、期間後も5日間持続する

・ワーケーション中は活動量の増加し、歩数が2倍になる

・ワーケーションを通して、情動的な組織へのコミットメントが12.6%向上する

 

調査結果からワーケーションでは仕事の生産性のみならず、様々な効果があることが分かりました。ストレス低減や活動量の増加、組織へ関わろうとする気持ちが向上するなど、ワーケーションは素晴らしい効果があります。もちろんワーケーションが必ずポジティブに働くとは限りません。しかしこの結果から頭ごなしに、否定できるスタイルでもないことが分かります。

 

ワーケーションに必要な通信速度って?

ワーケーションの基本知識や効果をご理解いただいたところで、この章ではワーケーションの必要な通信速度をご紹介いたします。そもそもワーケーションに必要な通信速度が分かっていなければ、適切なWi-Fiを契約することはできません。

 

一般的なテレワークであれば、10Mbps~20Mbpsの通信速度で十分と言われています。ワーケーションとテレワークに違いはないので、この数値で問題はないでしょう。

 

ワーケーションには最低でも10 Mbps~20Mbpsの通信速度が出るWi-Fiを持っていきましょう。オススメのモバイルWi-Fiはこの後の第5章でご紹介いたします。

 

旅先でもバリバリ働くためにオススメのモバイルWi-Fiをご紹介

前章ではワーケーションに必要な通信速度をご紹介しました。最後にこの章では、ワーケーションでバリバリ働くためにオススメのモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)をご紹介します。

 

クイックWi-Fi

まず初めにご紹介するモバイルWi-Fiは「クイック WiFi」です。クイックWiFiをオススメする理由は3つあります。

 

【公式】クイックWiFi | クラウドSIM対応のモバイルWiFiがずーっと50GB月額2,948円!
最安値級のモバイルWiFi「クイックWiFi」ならずーっと50GB月額2,948円~!途中で料金があがる心配なし!【docomo・au・SoftBankの回線に対応】最適な回線に自動接続で繋がりやすいクラウドSIM。しかも最短即日発送!手軽にWi-Fi生活を始めるならお得な「クイックWiFi」で!

 

まず1つ目は広大なエリアをカバーしている点です。クイックWi-Fiはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しているため、日本全国で利用可能です。特に全国に電波網を持つドコモ回線に対応している点が大変心強い部分です。

 

せっかく旅先に来たのに、Wi-Fiが使えないようではワーケーションも出来ません。そんな心配はクイックWi-Fiなら無用です。

 

また通信速度は最大で150Mbpsのため、ワーケーションにも十分に対応しています。

 

2つ目はデータ制限がかかりにくい点です。クイックWi-Fiなら、月間100GBを自由に使うことができます。100GBといきなり言われてもイメージが湧きにくいと思います。以下のデータを参考にしていただけると、イメージが湧くのではないでしょうか。

 

コンテンツ視聴時間・通話時間
Zoom約166時間
YouTube(標準画質)約410時間
ネットフリックス(SD画質)約330時間
TVer(低画質)約500時間

 

モバイルWi-Fiの多くは3日間10GBの制限が存在します。電話会議が続く週などでは、すぐに上限に達してしまい、不便な思いをします。その点、クイックWi-Fiは月で100GBのため、ある程度コントロールが可能です。中長期のワーケーションにもストレスなく、データ通信を行えます。

 

3つ目がお得な料金です。2つの料金プランが存在しており、それぞれお得な料金でモバイルWi-Fiが利用できます。

 

1つ目の料金プランは「U3」と呼ばれるプランです。Wi-Fi接続に特化したプランになっており、モバイルWi-Fiを使いたいというシンプルなニーズに対応しています。

 

2つ目は「G4Max」と呼ばれる料金プランです。多機能なモバイルWi-Fiとなっており、スマホの充電も行えます。

 

以下にU3とG4Maxの料金表をまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

U3G4Max
月額料金3,718円4,158円
事務手数料3,300円3,300円

 

※掲載しているプランは2年自動更新型割引適用24ヶ月の料金です。

 

MUGEN Wi-Fi

次に紹介するモバイルWi-Fiは「MUGEN Wi-Fi」です。MUGEN Wi-Fiをオススメする理由は3つあります。

 

 

まず1つ目は広大なエリアをカバーしている点です。こちらは先ほどご紹介したクイックWi-Fiと同様に3大キャリアの回線に対応しているため、日本全国で利用可能です。肝心の通信速度ですが、最大で150Mbpsとなっています。ワーケーションにも十分に対応しています。

 

2つ目は最新端末への無償交換が可能な点です。MUGEN Wi-Fiでは2年契約の終了後に最新端末へ交換ができます。より速く・より電源の持ちが良い端末が常にリリースされ続けています。MUGEN Wi-Fiでは、そんな最新機種への無償交換が2年ごとに可能です。

 

3つ目が業界最安級の料金です。2つの料金プランが存在しており、それぞれのプランで利用できる端末が異なります。

 

1つ目の料金プランは「U3」という端末を利用するプランです。Wi-Fiへの同時接続台数が10台となっており、たくさんの機材をWi-Fiに接続したい方にオススメです。

 

2つ目は「G4」と端末を利用する料金プランです。翻訳機能とスマホの充電器機能を兼ね備えたハイスペックな端末が利用可能となります。

 

以下にU3とG4の料金表をまとめました。ぜひ参考にしてください。

U3(格安プラン)G4(アドバンスプラン)
月額料金3,718円4,268円
事務手数料-円-円

※掲載しているプランは2年契約24ヶ月の料金です。

 

※事務手数料は別途かかる見込みですが、公式HPには記載が見当たりませんでした。契約時にはご注意ください。

 

ソフトバンクエアー

最後に紹介するのが「ソフトバンクエアー」です。ソフトバンクエアーは据え置き型Wi-Fiとなるため、厳密にはモバイルWi-Fiではありません。小さめのバックに入る大きさなので、ワーケーションに持っていくことは十分に可能ですが、ソフトバンクエアーは利用先住所で契約する必要があり、契約先住所でのみの利用が原則となっているので、短期~長期滞在の方向けとなります。

 

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!

 

ソフトバンクエアーをオススメする理由は2つあります。

 

まず1つ目はデータ制限がない点です。ソフトバンクエアーではどんなにデータを使用しても、データ制限がありません。自宅でのリモートワークやプライベートでソフトバンクエアーを使っている場合でも安心です。データ制限を気にする必要がないので、そのままワーケーションに持っていくことができます。大なり小なりデータ容量が存在するモバイルWi-Fiにはない強みです。また通信速度は最大で962Mbpsと高速です。

 

2つ目はキャンペーンや連動割引が料金です。ソフトバンクエアーでは36ヶ月の利用をすることで、端末代金がなんと無料になります。またソフトバンクのスマートフォンを利用しているユーザは連動した割引を受けることができ、スマートフォンの月額料金が安くなります。ソフトバンクユーザーであるなら、ソフトバンクエアーの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

 

事務手数料3,300円
月額料金5,368円
ソフトバンクエアー スタート割プラス-1,188円
端末代金1,650円×36ヶ月

※36ヶ月契約の場合、無料

 

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大35,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は旅先でもバリバリ働くために最適なモバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)をご紹介しました。

 

改めて内容を振り返っていきましょう。

 

まず第一章ではワーケーションとは何かをご紹介しました。ワーケーションとは働くを表すワークと休暇を表すバケーションが組み合わさった言葉になります。旅先であるリゾート地や避暑地で働きながら、休暇を取る制度です。

 

次に第二章ではどこでワーケーションが盛んなのかを紹介しました。沖縄や長野、北海道など自然が豊かで、都会の喧騒から離れることができる土地が人気です。

 

第三章ではワーケーションの効果をご紹介しました。一見すると生産性が下がりそうなワーケーションですが、実際には生産性や健康、企業に対するコミットメントが向上することが分かりました。

 

第四章ではワーケーションに必要な通信速度について確認しました。ワーケーションに必要な通信速度はおよそ10Mbps~20Mbpsになっています。決して高い数値ではないので、下手な契約をしない限りは概ね満たすことができる基準です。

 

最後に第五章ではワーケーションにオススメのモバイルWi-Fiを3つご紹介しました。

 

クイックWiFi

MUGEN Wi-Fi

ソフトバンクエアー

 

リモートワークが許容されている現代では、働く場所も選ぶことができます。多様化する労働のスタイルにおいて、効果の高いワーケーションには多くの方が興味を示されていることでしょう。今回の記事を参考にしていただき、ワーケーションが可能あれば、ぜひとも取り組んでいただきたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました